メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 大倉様_ザグランリゾートエレガンテ_04
カテゴリ(旅・自然・歴史・風土)の投稿一覧

小さな一人旅1-2(熊野点描)

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2019.1.14 20:55
今回の小さな一人旅は熊野市近辺に拘ったもので、前回は「波田須への道」を紹介させていただきました「波田須」を終えた後、同市に点在する魅力的なスポットを訪ねてみましたので、今日は少し紹介してみたいと思いま...
17人がいいねと言っています コメント4件を見る

小さな一人旅1-1(波田須への道・・・熊野)

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2019.1.7 19:08
新年早々ですが、休みを活用し、熊野古道の伊勢ルートを少し歩いて、秘境駅の一つと言われる紀勢本線の波田須駅を目指してみる事としましたスタート地点を新鹿(あたしか)駅とし、駅前に車を置いて歩きます伊勢から...
32人がいいねと言っています コメント17件を見る

そうだ一休寺、行こう!

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.11.25 12:39
さほど遠くない所にそのお寺がある事を思い出し、11月20日に下見がてら車で行ってみました。電車だと大阪からでは学研都市線で京田辺下車、京都からだと近鉄京都線で新田辺下車で、少し歩くかバスで行くことにな...
22人がいいねと言っています コメント10件を見る

晩秋の岡山2景

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.11.21 20:38
日帰りですが岡山での用事のついでに、晩秋の気配を楽しんできました先ずは丁度、収穫祭が行われていた岡山大学農学部この大学、市街地にありながら結構広い敷地を占めており、大学構内を一般道が縦横に走っています...
19人がいいねと言っています コメント11件を見る

橋・・・もはや流れない?「流れ橋」

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.11.18 14:29
三重県から京都府を経由し淀川に流れ込む木津川その木津川が淀川に合流する地点の少し手前、京都府八幡市にその橋はあります通称「流れ橋」大雨が降って川が増水すると、踏板が浮き上がって流されてしまう橋いや、踏...
20人がいいねと言っています コメント17件を見る

一人旅ふたたび6-4(完)(日本海側を山陰本線に沿って北東へ2・・・山口県)

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.11.3 17:03
朝、宿泊した楊貴館を後にし、北東に進み、先ずは青海島を目指します。ここは青い海に囲まれたビュースポットとして有名で「海上アルプス」と呼ばれる事もあります。「海食崖」の私としては外せない所で、エメラルド...
24人がいいねと言っています コメント18件を見る

一人旅ふたたび6-3(日本海側を山陰本線に沿って北東へ1.・・・山口県)

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.10.30 18:16
関門橋近くの宿で1泊した翌日、山陰本線にそって、山口県内の国道191号線を北上します。まず、最初に福徳稲荷神社に立ち寄ります。響灘に面した高台にあります。伏見稲荷程ではありませんが、朱色の鳥居が参道を...
21人がいいねと言っています コメント6件を見る

一人旅ふたたび6-2(福岡2景と下関側から関門橋)

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.10.27 17:53
今回の一人旅は山口県がテーマですが、末娘の用事を兼ねており、それをこなす為、秋吉台から関門橋を通り福岡に向います。午後、末娘とともに用事を半分済ませた後、二人で夕食、天神のビジネスホテルで1泊し、翌日...
18人がいいねと言っています コメント8件を見る

一人旅ふたたび6-1(ススキと秋吉台・・・山口県)

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.10.24 19:54
ここ数か月、一人での旅はしておりませんでしたが、12月後半から本格化する仕事の前に、是非気ままな一人旅をと考えておりました。候補地は色々あり、最終的に山形県と山口県が残りましたが、福岡で子供の用事に付...
19人がいいねと言っています コメント22件を見る

ラ コリーナの草屋根

海食崖さん
海食崖 さんのブログ [カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2018.10.10 17:49
改めて考えてみますと、私が興味を持ち何処かに出かける時には、何か魅力的な光景や体験、他では余り無いものを、様々な情報等から発見した時であったように思いますそして更に「一面同色で大規模」に引かれていたよ...
14人がいいねと言っています コメント22件を見る
人気記事