メニュー
ゲストさん
カテゴリ(読書感想)の投稿一覧

薬物依存

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2021.7.25 6:56
薬物依存や中毒について考えてみる。薬物への依存は、当人のこころや気持ちが弱いから、という意見がある。本当だろうか。国連薬物犯罪事務所の発表した報告書では、薬物を使って問題を抱えるようになるのは、使用者...
1人がいいねと言っています コメントする

T氏への手紙

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2021.6.26 8:08
「詩人列伝」手嶋睦成著。2021年1月発行。いただきました。ありがたく頂戴いたします。詩人の中で、私が知っているのは秋本氏です。秋本さんも、最後はホームに入り、少し残念な気持ちがします。ホームは3~4...
2人がいいねと言っています コメントする

親泊一家の冥福を祈る

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2021.5.9 11:49
澤地久枝著「自決こころの法廷」を読んだ。太平洋戦争を遂行した当時の高級将校たちの気持ちが詳しく書いてある。1945年8月15日未明。阿南陸軍大臣が自決。クーデター未遂後に自決した二人の佐官と同じ場所で...
1人がいいねと言っています コメントする

映画にしたい

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2020.11.25 8:47
「人生の親戚」の次は、「治療塔」。こちらは、近未来のフィクション。どうも、フィクションは、私にはものたりない。ノンフィクションの方が、深みを感じる。自伝や評伝などのノンフィクションは、うそがあって、楽...
1人がいいねと言っています コメントする

子の自殺

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2020.11.24 8:49
大江健三郎著「人生の親戚」。まり恵さんの映画のタイトルを、大江さんは、人生の親戚と訳した。原語はスペイン語。映画の舞台はメキシコ。アズテックのピラミッドがある山のふもとの小さな村。タイトルの意味は、「...
0人がいいねと言っています コメントする

強い女性

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2020.9.26 8:10
「さわり」佐宮圭著の感想平成7年、76歳で亡くなった琵琶師・鶴田菊枝の生涯を親しい友人たちへの取材で書かれた本。読み終わり最初に思ったことは「菊枝の舞台を聞きたかった」できれば本人に会ってみたかった1...
0人がいいねと言っています コメントする

みち草

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2020.9.12 8:23
今読んでいる本は、10冊。数ページ読んでは、次ぎに移る。この読み方が最適なようだ。「みち草」大岡信著。この本は、抜群。「道草」夏目漱石。漱石の自伝。「他人の足」大江健三郎。短編。「現代日本の文学47」...
2人がいいねと言っています コメントする

中島らも

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2020.6.23 8:05
今朝は快晴。カボチャのつるが伸びている。もうすぐ塀の上に達する。これを見るのが、毎朝の楽しみ。今読んでいる本がおもしろい。「地域創生の本質」木村俊昭著自身の実体験を書いている。「心が雨宿りする日には」...
2人がいいねと言っています コメントする

飛鳥藤原京の山河意匠

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2019.2.9 17:10
「飛鳥藤原京の山河意匠」木庭元晴著、昨年3月、関西大学出版部発行。下記はつたない感想です。専門書である。厳密で正確、真実を極めようとする研究者の情熱に圧倒される本。だが、私のような素人でも、充分に楽し...
1人がいいねと言っています コメントする

「春、死なん」の感想

いのうえさん
いのうえ さんのブログ [カテゴリ:読書感想
2018.9.28 13:35
群像10月号、「春、死なん」紗倉まな著を読んだ。感想が難しい。25歳女性が書いた70歳男性の日常。この男性、最近、妻が亡くなり、独り身。趣味がAV。大学時代は、短歌サークル。一人息子の我がままに不満あ...
2人がいいねと言っています コメントする
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!