メニュー
ゲストさん
宇土さんの投稿一覧

赤だしと赤福の味

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:人生
2021.4.11 5:05
妻がスーパーから赤福餅を買ってきました。餡で餅を包んだ味覚は遠い記憶を呼び覚まします。(赤福餅)関西に来たのは26歳のときでした。好んで来たのではなく、枚方市池宮の農地買収を手伝うためなのです。(枚方...
8人がいいねと言っています コメントする

季語の教え方

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:俳句
2021.4.8 16:09
スローネットだから俳句に堪能な方がおられるかと思いましたが、失望して埒もないことを口走りました。お詫びします。さて、長く京都で俳句を学んだが、主催者の教え方が間違っていると気づいたのは、かなり経ってか...
7人がいいねと言っています コメント4件を見る

青春の蹉跌

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:運命
2021.4.6 13:20
夢に思いがけない人が出ることがあります。昨夜は何でかれが出てきたのかと思う不思議な夢でした。高校同級生の土屋くん。(夢の土屋くん)大変な秀才でした。特に英語が抜群の学力で、東京外語大学に進学する予定で...
3人がいいねと言っています コメント2件を見る

思いだす斑鳩の晩景

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:回想
2021.4.5 16:34
今年は聖徳太子の1400年遠忌にあたり、ゆかりの寺院で法要が営まれるそうです。(聖徳太子)最近は聖徳太子は架空の人物とする学説が有力です。没後約100後に書かれた日本書紀が創造したとされています。私が...
6人がいいねと言っています コメントする

上七軒の記憶

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:回想
2021.4.4 14:13
京都に初めて来たのは花の季節でした。京都タワーの裏で内科医を開業していたのが、遠縁の北山一郎です。(京都タワー)北山一郎は、私を上七軒のすっぽん料理「大市」に連れて行ってくれました。(すっぽん料理大市...
8人がいいねと言っています コメント8件を見る

山桜咲き初める

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:季節
2021.4.2 9:13
今朝、書斎の下の山桜がほころび始めたのに気づきました。山桜は開花が遅いのです。(書斎の下の山桜)桜は古代から山桜が主体です。染井吉野はエドヒガンとオオシマザクラの雑種で、江戸の植木屋が栽植して売りだし...
7人がいいねと言っています コメント6件を見る

様々な夫婦の形態

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:人生
2021.3.31 10:45
F村夫人は酒を飲み、連れ合いは飲まないと聞きました。ある日夫人は100円ビールを義母さんと飲んでいたら、帰宅した旦那が激怒したそうです。(激怒されたF村さん)いくら自分が飲まないといっても、妻と母がビ...
8人がいいねと言っています コメント4件を見る

疑惑の逢瀬

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:日常
2021.3.30 9:47
妻が知人のS夫人の疑惑を聞いてきました。ご主人が決まった時間に犬を散歩に連れだします。(犬連れの亭主)夫人が物干し場から遠望すると、四辻で女性の犬連れと遭い、丁寧に挨拶を交わす。それも毎日だそうです。...
7人がいいねと言っています コメント4件を見る

彼岸と此岸

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:人生
2021.3.29 11:34
彼岸は死後の世界をいい、此岸はこの世のことをいいます。(三途の川と彼岸、此岸)飼猫が15歳で死にました。3日目の朝、私の夢枕に立ち、続いて妻の夢枕にも立ったのです。(飼猫)「行き着くところに行ったのよ...
10人がいいねと言っています コメントする

白魚の記憶

宇土さん
宇土 さんのブログ [カテゴリ:季節
2021.3.27 12:30
今朝の日記の欄外に次の俳句がありました。しら魚やあさまに明くる舟の中桜井史登桜井史登(りとう)は江戸期の俳人です。ああ、白魚の季節なんだなあと思いました。(白魚)若狭路を走っていたときのことでした。熊...
5人がいいねと言っています コメント2件を見る
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!