メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
単子葉さんの投稿一覧

最も京都らしい宇治市の景観

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:歴史
2018.7.20 7:23
テーマからして敬遠されそうながら、あえて宇治市に足をふみ入れてみました。宇治の中心は何といっても平等院でしょうか。(平等院)宇治河畔に建つ平等院鳳凰堂は、平安時代の阿弥陀堂の代表的遺構です。『平家物語...
5人がいいねと言っています コメント4件を見る

よみがえる祇王の面影

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:名所
2018.7.19 7:29
江戸時代に、『平家物語』を追体験する嵯峨野の名所として往生院がありました。その後廃絶されましたが、「祇王寺」として近代に復興されております。(祇王寺)往生院の記述としては、「清盛に愛された祇王・祇女の...
8人がいいねと言っています コメント2件を見る

今日のブログは二つ削除

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:愚痴
2018.7.18 18:26
今日は「廃墟と化した北山修道院」と「ねむの木幻想」を投稿しながら、二つとも閲覧がなくて削除。いつもこの辺りで限界になるなあ!同じ内容でも他のブログでは歓迎されるのになぜなのかなあ。できれば滞留したいも...
2人がいいねと言っています コメント8件を見る

須磨寺と敦盛の笛

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:歴史
2018.7.17 7:01
博文館の日記帳に、頁ごとに短歌や和歌が記してあります。今日は俳句で、須磨寺や吹かぬ笛聞く大下闇とありました。(須磨寺)須磨寺といえば、一ノ谷合戦で平敦盛が17歳の命を散らしました。(平敦盛)敦盛が、合...
4人がいいねと言っています コメント6件を見る

火事で知った一灯園の存在

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:歴史
2018.7.16 7:13
ベンチャー企業に勤務した私は、音羽山を望む四宮のビルにおりました。眼下に小関越えが広がります。東海道は逢坂峠を越えますが、これを大関になぞらえ側道を小関としたのです。(小関越え)小関峠の下を琵琶湖疎水...
5人がいいねと言っています コメントする

俳句と縁を切ろうかと

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:学習
2018.7.15 6:54
私が俳句を学ぼうとしたのは、湖国に入ろうとしたときでした。宝塚から名神高速を大津で降り、湖西路をたどると、右手に「唐崎の松」があったのです。(唐崎の松)芭蕉の句、唐崎の松は花よりおぼろにては、湖西路を...
10人がいいねと言っています コメント8件を見る

友の新盆に供える生花一掬

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:季節
2018.7.14 7:01
12日の夜、ふと東京は明日から盂蘭盆なのだと思い至りました。京都に転勤するまでは、関西のお盆が8月とは知らなかったのです。(盂蘭盆)親友が死んだのは今年2月25日でした。盂蘭盆には十万億土から精霊が帰...
4人がいいねと言っています コメントする

月下美人が咲くころに思いだす貴婦人

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:季節
2018.7.13 5:56
今年も月下美人が咲く季節になりました。サボテン科の一品種で、夏の夜、純白の大輪の美しい花が咲かせます。しかし、4時間ぐらいでしぼんでしまうのです。真野の入り江近くに住んでいた頃、近所にKさんとういう老...
3人がいいねと言っています コメント2件を見る

風鈴考

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:季節
2018.7.12 7:13
梅雨明けの軒端に風鈴の音が涼味を誘うようになりました。風鈴には、金属製、陶器製、ガラス製などがありますが、三井寺の境内で売る風鈴は銅製です。(三井寺)風鈴が好きな私は、釣鐘のような形で大ぶりな風鈴が気...
8人がいいねと言っています コメント4件を見る

2歳になりました

単子葉さん
単子葉 さんのブログ [カテゴリ:ペット
2018.7.11 7:18
インコのピータがわが家に来て、5月末で2歳になりました。(ピータ)インコにも、それぞれの能力が備わるとみえますが、わが家のピータは喋ることが得意でありません。「ピーチャン」「おはよ」「おおい」の三つぐ...
4人がいいねと言っています コメントする