メニュー
ゲストさん
悠々さんの投稿

〝恥ずかしながら・・・。”

悠々さん
悠々 さんのブログ
2019.10.7 10:01

恥ずかしながら、私も国歌"君が代”に出てくる「さざれ石」について"意外と知らない人”の一人でした。

昨日のラグビー日本代表の選手が宮崎県日向市の大御神社にある「さされ石」を
見学し、チームの結束を固められたのをニュースで見てあらためて「君が代」の
歌詞の意味をチェックしてみました。

古今和歌集にから生れた「君が代」。
平安時代から君が代は、年賀の歌として歌われていたそうです。
しかし、鎌倉時代に年賀以外でお祝いの歌として、披露されるようになっていきました。

「君が代は」=尊敬している人に対して使う「我が君」。

「千代に八千代に」=永遠に

「さざれ石の巌となりて」= 小さな石が大きな岩となる位の長い年月。
   《固い絆》

「苔のむすまで」=末永く長い歳月

選手の半分(15人/30人)が言葉の違う異国籍で構成されたラグビー日本代表チームが、君が代を
「さざれ石」の前で合唱し、選手一人一人の小さな石が固まってチームとして大きな岩になって力を結集する姿に魅了されました。

《頑張れ!ジャパン》
信々亭飛翔ほなっ日記一の糸ふぐのひれ酒画哲ジャムしょうく雪豹白髪鬼 10人がいいねと言っています
コメント
白髪鬼さん
白髪鬼 さんのコメント
2019.10.7 16:32
君が代を忌み嫌う方もおられますが、、、江戸時代には 結婚式等でも謡われたと言われています。
               もっとも 音階は 謡風で、、、。
               現在のものは W. フェントンだと言われますが、、、。
1人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2019.10.7 15:56
君が代の歌を歌っていても、その言葉の詳細まで知っている人は少ないと思いますね。
私も今ブログを拝見して再認識したくらいですから(^^♪
貴重なお話ありがとうございました。
1人がいいねと言っています
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2019.10.7 13:21
行動範囲にあるので普通に見ています。
http://blog.z-plus.net/?eid=183

この近くの中学に行っていました。
無くなっているけどね
2人がいいねと言っています
悠々さん
悠々 さんの返信コメント
2019.10.7 15:45
きいたんさん、

こんにちは!
京都府下の向日神社の「さざれ石」の情報を頂き有難うございます。
「さざれ石」が合わさると巌となるように人と人との絆も大きな力になるのですね!
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!