メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

「日本のチロル=下栗の里」の雨中ツアー。

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:旅行
2019.10.26 21:48
「日本のチロル=下栗の里」の雨中ツアー。

かねがね行ってみたいと思っていた「日本のチロル=下栗の里」のツアーを
申し込んであったのが25日でしたが、なんと運の悪いことに、強い雨雲が襲来することが
はっきりしたのは前日の24日。ちょうど現地につくころに、強い雨雲が現地の真上に到達
する予報でした。下栗地方が険しい山道をたどらないと着けないので、24日に旅行社に問い
合わせたんです。しかし「挙行します」との返事で出かけることにしました……。

 名古屋から最近はやりの「トイレ付ゆったりバス」に乗車。時折強い雨の降る中、
中央道をひた走り、飯田インターで一般道に。当日のコースを紹介します。
名古屋駅→中央道を飯田インターまで→飯田市内のレストランで昼食→JR飯田線の天竜峡駅→
平岡駅まで乗車(8駅目)→マイクロバスで下栗→ビュースポットまで徒歩~20分→
マイクロバスで飯田市内→水引工芸店→飯田インターから中央道→名古屋駅

順に紹介します。
①天竜峡駅構内の写真。


②豪雨で水かさの増えた天竜川、

③大きな変電所。多分、電車用;

④為栗(しでぐり)駅近くにかかる鉄橋。これは自動車用です。

さて飯田線の途中駅では最も大きいのではないかと思われる平岡駅で下車。マイクロバスに
乗り換えて、山道を~50分走ります。強い雨は小降りになったものの、止む気配は
ありません。
⑤到着した終点。「下栗の里」の看板です。

⑥ここからぬかるんだ山道を~20分近く上りましたが、霧がかかってきて、下界が見えるか
どうか、確信が持てません……。やっとたどり着いたビューポイント。幸運なことに少し
霧が晴れ、おぼろげながら、下界が見えました……。


⑦晴れた日にはこんな景色が見られるというのにね……。

また小雨の中、トボトボとマイクロバスが止まっているところまで戻りました……。
⑧このばんば(番場)小屋で休憩。

ゴマソフトクリームをいただきました。
⑨隣には立派なロッジが建ってます。

⑩霧に霞んだ山々。

⑪晴れていればこんな山々が見えるというんですよ。、くやしいなー。

 マイカーでもここに来るのは大変!天気の良い日に、このロッジで1泊するぐらいの
日程じゃないと、ここの景色は楽しめないのかもしれませんね。

 ここからマイクロバスで飯田市内にある水引工芸店までまっしぐら。この店に向かう途中で
雨が上がり、虹もかかっていたそうです。左側の席のお客さんの声でした。残念だった!
 途中で暗くなってきました。
⑫水引工芸店の「せきじま」さん。


実演も見せてくれました。素晴らしい手練!
館内には水引で作った大きな、素晴らしい作品が一ぱい展示してありましたが、「撮影禁止」
入り口においてあたこの竜の作品をご覧下さい。


高速道路、途中で3件もの事故があり、名古屋駅には30分の遅れでした。
愛うらら海食崖@スズジイ@飛翔涼音nobuoほなっ日記流星ホープ 15人がいいねと言っています
コメント
千恵さん
千恵 さんのコメント
2019.10.27 17:20
せっかくのバス旅行が雨で残念でしたね・
 トイレ付きのバスから電車に乗って、マイクロバスに乗り換えるのですね?
 マイクロバスの運転手さんも雨の中の山道の運転は怖かったでしょう?
 でも霧の中の山並みも風情がありますね?
 水引の龍は立派です。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2019.10.27 20:08
今回は「ゆったりバスツアー」にひかれて、K社のツアーに申し込んだのです。

飯田線の途中駅で、地元の観光会社のマイクロバスに乗り換えたんですが、
狭くて、急カーブの坂道もあり、地元の人じゃないと、運転が難しいかもしれません。

地元の交通ルールとして、全長が7m以下の車しか入れないことになってます。

水引工芸館の作品、それは見事なものでした。
こんな大きなものが水引でできるのか?って感心しましたが、
博物館の中の作品は撮影禁止になってましたから、遠慮しました。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんのコメント
2019.10.27 15:29
コキリコさん、こんにちは。

ホント、雲の中から下界を見下ろしてる感じ、スゴイ秘境ですね!

カタログ通りの景色は見られなくて残念でしたが、その代わり、カタログには無い景色が見られたし、
ましてや雨の中、わざわざ車を運転して、こんな恐そうな所に行くなんて大変ですよ、安心気楽なツアーならではのものでしょう。
また来年、海の湧くチャンスの多い頃にトライ、ロッジに一泊するもいいかもね・・・。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2019.10.27 20:03
⑦のように見えるって、駐車場には写真が貼ってありましたが、
霧で麓が見えなかったせいか、高度の低いところから眺めているように
感じました……。

ここへのマイクロバスは地元の観光会社の運用です。
すれ違いも難しい場所もあり、
地元の人じゃないと、運転が難しいかもしれません……。

私じゃ無理ですが、自家用車で行くとなると、ロッジで1泊が
無理のない計画かもしれませんね。それなら夕日も見られるようですしね。
1人がいいねと言っています
ホープさん
ホープ さんのコメント
2019.10.27 11:33
コキリコさん こんにちは。

せっかく行かれた"遠山郷 下栗の里" 悪天候で残念でしたね。
私は6年半まえの4月、クラブツーリズムの日帰りツアーで行きましたが、幸いにも晴天に恵まれ、約1,000mの高台からの眺めは絶景でした。

⑤の看板のある駐車場にマイクロバスが停まり、我々は細い山道を現地案内人の先導で、ビューポイントに向かいました。コキリコさんも同じでしたか。


ビューポイントは建築現場の仮設施設のようでした。同時には30人までという制限付きでした。


眼下には、⑦のような光景が広がっていました。


私は自家用車で、もう一度行ってみたいというのが夢です。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2019.10.27 19:58
ここは以前、ホープさんのブログを見て、ぜひ行ってみたいと思ったんですよ。
ホープさんもK社のツアーでしたか?

ビューポイントへ向かう山道も、展望台も同じです。
しかし霧がかかっていて、里の下のほうが見えなかったせいか、
高度が低い位置から眺めていたように思いました。同じ場所から
見てたんですね。

自分の車で行くとなると、このロッジに泊まる計画でいったほうが
いいかもですね。もう私には無理ですが……。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2019.10.27 7:33
おはようございます

駅のホームに船があるのにはビックリ‼
どっちに乗るんだろう。私は船はよわいksら電車かな。
きれいなみどり、景色はすっかりあきですね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2019.10.27 7:43
このホームの右側の堤防の下に川下りの乗り場があるんです。
お客さんを船下りに誘た目のモニュメントみたいなもんでしょう。
前回飯田線秘境号ツアーの時には気づかなかった!
0人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2019.10.27 6:29
おはようございます。

ツアーは便利ですけど、融通が利かないので、悪天候でも決行ですね(^^♪
それがツアーの不便なところでもありますけど。

飯田とか天竜川とか 懐かしい地名が出てきました。
私が3歳から7歳まで疎開していたところでもあります。
よく天竜川の河原で遊んだことなど走馬灯のように蘇りました。

悪天候でも楽しい一日を過ごされたようで何よりでした(^^♪
霧にかすんだ山々はいつでも観ることはできないものですし、
よいチャンスだったかもしれませんね(^^♪
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2019.10.27 7:35
この地方にご縁があったんですか?
そいや、若い添乗員さん、両親がこの地の出身とか、
懐かしそうに景色を楽しんでました。

もう一度チャレンジした気持ちもありますが、
ベストのビュウポイントはこの日、訪れたところとは
違うようです。
駐車場に貼ってあった写真はもっと高い場所から
撮ったものですね。
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2019.10.27 6:05
豪雨の観光でしたか、再度挑戦しかないですね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2019.10.27 7:32
こんな豪雨の中でもツアーを強行するんだから、
いやはや商魂たくましい!
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2019.10.27 5:53
おはようございます。雨の中大変なツアーでしたね。
飯田付近だいぶ前に歩いただけで、ずいぶん変わったでしょうね。
マタタビの実の塩漬けだけはっきり記憶にあります。
後は飯田市内の林檎の並木だけです。水引きの細工素晴らしいものでしょうね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2019.10.27 7:31
飯田線の秘境駅巡り、数年前にJRの企画の参加したことがあるんですよ。
かなり探しましたが、写真が見つかりません……。

天竜峡駅のホームからこの地の名物に橋が見えました。


水引というと、結婚式の時の祝い袋しか
思い浮かばなかったんですが、いやはや、大変立派な工芸品に
驚きました。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!