メニュー
ゲストさん
capoさんの投稿

演劇鑑賞

capoさん
capo さんのブログ[カテゴリ:三田呂の日記
2019.10.27 20:56
 こんばんは capoです。

 昨晩は能登演劇堂へ無名塾の公演を観に行ってきました。初演日でほぼ満席でした。
 今回はモリエールのタルチュフ、台詞劇といったほうが良い喜劇ですが、そこはかとないアイロニーが感じられて、観劇後は考えさせられることがたくさんありました。
 無名塾の公演を観るようになって、いつの間にか十数年が過ぎました。主演の仲代達矢氏もお歳を召され、これから来年にかけてのロングラン、健康には十分以後注意をしていただきたいと願っております。

 我が家から能登演劇堂までは、能登半島を富山湾をなぞるように道を辿り、ほぼ半周です。いつもは自宅から眺める半島の先近くまでのドライブです。高速道路を使えばもっと早く行けますが、私は海辺の道をのんびりと走っていきます。この海辺の道は民宿が立ち並び、夏には海水浴客で賑わいますが、今の季節は通行量も少なく、のんびりと走るには最適です。

 午後三時半の開演でしたので、昼食をいつも行く能登島の蕎麦屋でおろし蕎麦と天ぷらをいただきました。妻も私も久しぶりの外食です。
 初めてこの店を訪れてから、もう十年近く新婚だった若女将が三人の子持ちで、一番下の子がもう三歳だそうです。時間の経つのが本当に早い。秋の日はつるべ落としと言いますが、人生の秋もやはり同じようなものかもしれません。
ジャム海食崖topkatふぐのひれ酒真実一路ほなっ日記grahams流星 8人がいいねと言っています
コメント
grahamsさん
grahams さんのコメント
2019.10.28 17:55
capoさん
能登演劇堂での無名塾公演、さぞかし素晴しいことだろうと想像しています。
能登半島を巡るドライブは過去数回していますが、今ではいろいろと道も町並みも変わっていることでしょう。
大昔の大伴家持が国守だった頃はどんなところだったのでしょうか。
その後の北前船で賑わった時代も。
つい5年ほど前までは高岡市や氷見市へは毎月仕事で出かけていましたが・・・
0人がいいねと言っています
capoさん
capo さんの返信コメント
2019.10.30 20:42
 こんばんは grahamsさん

 良い舞台は後で効く、とでも言いましょうか、観ているときは舞台に集中していて、台詞を理解するのに精一杯でしたが、鑑賞後時間が経つにつれその重みが効いてきます。芸術と芸能の違いがもしあるとすればそこにあるのかもしれません。
 
 富山も随分と変わりました。便利な道路は増えました。しかし人は減りました。郊外の大型店は終日賑わっていますが、本来の街中は人影がまばらです。賑やかなのは中国人と韓国人の集団だけです。町も彼らに買い占められそうな勢いです。最近の日本は一体どうしたのでしょうね。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!