メニュー
ゲストさん
いのうえさんの投稿

サラリーマンの初任給

いのうえさん
いのうえ さんのブログ[カテゴリ:日本社会
2019.12.3 10:45
今朝は、下記の統計にびっくり。
日本のサラリーマンの初任給は、ここ50年、あまり増えていない。という
本当だろうか。

https://nenji-toukei.com/n/kiji/10022/サラリーマン年収

1968年が、約14万円。(消費物価を現在と同じにしての換算)
2012年が、約20万円。
ほぼ増えていない。

そういえば、私が34歳のとき、1981年の初任給が約14万円だった。
確かに増えていない。
https://jp.quora.com/sarari-man-no-kyuuryou-ga-ue-ga-ra-nai-makoto-no-riyuu-ha-nani-desu-ka/answers/184005793?__filter__=all&__nsrc__=1&__sncid__=3623713983&__snid3__=5944307628
白髪鬼ほなっ日記 2人がいいねと言っています
コメント
白髪鬼さん
白髪鬼 さんのコメント
2019.12.3 15:52
1960年 8号俸之上、、、2万5千円でした。
 これでも 一流出版社だった、、。
  同期生も現在週刊誌等で鳴らしている〇〇出版で1万8千8百円。
   同じく 〇〇研究社に入ったやつは 1万8千円lポッキリ。
    お前の所は良いな~と 奢らさせられたのを思い出す。
                今や 同年も ほとんど いなく成ってしまった。
                              晩期高齢者。
2人がいいねと言っています
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2019.12.3 13:24
GDPの成長率が3%なら
2012−1968=44年×3%で132%の上昇
14万円×(1+1.32)=32.48万円
まともに経済成長していればこのくらいが正当な金額です。
100年前なら10円札とか銭を使っていましたからね
お金は数字だけのものです。

それ以前に非正規雇用が38.2%ですからね
同じ土俵で比較できない

非正規雇用などというシステムを導入したのが
間違いでしょうね
労働者のやる気をなくすシステム
2人がいいねと言っています
草刈り真っ青さん
2019.12.3 11:46
14万が20万であれば40%以上あがっていますね。40%というと大変なことのように思います。
消費者物価指数に合わせて換算すればこんなものだと思うのですが、変わっていないですか。
経済のことは分からないですが、初任給が大きく変化すれば日本や世界の経済がどうにかなってくるように思います。
1人がいいねと言っています
愚図爺爺さん
愚図爺爺 さんのコメント
2019.12.3 11:22
こんにちは、1968年の初任給は3万程度ですよ^^14万って1986頃では??
過去からのデーターからも数万から20万ですから増額している認識です。
企業に寄っては相当の変化もありえます、勤続年数に寄っても大幅に増えて
いるのでは無いでしょうか?(割りいってすみません)
1人がいいねと言っています
いのうえさん
いのうえ さんの返信コメント
2019.12.3 15:55
1968年といえば、うどんは20円。風呂も20円。バスも20円です。物価は今と比べて5分の1でしょうか。3万円の初任給は、私は1972年のときでした。現在に換算すれば、15万円でしょうか。
0人がいいねと言っています
人気記事