メニュー
ゲストさん
悠々さんの投稿

『ウラシマソウ』(浦島草)に出会いました!!

悠々さん
悠々 さんのブログ
2020.3.21 13:18
ぽかぽか陽気に誘われて「理窓自然公園」にぶらり出かけてみました。
春の花が何点か咲いている中に例年4~5月に見られる「ウラシマソウ」に運良く
出会うことができ自粛明けには“竜宮城”に連れて行ってもらえるかも・・・!?

「理窓自然公園」は谷津と呼ばれる低地と小高い台地が組み合わさった自然豊かな場所で、東京理科大キャンパス内に広がる公園です。

13万㎡の広大な森で、春には梅林、桜、睡蓮、秋には紅葉など四季折々の彩りを愉しむことができ、谷津の奥にある「白鳥の池」では、悠然と泳ぐ数羽のコブハクチョウが通年見られ、冬には100羽以上のマガモが飛来する、野鳥の宝庫でもあります。



花名は付属体が長く伸びる浦島太郎の釣り糸に見立てたことに由来する。
茎先に肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。
花序は仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)に覆われている。
仏炎苞の名は、仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたものである。
仏炎苞の色は暗い紫色である。
また、花序から付属体が細長いひも状に伸び上がり、途中から垂れ下がるのが特徴である。
さくらかおる森のフーミンジャム一の糸飛翔流星コキリコふぐのひれ酒しょうくまるえ 10人がいいねと言っています
コメント
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2020.3.21 20:38
これは珍しい草を紹介していただきました。

ついでと言っちゃなんだが、乙姫草ってないんですか?
浦島さんだけじゃかわいそう……。
1人がいいねと言っています
悠々さん
悠々 さんの返信コメント
2020.3.22 7:38
ヤワタソウ(八幡草)の別名としてオトメソウ(乙女草)はあるようです。
0人がいいねと言っています
一の糸さん
一の糸 さんのコメント
2020.3.21 15:34
ウラシマソウ
珍しい花に出逢いましたね
図鑑でしか見たことがありません
竜宮城行って見たいですが、帰って来れないかも?
1人がいいねと言っています
悠々さん
悠々 さんの返信コメント
2020.3.22 7:28
近所のお寺の境内でも4月中旬~5月にかけてよく見られるのですが、
3月にお目にかかれたのは初めてです。(温暖化のせいでしょうか?)

一回“竜宮城”に行ってみたいですね!!
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!