メニュー
ゲストさん
蒼秋さんの投稿

父の絵の無い絵日記(?)

蒼秋さん
蒼秋 さんのブログ[カテゴリ:父の絵日記
2020.3.27 9:58
父の絵の無い絵日記(?)

深夜、何気に本棚に目をやると
ふと目に留まったのが仏教関係の本。

私は 無宗教でありノンポリであり
きわめてありふれた その辺の超凡々人であると思います。

これまでの人生の山や谷のはざまに おいては
何気に ときどきに 宗教的、哲学的な或いは
心理学に はたまた社会学や文化人類学等々の
素人向けの本ながらに いくばくかの救いを求めて来たこと
が数知れずありました。

所詮は ただ 読んだだけの日々だったなと
思いつつも それでも 多少ながらも何らかのものは
心に植えられたような 微かな微かな熾火のようなものを
感じては います。


そんなわけで・(どんなわけ?)

すこ~し 心に疲れを感じた時は
深夜の静寂の圧力に合うと 思考回路が
ぶっ飛ぶことが あります。

気の遠くなりそうな無限の夜空間を見上げ
音の無い耳鳴りのようなモノに 包まれるのが心地よいです。

そんなときは 般若心経や密教や哲学的貧乏入門
(副題:あるい幸福になる為のお金の使い方)などの本が
妙に心にしみてしまいます
ときどき ”良寛様”に憧れることがあります。

・・・・・

日々是好日・・とは 毎日 良い日だね ありがとう
と言う意味に 普通は 解釈されてると思います

穏やかに達観している境地を想像しますが
凡人においては なかなかそうは行かないのです。

そうは悟れない凡人においては
なにはともあれ 毎日を できるだけ良い日にしてゆこうね
という積極的な行動姿勢、生きざまであれ。
・・・というコトのほうが 腑におちる。

その場・その時を 好い場・好い時になるように
心がけてなそう・・とすればいいのだと。

だからといって 無理にそんなことに こだわっていては
いけないとある。
さらには こだわるなというコトことさえにも こだわらず
おおらかに・・と それらの本は うったえる。


喧噪を離れた何処かの田舎で ぼろ家でもいいから
終の棲家を構え 好きな絵を描いたり
お経もどきを唱えたりの なんちゃって隠遁生活も
いいんじゃないかなって、
ふっと 思ったりなんておかしいですかね。

こんなふうに 深夜は現実逃避の美味しい時間です。
しょうく小夏♫チャミィ白詰草 4人がいいねと言っています
コメント
小夏♫さん
小夏♫ さんのコメント
2020.3.27 11:33
こんにちは♫
お邪魔致します(^-^)

音のない、耳鳴りのようなモノに包まれる‥
その静寂感
とっても分かります

私は逆に、夜はあまり色々
考えないようにしています
つい、気持ちがマイナス方向に向いてしまうから

日日是好日、というタイトルの本も
映画も観ました
雨の日は雨を楽しむ

どんな状況にあっても
それを楽しむことの出来る人がいますね
とても羨ましいです

でも自分は自分だから、あまり無理をせず
泣いても一日 笑っても一日
同じ一日なら、笑った方がいいなぁ
という、どなたかの言葉を頼りに

手元にある幸せに感謝を忘れず
過ごすように心掛けています


蒼秋さんのつぶやき? に
共感致しました(^-^)
1人がいいねと言っています
蒼秋さん
蒼秋 さんの返信コメント
2020.3.27 12:30
丁寧なコメント ありがとうございます。

楽しい時は 楽しむがよく
悲しい時は 悲しむがよく・・とあります。

じたばた どたばたを 楽しむような なんちゃって隠遁暮らしは
できそうもないながら でも ふりでもやってみれば 実際 楽しくなるかも。
現実逃避の醍醐味です。
1人がいいねと言っています
人気記事