メニュー
ゲストさん
天狗の親父さんの投稿

「清水の桜」(しょうずのさくら)

天狗の親父さん
2020.4.4 16:46
清水を「しょうず}と読むんですって??
コロナに負けず・・・
滋賀県は最北マキノ町海津まで行ってきました。

コロナ騒動でも海津大崎への街道入口には警官が通行止めを・・・・
一方通行でマキノ方面から入るのを止めている。
だから、こちらから来た人は街道筋の臨時の駐車場(ぼったくりの1.000円)へ車を置いて
歩いて海津大崎まで・・・

吾輩はそんなことは嫌なんで、反対方向の田畑の奥にある知る人ぞ知る
「清水の桜」の見物に行きました。

静かな農道の奥の「墓」の中に堂々と立つ姿に驚きましたよ。
海津の町はずれの墓地の中に一本大きくそびえ、樹齢300年以上といわれる巨桜「清水の桜」は、
アズマヒガンザクラと呼ばれる種類の桜で、高さ16メートル、幹の周囲6.4メートルの
滋賀県自然記念物にも指定されている県下最大級の桜です。

また、この桜は水上勉の小説『櫻守』でその題材とされたことや、
その昔加賀藩主前田侯が上洛の折、
その美しさに見とれ何度も振り返り眺めたことから「見返りの桜」ともいわれており、

春にはこの桜の存在を知っている人々が訪れます。

追伸:乗り換えた車の初乗りだったんで、そちらに気を取られ・・・
   カメラを忘れる大失態(泣)
   泣く泣くスマホで写しました。
しょうくたね・O信々亭飛翔桃花真実一路愛ジャムコキリコふぐのひれ酒 13人がいいねと言っています
コメント
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2020.4.5 7:43
あれれ、消えちゃってる。

さすが地元に詳しい!

スマホでこれだけ写せるのはやっぱり腕がいいかからかなー?
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんの返信コメント
2020.4.5 10:24
おはようさん!

何が消えたの???
わかりませ~~ん。

しかしねぇ~~スマホのカメラの写り具合は凄いですね。
帰宅してパソコンに取り込んで驚きましたよ。
ただ景色を写すだけならスマホのカメラで充分ですね。

でも、私はファインダーをのぞいて、絞りを考え、焦点距離を工夫するのが
楽しいです。

いつもコメントありがとうございます。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.5 20:03
書き込んだはずのコメが消えちゃったんですよ。

多分、返信 のクリックが弱かったんですね。
0人がいいねと言っています
くりちゃんさん
くりちゃん さんのコメント
2020.4.5 0:38
こんばんは!
  すっごい 桜ですね 樹齢300年以上・・
   お墓の中とは驚きです
    (夜は一寸お墓で気持ち悪いでしょうね)

  車乗り換え 初乗り ルン ルン (^^♪・・
  カアチャン 乗り換えたら 家追い出されるよ~~(;_;)/~~~
   
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんの返信コメント
2020.4.5 10:19
おはようございます。

コメントありがとうBA~BA

海津大崎の桜は滋賀県でNO1の人気スポットで、このコロナ騒ぎの渦中でも警官が出て
一方通行を規制するんですからねぇ~~

拙者はそんな連中の知らない近くの裏の農道に堂々とそびえる「見返り桜」を
見てきましたよ。
写真で判るようにお墓の中で樹齢300年の桜の姿が、周辺の景色も取り込んで
絵本に出てくるような世界でした。

大奥に「墓石だけと違って、赤いよだれかけを付けたお地蔵さんも置いたらいいのに!」
と言ったら
「あんたが置いたら!」と一言で終わりました。

カアチャン 乗り換えたろか?と思ったが、我慢して・・・くそっ!
腹の中で「情緒のない奴め!」と。(笑)

くりちゃんも閻魔さんから赤紙が来たら
ここで休んで、待っていたら?
静かで空気がいいよ?
0人がいいねと言っています
わたぐもさん
わたぐも さんのコメント
2020.4.4 23:33
天狗の親父さん

こんばんは
>「清水の桜」(しょうずのさくら) 
清水と書いて「しょうず」と読むのですね。

そこで神社にお参りするときに手を洗うことを
手水と書いて「ちょうず」と読むことを思い出しましたよ。

この清水の桜、写真を拝見しました。
さすが美しさが際立っています。

文字で表すと咲いて良い「咲良」(さくら)でしょうか。
そして加賀藩主前田侯の行き先京都で咲いている花は、
「咲洛」(さくら)。
彼が思わず振り返ったこの美しい桜を人に例えたのが
「見返り美人」なのでしょうね。

追伸を拝見しました。
「カメラ忘れ 何で己が桜かな」の気分でしたか。
それでもスマホで撮っても「傑作」ですよ。
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんの返信コメント
2020.4.5 10:07
おはようございます。

国語、あるいは歴史の先生のように色々と講義をしていただきまして
ありがとうございます(笑)

しかし、いつも感心していますよ。
今回も・・・・「手水」「咲良」「咲洛」
こういう言葉と言うか単語は恥ずかしながら初めて知りました。

今回も思いました。
今のスマホに付いているカメラの性能は凄い写りがいいですね。
これではカメラメーカーの「コンデジ」が売れなくなり、赤字決算に落ち込む
ニコンなどの窮地を知る思いです。

だけど、私はやはりファインダーをのぞいて絞りを調整してシャツターを切らないと
写真を写した感覚が無いですね。
1人がいいねと言っています
ロメオさん
ロメオ さんのコメント
2020.4.4 21:21
インプレッサはかなり高く売れたと思います。
ジムニーは詳しくありませんが、今は軽自動車は結構高価でビックリ。
これからが楽しみですね。
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんの返信コメント
2020.4.5 9:57
ありがとうございます。

インプレッサ、本当に??と思うくらいの値段が付きました(笑)
息子が言うには、年式、走行距離にこだわらず、あの車その物にファンがいて
外装にキズが無く、塗装具合も良かったので好評だったらしいです。

ジムニーを購入したのは2月なんですが、予備検査だけ受けておいて
登録を4月1日まで待てば自動車税はいらないし、
自賠責は16パーセント安くなるので一ヵ月半の間、自宅のガレージでお休みでした(笑)
1人がいいねと言っています
ロメオさん
ロメオ さんのコメント
2020.4.4 17:53
墓地の桜ですか?
それより乗り換えた車が気になります。
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんの返信コメント
2020.4.4 19:58
やっぱり「桜」より「車」ですか(笑)

今月で私は「76歳」になります。
10年近く乗った平成7年式インプレッサWRXが6月車検。

任意保険、自動車税、自分の年齢・・諸々を考えたら、車を変えよう
「俺の人生最後の車」

で・・・SUZUKIの「ジムニー」にしたんですよ(笑)

カーキチの息子が2月13日に
「おトン!これにせい!」と勧めてきたのがSUZUKIのジムニー。
2001年製、112,000キロ走行の車体!

車に関しては息子に全幅の信頼を預けているので、迷わず「OK!]
これまで乗っていた平成7年式のWRXインプレッサが、
業者オークションで想像以上に高値落札で売れて、今回乗り換えたジムニーは
ほとんどお金を使わずに買う事が出来ました。

人生最後の車はSUZUKIジムニーの中古車です。
0人がいいねと言っています
案山子さん
案山子 さんのコメント
2020.4.4 16:55
天狗の親父さん、大変ご無沙汰しています。
清水の桜、青空に映えて綺麗ですね。
5年前に海津大崎を訪れた際に立ち寄りましたが
なかなか立派ですね。お墓に囲まれて、何か不思議な気がしました。
「ショウズ」とは読めませんね。(*^^)v
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんの返信コメント
2020.4.4 19:35
本当に御無沙汰、AND・・・久しぶり(笑)
生きておられたんですね(笑)

案山子さんも立ち寄られたんですね。
わたしは今回初めてだったんですが、「勘」で「この道・・怪しいなぁ~~」で
一発に場所が判りました。

あのような自然が最高に好きです。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2020.4.4 16:53
10年ほど前、船から見せてもらいに行きました。[画像は削除されました]
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんの返信コメント
2020.4.4 19:31
師匠!
こんびゃんわ!

10年前の資料を「さっ!」と出す
スーパーコンピューターに驚きです。

さすが尊敬する標的に間違いが無かったと安堵!
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!