メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

携帯電話の通話音声は「人工音声」;今週の「へえ~、そうなんだ」より

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:サイエンス
2020.4.24 7:24
携帯電話の通話音声は「人工音声」;今週の「へえ~、そうなんだ」より

 一昔前まで、電話と言えば、聴く部分と話す部分が一体になった固定電話機が大半だった。
まあ簡単に言えば「糸電話」の延長にあった。話し手の音声を波形に変えて電話線に乗せて
受信者へ届ける。

 簡単と言えば簡単だが、話し手の音声をそのまま伝えるから、データ量が大きくなって
しまう。
 ところで携帯電話では「有線」じゃないから、「音声をデジタル化」してから電波に乗せ
ないと、送受信で通話データが膨大になり、回線がパンクしてしまう。

 そこで容量を軽くするために「合成音声」を用いる方法がとられている。あらかじめ用意
した音声データのパターンを使って、通話時のデータ容量を1/16くらいに圧縮する。
 携帯端末が音声を聞き取ると、約2000パターン用意されている「音声の情報データ」を
検索して、「似た声」を合成して、それを電波に乗せて転送し、受信側の携帯で再生する。
こうすれば通信容量を軽くしつつ送信者の声に近い音を届けることができる。
 
 へえー、まさに「そうなんだ!!!!!」
娘や息子からかかってくる携帯電話の声、肉声そっくりだが、あれは「声のそっくりさん」
だったんだ!!!!!

 今回のブログは週刊現代4月25日号P69.「携帯電話で届けられる通話音声は本人に
「似た声」が出展です。オリジナル原本は「携帯電話はなぜつながるのか」
中嶋信夫ほか著、日経BP.
ごろちゃん飛翔彦左Agelessboy@スズジイ@蜜りんごしょうく天天チャコラベンダー 19人がいいねと言っています
コメント
ハニーちゃんさん
2020.4.28 15:11
こんにちは、
昔の電話は有線ですが携帯は無線ですからそういう
手法だったんですね、へぇ~正しくそうなんだだね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.28 20:22
携帯は電波で音声を送らなきゃならなんだから、
データの圧縮が必要なんですねー。
気が付かなかった!
1人がいいねと言っています
ひと山さん
ひと山 さんのコメント
2020.4.24 12:27
ウワー、ほんとにびっくりしました。

固定電話で聴く声も、ケータイで聴く声も同じだったので、そんなことは考えも
しませんでした。科学の進歩はすごい、とよく聞きますが、実感!!!
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.24 20:09
固定電話まだ使ってますが、子どもからかかってくるのは
携帯から固定だから、音声は変えられてるでしょう。
 
多少の違和感はあるものの、肉声とほとんど同じだから、
器械でも使わないと、識別は難しいでしょうね。

科学の進歩についていけないのはいつの時代も年寄り!
スマホに変えても、電話、メール、位置情報以外は使えない……。
1人がいいねと言っています
草刈り真っ青さん
2020.4.24 10:46
驚き。
これがホンマなら刑事物で犯人の証拠の携帯の声というのは証拠にならない可能性あり。
ますます困るなあ。
5Gでもそうですか。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.24 20:06
これを読むと携帯通話音声で「声紋検査」を
することはできないってことになります。

音声通話に限れば5Gでも6Gでも変わらないのでは?
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2020.4.24 9:06
似た声にデジタル化された音声だったんですか。
デ・字たる音なんですね。同音異義。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.24 9:12
「同音異義」

さすがうまく変換しましたね。

子どもからの携帯電話、似てるがそっくりじゃないと思ってたら
こんなからくりだったんですねー。

これじゃ「風邪ひいたから、声がすこしおかしいけど」と
かかってくる「オレオレ詐欺」に引っかかるはずです。
3人がいいねと言っています
飛翔さん
飛翔 さんのコメント
2020.4.24 8:25
こんにちは^^

ワテ、無線の設計をしていたことありますねん。
無線もアナログから大半がデジタル化になりました。
人の音声は可聴周波数(20Hz~20KHz)のなかで複数の波が
存在し其れを全て「変調」「復調」するとデータ量が
多くなり過ぎます。また その必要性も有りません。

>電波に乗せて転送し、受信側の携帯で再生する
此を変調 復調と言いますが、その方法は幾種類か有ります。
ラヂオのAM FM もその中の一つですね。
因みにテレビの画像と音声はそれぞれ別の電波周波数で
送られ、同期されたものを視聴しています。

疑似音声にしても、個人が持っている独特の可聴周波数を
主に使うので誰ちゃんだとかの判別が出来ます。
五月蠅い周波数の高いキーキー声のカミさん?よりも
優しい周波数の彼女?の声を聞いていたいものですね♪
特にコロナのこの時期は・・・=^_^=
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.24 8:50
人の声、声紋というのがあるくらいだから、
周波数の特徴があるんでしょうね。

そのままじゃデータ量が多すぎるから「変換」しなきゃならない。
どこに注目して変換するか?
ここが腕の示しどころ。

方式は各社で同じだと思うが、細かいところの工夫が
違うかも……。
こういう比較をしたことないんだけど、どうでしょうか?

FMというのはfrequency modulationの略語とは知ってますが、
携帯の音声なんてのはそれが発展した技術なんでしょうかねー。

そうそう、かみさんの「キーキー音声」をソフトに変換してくれる
技術が欲しい!!!!!
1人がいいねと言っています
ごろちゃんさん
ごろちゃん さんのコメント
2020.4.24 7:51
パターンにない音、雑音とかが正確に伝わらないことありますよ。人の声は満足度100%で問題ありませんけどね。しかし、AIも入っているのかな、昔は雷の音や風の音がうまく伝達できなかったけど、最近は伝わる様になってきましたよ。でも変な感じからは脱却できてない。

でも最初の音ですぐにパターンを選ぶ早さとか、選択の正確さとかすごいですよ。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.24 8:39
ボーカロイドの声なんてのは一番変換しやすいかもしれませんね。

携帯通話の方式も、当初のころに比べると、格段に進歩してるんでしょうね。

オレオレ詐欺の声を判定してくれるシステムは作れないものだろうか?
0人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2020.4.24 7:45
へえ~ そうなんだ ですね
息子たちからの電話の声を一度も疑ったことありませんでした(^^♪
まったく合成なんて考えたこともないし、今度しっかり耳を澄ませて聞いてみましょうか(^^♪
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.24 8:34
子どもたちの電話の声、他人と間違えたことはないですが、
どこか「肉声」とは違うなーって思ってたら、
こういうカラクリだったんですねー。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2020.4.24 7:29
まさに目からウロコです・・・
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.4.24 8:33
このコーナー、時々、本当に「目から鱗」の記事を
載せてくれるので、毎週、愛読してます。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!