メニュー
ゲストさん
ショペロさんの投稿

すりむきました

ショペロさん
2020.5.9 9:11

                小磯良平画伯アトリエ跡地
                 
毎年1回は怪我をしますね。
去年は屋根から落ちましたし、その前には道路で躓いて顔面制動、血まみれになりました。

今年は、ガンもなく、大腸内視鏡もわずかなポリープですみ、今のところコロナにも感染していないので、まずまずの日々だったのですが。

さっき週末ジョギングで転んでしまいました。
とっさに、手のひらで体を支えて上半身はすくわれましたが、膝小僧を4カ所すりむきました。
小学生じゃないんだから、膝小僧なんかケガするなよ、と自分では言い聞かせていますが、小さいころからのスポーツ下手はいかんともしがたい。

転んだところは、敷石の歩道。
敷石の敷き方がいびつで角に足を引っかけてしまいました。
走っていましたから、そのまま勢いよく前に飛ぶ格好になり、着地は左手でなんとか。
しかし膝の部分も同時に着地し、コンクリートの敷石でもろにすりむきです。

こういう転び方はもう何度も経験してるので、身体が衝撃を少なくするように動くようで、すりむき方は浅かった。しかしその分個所が増えて4カ所。

出血は少なく、そのまま走って帰りました。
すぐにシャワーを浴びで傷を洗い、アルコールで消毒した後、バンドエイドの傷手当て用の大判を張ってます。

去年屋根から落ちたときに反対側のおなじ場所をしたたかに擦りむいた時、病院の医師が、最近はアルコールやヨーチンなんか使わないんですよ、これこれと、傷直し用のばんそうこうをペタッと貼ってくれました。

これは優れもので、そのまま3回貼り替えて、大きめの傷が治ったので、今回も同じものを貼ってます。

それにしても、70のお爺さんが走って転びましたとはなかなか言えなくて、下を向いております。
Agelessboyまるえチャミィジャムハニーちゃん真実一路白詰草流星 8人がいいねと言っています
コメント
チャミィさん
チャミィ さんのコメント
2020.5.9 12:53
こんにちは ☆彡

ショペロ さん
災難だったですね
早く治りますように

実は
わたしも今年早々レストランの外階段からころげ落ちてしまうことがありました
頭を打たずに脚に擦り傷だけですみました
新年早々の災難でしたが
これで今年はロクでもない年になるなどと考えると面白くないので
この程度で済んで良かったんだと前向きに捉えました
そのおかげ?
コロナ禍という国民全員の試練はありますが
個人的には穏やかに過ごせてきました

ショペロさんも骨折等しなくて良かったんですよ きっと

でも
まだ痛いですよね?
どうかお大事に
1人がいいねと言っています
ショペロさん
ショペロ さんの返信コメント
2020.5.9 16:54
あっ、これは転ぶしかないという、ジョギング中の定例事故です。
先週まで長ズボンだったのに、今日は暖かいと短パンをはいて走ってしまいました。
ズボンが長ければ今日程度の転びでは、血は見なかったでしょうね。

でも、バンドエイドの傷貼りテープ優れものです。
日本製だとニチバンからも出てますが、絆創膏はやっぱりバンドエイドのほうが使い勝手もよさげ。
これで、3日ほどまじめに張り替えていると、ホントに治ってしまうから不思議です。

去年屋根から落ちて擦りむいた時、傷口にヨーチンをドボドボかけて病院へ行ったら、今どきこんな時代遅れの治療は流行らないよと、医師に笑われましたから。

チャミィさんのおっしゃるように、骨折しなくてよかったです。
私は70ですが、骨折すると、若者で1か月かかる傷がおおむね3倍の3か月はかかるそうです。
チャミィさんも階段から落ちて擦り傷だけでほんとよかったと思います。

お互い気をつけましょう。
コロナにもね。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!