メニュー
ゲストさん
ショペロさんの投稿

内閣支持率のつるべ落とし

ショペロさん
2020.5.18 17:45

昨日の朝日新聞の内閣支持率調査はちょっと劇的でした。
前回39%あった支持率が32%に激減。
いっぽう不支持率は、38%から48%に激増でした。

確かに、検察庁法という安倍自らの行政私物化法を強引に採決しようとして、500万人のネットデモがおこり、検事総長OBなどの反対意見が表明されるなど、厳しい局面を迎えてはいましたが、それより、コロナを抑え込んで国民も安堵し、海外からも賞賛されているこのタイミングで、これだけ支持率が下がったのは、安倍自身も想定外だったのでは。

それかあらぬか、今日になって採決をあきらめましたね。

やはり、安倍にとっては上昇すべきはずだった支持率がだださがりとなり、気持的には四面楚歌で自暴自棄になっているのではないかとさえ思わせます。

緊張の糸がぷつんと切れた雰囲気ですよね。

コロナを打ち負かしたと言われるのに、どうしてこんなに支持率が下がってしまったのか?
これは検察庁法とは関係なく、コロナ対応があまりにひどかったのが大きな原因のひとつではないでしょうか?

武漢封鎖直後の中国人歓迎スピーチ、東京オリンピックや習主席来日へのこだわり、PCR検査の不作為、脈絡ない突然の休校措置、感染者がひとりもいない岩手県をも含めた乱暴な緊急事態宣言、休業補償を整備せぬままの事業者への休業要請、唐突なアベノマスク配布や創価学会に押されての10万円支給など、全体として計画性がなく思いつきの連続だったコロナ対応に国民はあきれ、とりわけそのプロセスにおける指導力のなさに言葉を失ったのかもしれません。

アベノマスクについては、いまだにほとんど配布されておらず、10万円支給については、窓口が大混雑して、緊急事態宣言で政府が回避を目指した「三密」を図らずも現出してしまうという失態を演じています。マスクだけで467億円ものお金をつぎ込む予定だそうですが、今やもうマスクはいきわたりつつあり、もしこれで中止になれば、竜頭蛇尾のお笑い施策として歴史に残るでしょう。

今回、コロナの爆発的感染を避けられたのは、日本の地勢的人種的特殊性や国民自らの覚悟、それに、きめ細かい実務対応を行った地方政府の地道な努力の成果であり、だれも安倍の政策が正しかったからとは思っていないことは、この支持率の下落で明らかではないでしょうか。

コロナ対応では、もう何をしても誰も安倍についていかない状態ですし、自らの法の私物化についてもあまりの反対の大きさにうろたえて断念しています。

こうして、今、安倍は当面の政策課題を失っています。
というより、国民が、もうあなたは何もしないでくれと、厳しい態度を突き付けて、安倍自身動くに動けないのではないでしょうか。
実を言えば、経済の回復という一番重要な課題に直面しているのが、今現在の日本だと思いますが。

これからどうするのか。
何が起こるかわからない状況です。
私個人としては、政治の動きを注意深く見ておく必要があると思いますし、これにかまけてコロナ対策を忘れないようにしなければならないと自分自身に言い聞かせています。

ちょっと過激なブログになってしまいました。
愛ゆりかもめAgelessboy紀ららしょうく楽 園チャミィコキリコふぐのひれ酒流星 14人がいいねと言っています
コメント
ハニーちゃんさん
2020.5.18 20:44
今晩は、
これをまさしく身から出た錆と言う事でしょう、
好く言われている長期政権の悪弊が諸に出た政権と
言って好いでしょうな。
1人がいいねと言っています
ショペロさん
ショペロ さんの返信コメント
2020.5.19 16:52
おっしゃる通りですね。
それにしても、この政権にはいいところが一つもありませんでしたね。
安倍はまだやるつもりなのでしょうが、完全にレームダックと言っていいのかも。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2020.5.18 20:06
夜のNHKニュースでNHKの調査の結果を発表してた。
支持がやはり朝日より数ポイント高く37%だが、不支持は47%で変わらず。
 
 さらに元特捜検事ら38名が新たに「意見書」を本日、提出したという。

政局は一気に動き始めましたね。
2人がいいねと言っています
ショペロさん
ショペロ さんの返信コメント
2020.5.19 16:56
コロナを抑え込んで、意気揚々だったはずの安倍も、不遜な法律提出で足をすくわれました。
コロナでの対応がひどかったにせよ、この法律のタイミングによっては、いい目が出た可能性もあっただけに、ご本人は悔しい思いでしょう。

慶応病院は、いまコロナ院内感染で大変ですから、今度はどこへ逃げ込むのか?
www
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!