メニュー
ゲストさん
なごみさんの投稿

2020年4月から人生第3楽章が始まりました

なごみさん
なごみ さんのブログ[カテゴリ:暮らし方
2020.5.19 9:54
子供は自立して、しばらく都内一戸建てに、一人暮らしをしていました。
家族と自分の荷物は、いつかは処分しなければいけない訳で、、、
オリンピック前に、やるべきだと考え
2019年秋から、一念発起、頑張りましたよ。

大手不動産会社へ、家の売却依頼。
買い手がついて、断捨離開始。
次の居場所は、考え抜いた末に、賃貸マンションがいいと思い
保証人なし、礼金なし、みんなで協力したいながら暮らしていく、多世代シェアハウスに決めました。

荷物は、ネットのジモティーとメルカリで、ほとんどの物を売り切りました。
すごい身軽になりました。

2020年4月に、東京郊外に引越しをして、もう1ヶ月経ちました。
便利なのに、自然がたくさんあるところ、川も山もあり、癒されます。

今は、自粛の時なので、どこへも出かけられませんが
同じマンション内では、当番でやることがたくさんあります。
夕食を全員分を作ったり、庭の手入れ、掃除、などなど。
30代、40代のファミリー中心のシェアハウスです。
周りに赤ちゃん、小学生、中学生がいるのは、活気があって明るくなります。

老人ばかりの施設では、味わえないような、前向きに生きていく暮らしがあります。
ぜひ、皆さんにもオススメしたい新しい暮らし方です。
☆ 福 老(ふくろう)ごろちゃんゆりかもめ流星チャコふぐのひれ酒nobuoジャムショペロシーホースーY 12人がいいねと言っています
コメント
nobuoさん
nobuo さんのコメント
2020.5.19 17:16
多世代シュエハウス・・・いいですね
若い方たちの中での 日々の生活・・・若返りますね
理想的っす。
0人がいいねと言っています
なごみさん
なごみ さんの返信コメント
2020.5.19 18:19
nobuoさん
久しぶりです。
これから、ブログを更新していくつもりです。
シェアハウスの暮らしぶりをアップしていきますね。
0人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2020.5.19 13:05
お初です。
高齢者の終の棲家に戸建て住宅よりも
マンションの方が何かと安心かも知れませんね。
鍵ひとつで管理できるし、比較的地震や台風などの自然災害にも
強そうですからいいと思います。
0人がいいねと言っています
なごみさん
なごみ さんの返信コメント
2020.5.19 15:32
シェアハウスなので、共用の、大きな設備の整った
キッチン付きリビングがあります。
憩いのサロンもあります。

夕食は、週2回くらい、当番の人が作ってくれた手作り料理が食べられます。
家事と育児をみなで協力をする暮らしです。
私は、まだ孫がいないのですが、可愛い赤ちゃんを見ていると癒されます。
1人がいいねと言っています
チャコさん
チャコ さんのコメント
2020.5.19 11:10
いい決断ですね。 多少とも財源と体力に余裕があるときになさるべきですね。

自然の成り行きを見つめての生き方が一番幸せです。 
0人がいいねと言っています
なごみさん
なごみ さんの返信コメント
2020.5.19 15:23
一番の幸せは、自由でいることですね。
0人がいいねと言っています
ごろちゃんさん
ごろちゃん さんのコメント
2020.5.19 10:47
よく思い切りましたね。その決断、すごいです。きっとまた新しい人生が開いていき、生き生きできますね。期待してますよ。

人それぞれの幸福を追求すればいいんですよ。おいらも一人ですが、まだやることがあるんで、こにままで頑張ります。
0人がいいねと言っています
なごみさん
なごみ さんの返信コメント
2020.5.19 10:55
歳をとってからの環境の変化は、大変だと思いましたよ。
少しでも若いうちに変わった方がいいと感じました。

ボランティアで、シニアのデイケア施設でのお世話ぶりを見ましたが
尊厳を失うような扱いをされているのは、人生の最後に悲しいと思いました。
かと言って、お客様扱いをしてくれる高額の施設に入れる訳もなく
誰とでも対等に暮らしていける、自分の得意なことで人の役に立てるところを
見つけました。
1人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2020.5.19 9:58
素晴らしい決断ですね
年代の違うシェアハウスは良いかもしれませんね。
いろいろな選択肢があるので、自分に合ったものが一番でしょうか
0人がいいねと言っています
なごみさん
なごみ さんの返信コメント
2020.5.19 10:05
老後は、都心が便利で一番いいと思い込んでいましたが
そうではないことがわかりました。
山手線沿線に住んでいましたが、やはり人工的なものばかりでした。
川のせせらぎ、鳥のなき声、そして、、、若い人たちとの暮らし
素晴らしい選択肢を選んだと、実感をしています。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!