メニュー
ゲストさん
ジャムさんの投稿

小さな発見(クローバーに付いて)

ジャムさん
ジャム さんのブログ[カテゴリ:ランニング
2020.5.19 22:09
本日ホームコースの河川敷を36分程ジョギングして、整理体操中にまた四つ葉のクローバー
を発見しました。
それも、二つ並んで有りました、その近くにも1本有り計3本見つけました。
◎2本並んでの四つ葉

◎もう1本の四つ葉

四つ葉を見つけた後で、赤花のクローバーと白花クローバーで花の付き方に違いが有る事を
発見しました。
それにしても、私達の子供の頃は白花のクローバーしか見かけなかったのに、何時頃か
赤花のクローバーを見かけるようになり、最近では赤花クローバーの方が多く見掛ける
ようになりました。
◎赤花クローバー(葉っぱの直ぐ上に咲いています)

◎白花クローバー(茎を伸ばしてその先端で咲いている)
ヨシよし飛翔コキリコふぐのひれ酒白詰草ハニーちゃん慈恩夜来香蒼秋桃花 23人がいいねと言っています
コメント
gamisanさん
gamisan さんのコメント
2020.5.20 18:12
白と赤、花の付き方が違う、すごい観察力ですね。
四葉のクローバー、時折探しますがここ数年ダメです。
1人がいいねと言っています
ジャムさん
ジャム さんの返信コメント
2020.5.20 19:11
コメントありがとうございます。
2年連続で赤い花と白い花両方で、四つ葉のクローバーを見つけましたので、
花を見てみると何か違う感じがした為に、良く見ると花の付き方に違いが
有ることを、発見しました。
0人がいいねと言っています
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2020.5.20 9:42
四つ葉のクローバーは
1個見つけたら近くによくあるらしいですね。
ぼくは見つけるのは苦手でっす。

赤いのはシロツメクサとは別の赤爪草(ムラサキツメクサ)じゃないでしょうか~?
葉の状態や花の付き方がどうも違うように思いますが…
変わり種のシロバナアカツメクサもあるようです。
1人がいいねと言っています
ジャムさん
ジャム さんの返信コメント
2020.5.20 13:19
コメントありがとうございます。
赤い花の和名は、赤詰草(アカツメクサ)=ムラサキツメクサですね。
和名の詰草=クローバーは、詰草の語源は物を輸送する際に物と物の隙間に
乾燥させたクローバーを詰めたからだそうですね。
1人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2020.5.20 5:49
四葉がすぐ何枚も見つかるのはラッキーですね
その根っこをうまく掘り、移植すると5枚のクローバーが
出てくるとか聞いたことがありますが、本当か嘘かは定かでありません(^^♪
赤いクローバーはこちらでは今のところ見当たりませんね~
実際に見てみたいと意欲が湧きました(^^♪
1人がいいねと言っています
ジャムさん
ジャム さんの返信コメント
2020.5.20 13:11
コメントありがとうございます。
昨年は、5枚のクローバーを見つけましたが、今年は見つけられません。
赤い花のクローバーの方が、草自体は弱いそうなんですが、繁殖力は旺盛で
白い花のクローバーを駆逐する勢いで、繁殖して居ます。
0人がいいねと言っています
白詰草さん
白詰草 さんのコメント
2020.5.19 23:00
こんばんは

ラッキーですね。
赤花と白花のクローバーでは葉も違うんですね。
初めて知りました。
1人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2020.5.19 22:58
紫っぽいクローバーは、確かアカツメグサとかいいませんでした?
確かに最近よく見かけますね。
白っぽいのは、昔からあるシロツメグサですね。
1人がいいねと言っています
ジャムさん
ジャム さんの返信コメント
2020.5.20 13:05
コメントありがとうございます。
指摘の通りですね、詰草=クローバーですね。
詰草の語源は、今のプチプチと同じ様に荷物を運ぶ際に、物と物の隙間に
乾燥させたクローバーを詰めたから、日本では詰草と呼ぶようになったと
Webで語源を調べました。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2020.5.19 22:29
へえ~、なかなか気づかないことですねー。
1人がいいねと言っています
ジャムさん
ジャム さんの返信コメント
2020.5.20 13:20
コメントありがとうございます。
私も、初めて気が付きました。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!