メニュー
ゲストさん
ϐnEX yVI[lbg
しょうくさんの投稿

もしもし亀よ・・・

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2020.6.7 7:43
6月7日(日)
 今朝窓際温度計は、23℃、湿度66%、曇り。今朝の風は涼しく感ずる、何かホッとした気分。神奈川県下のウイルス感染者、一ケタとは言うが、まだある、もっとも半数くらいが病院の医師など、医療機関、相当厳重に防御してるのだろうけど、virusは何とか忍び込んできてるのですね。見えない奴はコワイ。

 水辺を歩いていたら、亀に出会った、水の中の居心地が悪いのか、何やら水から上がって、さて餌でも探すのかよくわからない。
 貴公(亀公)何処より参られたか、と聞いても答えるわけはないが、何となく、ミシシピーアカミミガメ的な感じがする、夜店などで小さな小さなのをよく売っていたが、池などの放されて此処迄大きくなったのかもしれない。

 よく見ていたら、直ぐ近くにも何やら集まっているのも見つけた、結構たくさんいるものだ、やや大きな池なのだが、普段注意して見ていなかったためか、それとも陽が射し始めて、何やら丘へ集団で上がってきているのかわからないが、何やら集合してる様子だった。
 鎌倉時代の話、鎌倉の治安維持のため、寛元3年(1245)夜には鎌倉の辻々にかがり火をたき、住人が順番で夜回りをし、住民はたいまつを用意しておくように、そんなお触れだ出されたという記録がある、夜討などがあったときはたいまつを手に集まるように、そんなお触れがされた記録を見つけた。

 池の中を見ていたら、カメ?と思ったら鯉でした、何やら人が近寄ったら餌でもくれると思ったのか、大口を開けて寄ってきましたが、こちらなにも持ち合わせはなく、彼もがっかりした様子で、池の底を向いて行ってしまいました。

 鯉が去ったと思ったら、今度こそ、亀君が寄ってきましたが、もちろんエサなどなし、水に潜っていってしまいました。
 さて、コロナウイルスの方、あたらしい患者が出てきている県はだいぶ減ってきましたが、東京・神奈川などはまだ出てきていますし、油断はなりません。
 蔵星(クラスター)にならぬよう、どうやら夜の世界では、まだまだ増えてくる気配もありそうで、心配ではありますが、若い人たちは、まだまだ夜の愉しみはそう簡単にはやめられないのでしょうね。
 少し俳句つくりをさぼっているので、今日あたりからまた少し作ってみようかななどと考えてます。少し空模様が危なげになってきましたが、予報では雨ではないのですけどね・・・・。
 カメーマセン、とも言っておられません、空模様次第で、遠くまで歩くかどうか・・・。
信々亭Agelessboyコキリコ天狼シーホースーYマー子ひと山ポムスnobuoチャミィ 22人がいいねと言っています
コメント
gamisanさん
gamisan さんのコメント
2020.6.7 20:54
亀は「神聖」な生き物。飛鳥時代の古墳から「玄武」(亀と蛇)が描かれています。
それに亀の甲羅で占いをしたとか。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2020.6.8 4:59
亀はやはり神聖なものと意識されてたのでしょうかねー。
亀の甲羅を焼いて、その割れ目での占い、よく知らないけど聞きますね。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2020.6.7 12:03
こんにちは 

亀 ほとんどの種類は 北海道の寒さで 北海道では 生育できないようですが 
ミシシッピアカミミガメが さっぽろで 生き続けていることがわかりました 

順応性が 高いのだそうです 
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2020.6.7 13:46
大分あちこちで、まあ人間が運び込んだのでしょうけどね。
小さなときに夜店で買ったのが放されたのでしょうね。
0人がいいねと言っています
ひと山さん
ひと山 さんのコメント
2020.6.7 9:34
「池の水、全部抜く」とか言うタイトルのテレビ番組があります。いろんなところから
依頼を受けて、大掃除をするのです。

様々な収穫?物が、干上がった池から上がってくるのですが、亀は多いですよ。
大きいのや小さいのや。しょうくさんがご覧になった亀君も、あれらの亀たちと
同様に捨てられた生き物のような気がします。

総じて外来種の生物(亀ばかりではなく)が多いのですが、稀少な在来種が見つかって
出演者一同が大喜びしていることもあります。飼えなくなったと、こっそり捨てるのは
問題ありあり、ですね。在来種を餌にして成長したりするから。

と言って、殺せるか、たしかに難しいでしょうねぇ(ー_ー)!!
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2020.6.7 10:13
池の水抜いたら、相当の種類が見つかるでしょうね。
家で小さなときは飼って居て、大きくなったら手近な池などに放す、これで結構外来種がはびこるんですね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2020.6.7 9:05
山﨑川にはいたるところで見かけますね。

ところがこの川には、何と大きなスッポンもいるんですよ。
何年か前にブログにアップしたら、「京都のなんとかいうスッポンやさんに
見つからないように、言っとくれやす」と
ぎ~やんさんからコメントをいただきました。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2020.6.7 10:10
ちょっと見ただけで、スッポンかどうか、判定できませんでしたが、どうもスッポンではなさそうでした、たしかにスッポンだと、食べられちゃいますね、われわれ人間、結構野蛮で、雑食の典型ですからね。
 そういえば、京都でスッポン食べたことあります、雑食ですね、私も。そういえば岐阜にいたときは、ナマズ結構たくさん食べたな、もちろん鮎の方が多かったけど・・・。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2020.6.7 8:31
ブラックバスにしてもそうですが、観賞用に飼ってたのが置きくなり過ぎて、手近なところへ
放つのが多過ぎます。飼えないなら飼うなと言いたいし、国内に持ち込むのを厳しく制限しな
きゃ駄目だと思います。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2020.6.7 8:34
あまり良く観察した結果ではないのですが、どうも外来種の亀らしかったですし、その類のばかりの様子でした。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!