メニュー
ゲストさん
海食崖さんの投稿

Road

海食崖さん
海食崖 さんのブログ[カテゴリ:変化・岐路
2020.6.8 19:12
夕食を海沿いのレストランでとる

窓の外はポン・ポンと言う音と黄色の歓声

どうやら砂浜では、残った夕日の僅かな明りを頼りに、UCSBの学生がビーチバレーを楽しんでいるらしい

フィニッシュのデザートをいただいた後、海辺に出てみた

真っ暗な海に道が伸びている

引き込まれるように歩いて行く


(2014年撮影:サンタバーバラ)

食事で同席した内の一人で地元のスパニッシュ女性が、履物を手に持ち裸足でついてくる

どうやら、デコボコする木でできた道で、ヒールをひっかけない様に・・・らしい

殆ど見えない道の左右から、橋脚に当たる波の音が規則的に耳に届く

ずーと先まで歩いて行く

この道でいいのだろうか?
一の糸ジャムふぐのひれ酒真実一路nobuo信々亭しょうくチャコ伊織grahams 12人がいいねと言っています
コメント
一の糸さん
一の糸 さんのコメント
2020.6.8 20:17
この道どこに出るのだろう
彼女が付いてきているし
突如温泉マークが現れるとか、ないだろな。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2020.6.8 21:10
一の糸 さん 今晩は
コメント有難うございます

米国子会社に毎年様子を見に行ってましたが、現地社員の方々との夕食の後の状況です。
私が海に突き出た木の道を進んで行くので、一人のスパニッシュ女性が心配してついてきたというのが事実。
サンタバーバラ近辺はスペイン系の人が多く、安い人件費で雇用されているという実態があります。
因みに米国はハラスメントへの訴えが絶えない国ですので、今でいうソーシャルディスタンスでは無いですが、紳士的に対応します。
新型コロナや米国の相変わらずの人種差別問題、急激に変化してゆく社会情勢の中で、進むべき道は何なのか、暗中模索している状況です。
蛇足ですが、シンガポールならコメントされる状況はあるかも知れません。

真面目な海食崖
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!