メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

ツバメの巣と、大けがしたコガモ。

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:山崎川の自然
2020.6.8 23:15
ツバメの巣と、大けがしたコガモ。
 
先日、ネットで「ツバメの巣を壊すのは違法」との記事を読んだ。鳥獣保護法8条で、
「鳥獣を捕獲・殺傷したり、鳥類の卵を採取・損傷したりすることは、禁止されている」
そうだ。ツバメは「鳥獣」に含まるので、巣を壊すことはこれに違反し、1年以下の懲役
または100万円以下の罰金が科せられる可能性があるとのこと。
 都会では軒先にツバメが巣を掛けることは珍しいが、軒先に巣を掛けられると糞で軒下が
汚され、衛生的でないから巣を壊したりしたくなるのもわからないでもないが、ツバメの
ヒナがいたり、卵がある巣を壊せば、「ヒナや卵を捕獲・殺傷又は採取・損傷」したことに
なり、鳥獣保護法8条違反になる可能性があるそうだ。

 さてこの記事を読んで、山崎川下流域にある「ツバメのマンション」が気になった。
ここには巣が7個ほどあるが、昨年、その中の一つが大家さんによって壊された。どうも
出入りする戸口の真上にあったためらしい。
5月の10日ごろに行ったときには、残る巣の一つの真下に新しい糞が一杯積もっていて、
今年はすでに子育てが済んだ気配が濃厚だった。
 ところが日曜日に出かけてみたら、なんとツバメのツガイが交互に巣に出入りしてる。
どうも次の卵を産むための準備らしい。うれしかったねー、2番子らしい。




 うきうきした気分で中流域に戻りかけたら、干潟で1羽のコガモを見かけた。異常な
食欲。動きをじっつと眺めていたが、どうも右の翼がオカシイ。体から離れているようだ。

突然羽ばたいたが右の翼が全く開かない。

大怪我してる。
羽ばたくまえよりも右の翼が体から離れてしまってる。

必死に手入れしているが、ますます右の翼が体から離れて、もげそうだ。


2年ほど前にも飛べなくなって暑い夏を名古屋で過ごしたツガイもいた。今度はあまりに
ひどいけがで相方にも見放されたらしい。葦原の大半が失われた山崎川ではこの夏を超すのは
困難だろう。これほどまでにひどいけがをしたコガモは見たことがない。カラスとか鷹に
襲われたのか、浚渫工事中の重機に衝突したのか、理由はよくわからないが、自然界の
厳しさを目のあたりにした。

ちょっと落ち込んだ気持ちを岸辺の花たちが慰めてくれました。
ユリ;


ヤブカンゾウ;

タチアオイ;
ちぃ三日月丸ごろちゃんゆりかもめのぞみ姨捨山人信々亭しょうく天天真実一路 23人がいいねと言っています
コメント
ハニーちゃんさん
2020.6.9 10:53
おはようございます、
此れは酷いね、害を加えたのは人では無く猛禽なのかね?
余りにも残酷だね、
以前上野の不忍池で矢鴨を見つけて池のボート乗り場に
連絡したら動物園に連絡すると言ってくれたのに池の周りを
屯するホームレスが一言、前から刺さっていると言ったので
連絡を止めてしまいました、
私としては連絡して欲しかった、刺さった矢を取って欲しかった
のに、その後何も出来ない自分に情けなかったです。

前後しましたが最近#1~4の画像の燕の巣はこの辺では全く
見る事が無く成りました、絶滅した訳ではないのにね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.9 20:46
どうしてこれほどひどい怪我をしたのかは不明です。

しかし、いま思うと、いつもはまだ残ってるコガモが1羽もいなかった。
オオタカがたまにやって来るということだから、おそらくオオタカに
襲われたんじゃないか?って思いますねー。
大怪我したコガモは♂のようだから、これが身を挺して仲間を守ったんじゃないかって
思いたい……。

しかし、これほどの怪我じゃもう長くはなさそう……。

 山﨑川の中流域から下流域にかけては岸辺に葦やら草やら一ぱい生えてるから
虫は多そう。
 小さな干潟もあちこちにあるから、巣の材料の粘土や枯れ草なども
簡単に手に入る。
で、ツバメもあちこちに住んでる。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2020.6.9 7:13
おはようございますっ

矢がささった鴨が一事話題になりました。
人間のしわざでしょう。
そういうのも法律違反なんですね。
つばめの巣はうちの近くにはありませんが、軒下に
巣を作られたらどうなるのでしょう。
汚れちゃうのもたしかだし。

そーと他の場所に移動ってできないのかな。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.9 7:42
今回のコガモの大怪我は多分、自分でこさえた怪我だと思いますねー。

例えば高速で飛んでて、橋げたにぶつかったとか、コガモ同士で大げんかしたとか。
最悪はからす、鷹に襲われたとか。

もう助からないでしょう。

ツバメの巣の下に段ボールや新聞紙を広げれば、フン害は最小限に
抑えられるはずですが、人間の許容度・寛容度が著しく減ってきてることも
原因かもしれません。
0人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2020.6.9 6:23
ご近所さんの駐車場の軒先に巣を作った燕ちゃんは近所の人気者です。
車庫入りした車のボンネットには大きなビニールをかぶせてフン害から守っていますよ。
家主さんの人柄がわかりますね。

カモの傷はどうしてできたのでしょうね~
川べりのゴミにでも引っかかったのか、青大将に襲われたのか
手当もしてあげられないのは見ていて辛いですね。

つばめの巣ですが、私は年に数回は食べています。というのは中国料理の海つばめの巣ですけど。
滋養強壮には大変良いといわれて騙されているのかもしれないけど(^^♪
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.9 7:35
山﨑川ではツバメをあちこちでよく見かけるから、人気の居住地のようです。
なんせ巣の材料の土、草、葦などはすぐ手に入るし、
エサも多いし。

しかし一番大きな干潟がなくなっちゃって、ツバメたち、苦労してるでしょうねー。

コガモの大怪我、原因不明ですね・
翼がもげそうなほどのけがは見たことないです。
喧嘩でもしたのか、カラスなどに襲われてのか、橋とかに激突したのか……。

しかしもう長くないように思いました。

中国料理のツバメの巣は食べたことがないですね。
珍品とか。
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2020.6.9 5:30
燕のお姿にまだ接してないのは、武漢肺炎殺人菌を避けているのかも。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.9 7:30
京都は観光地故に、フン害を嫌うヒトが多いのかもしれません……。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2020.6.9 5:09
おはようございますう
わが家近くで、燕を見なくなりました、居心地が悪いのかもしれません。
藪萱草まだ花を見かけません。早いですね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.9 7:30
都心ではツバメの巣が減ってるというデータが出てましたねー。
ツバメへの寛容度が落ちてるんでしょうねー。
それとコンクリで固めてしまったから巣の材料が手に入らなくなってるのも
原因かもしれません。
0人がいいねと言っています
姨捨山人さん
姨捨山人 さんのコメント
2020.6.9 4:58
お早うございます。
はるか南の島からくる遠来の客を、人間のご都合で苦労して作った巣を壊すのは可哀そうですが、人への迷惑を考えると悩ましいことではあります。
可哀想なカモ、保護することは出来ませんかね。ここからは祈るしかありません。
重苦しい気持ちも、花で癒されました。
今日も良い日でありますように。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.9 7:28
ツバメの巣の下は糞が一杯になることは事実です。
そこで段ボールで受け皿を作ったり、新聞紙を敷いたり、
いろいろ工夫してるみたいですが、だんだん、共存が難しくなってるようです。

コガモはここまでひどい怪我だともう助けるのがは難しいでしょう……。
1人がいいねと言っています
ちぃさん
ちぃ さんのコメント
2020.6.9 0:08
夕方になると前の畑にツバメが3〜4羽やってきて土を持って行っているようです。
そして虫を食べているのかすごいスピードで飛び回っています。
近くに巣があるのでしょうか。

コガモは心配ですが、どうしてあげることもできないのですよね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.9 7:25
山﨑川には干潟があり、ツバメがよく土をとりに来てます。
そして葦原には虫が一杯いるようで、葦原をかすめて何度も往復してます。
川沿いに何個巣上がるのか、分からないくらい多いですねー。

しかし一番大きな葦原がなくなっちゃって、エサが激減したんじゃないかと
心配してたんです。私が観察してる巣では2番子を育てる準備に入ったようです。

コガモはどうしようもないですね。堤防が高くて降りられないし……。
1人がいいねと言っています
くりちゃんさん
くりちゃん さんのコメント
2020.6.8 23:48
こんばんは!
 子ガモちゃん 怪我した原因が分かりませんね
  元気になって と 願うばかりです
   岸辺の「お花さん」達も見守っている事でしょう。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.8 23:55
これほどひどい怪我をしたコガモは見たことがないですね。
この夏を超すどころか、もう長くもないように思います。
怪我をした鳥はカラスやタカなどにも狙われるし……。
コガモじゃあまり長い時間、水に潜れないし……。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!