メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

生きてたコガモとツバメの雛たち.

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:野鳥
2020.6.16 9:06
生きてたコガモとツバメの雛たち.


先日、右の翼を大けがしたコガモ(♂)の写真をアップしました。もう長くは生きれれ
ないんじゃないかと書きました。心配で15日に行ってきました。先日見つけた場所と
あまり離れていない石場で休んでました。


大きなアカミミガメが集まってますが……。心配しているのでなくて、狙っている可能性も……。

 一方明るいニュースも。1週間前に抱卵していてツバメの雛が孵りました。4羽です。



そんなに乗り出すと、巣から落ちるよ。

ちゃんと上げるから

トンボを与えたようです

すぐに戻るからね 


中流域ではカワセミ親子も。
親からエサをもらっているシーン;

若いからじーっと止まってます。♀です。




アクロバティックな姿勢を見せるゴイサギ

ササゴイはこんなところで狩りをしてました

こんな花も咲いてます。


キウリの花


何とか生をつないでいる鳥も、若い命が育ってる鳥も。
悲喜こもごもです。
信々亭Agelessboyたねしょうくあゆむnobuo千恵チャコ真実一路ふぐのひれ酒 20人がいいねと言っています
コメント
ちぃさん
ちぃ さんのコメント
2020.6.17 23:31
姿を見たこともない鳥さんたち、バッチリ撮れててすごいです。
川面に映るトリさんのショットいいですね。
コガモちゃん、元気で過ごせるといいのですが。。。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.18 7:44
真面目に何年も通ってると、そこそこ面白いシーンに
出会えるようになります。

これまでも北に帰れなくなったコガモは度々見てますが、
ここまでひどいけがをしたコガモを見たのは初めてです……。
0人がいいねと言っています
ハニーちゃんさん
2020.6.16 19:12
今晩は、
大怪我をした子鴨ちゃん怪我が回復して良かったね、
逞しく成って欲しいね、
此方で燕は見なく成りました、
生き物の子育てし逞しいね、能有る筈の人間は劣る事、
此れは山崎川?
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 21:05
羽が折れたコガモ、直ることはないでしょう……。
芦原も~8割ほども刈られてしまったから、この夏を越せるかどうか……。
それが自然界の厳しいところですね。

ツバメは中流域から下流域にかけてよく見かけますね。
巣まで確認してるのは1か所のみです。
0人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんのコメント
2020.6.16 15:31
コキリコさん、こんにちは。

野鳥たち、どれもグッドショットですね!
今この季節の水辺の命溢れる様子が伝わってきます。

羽を痛めたカモが元気で良かったけれど、こんなにたくさんの大きな亀たちの傍にいて大丈夫?
まだまだ心配になりますね。

燕のヒナの口の大きいこと!
体の半分あるんじゃない?

美しいカワセミもバッチリ!
コキリコさんの親戚? 兄弟? ササゴイ君も元気で嬉しそう・・、素晴らしい夏の日。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 20:56
1週間前に気づいたきっかけは異常な食欲。
あれっと思って観察してたら右の翼が折れてる。

以前にカルガモの雛が一晩で4羽も減った時、犯人はイタチとも
カメ(多分スッポン)ともカラスとも、アオサギともいわれてた。

アカミミガメがコガモを襲うとは考えたくないが、可能性はゼロではないでしょうね。

小鳥の雛は口が体の半分以上もあるんじゃないかと思うほど
大きな口をしてますねー。
元気な雛ほど体を乗り出すから巣から落ちるのも出てきます。

ササゴイ、昨年は多かったが、今年は浚渫と葦原の伐採で
水鳥が激減です。
多分、この一羽のみ。
これが私の弟分です。夏のアバターに採用しました。
1人がいいねと言っています
くりちゃんさん
くりちゃん さんのコメント
2020.6.16 12:56
こんにちは!
 小鴨ちゃんも 燕の雛ちゃんも よく頑張っていますね
  此れで 「コキリコさん」も一安心 出来ますね ヨカッタ ヨカッタ。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 20:48
このコガモ、食欲は大丈夫なようです。よく食べます。
しかし泳ぐことしかできないから、天敵に狙われたら、お終いでしょう。

まあそれも自然界。成り行きに任せるしかありません。
0人がいいねと言っています
千恵さん
千恵 さんのコメント
2020.6.16 11:53
コガモが生きていたのですね。
ほっとしましたが、これから生きていくのは
大変でしょうね?餌を自分で取ることが出来るのかな?
羽が再生するという事はないのかな?
などと考えてしまいます。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 20:46
泳ぐことしかできないから、オオタカのような天敵に襲われたら、
逃げられないでしょうね。

このコガモに気づいたのは異常な食欲から。食べることは大丈夫なようです。

羽は多分、付け根から折れてるから直ることはないでしょう。
葦原の~8割がなくなっちゃったから、この夏を越せるかどうか……。
0人がいいねと言っています
nobuoさん
nobuo さんのコメント
2020.6.16 11:27
小鴨良かったっす・・・何とか餌も食べて・・・早く羽が治ればいいんですがね
小鳥の、生まれたての雛はまるで、口ばかりが目立ちますね
親鳥が巣に帰ると 一斉に大口あけて騒ぐ様は可愛いもんっす。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 20:44
翼を傷めたコガモ、食欲だけは異常に旺盛なようですよ。
しかしオオタカのような天敵に襲われたら逃げようがない。
葦原も8割がたなくなっちゃったから、この夏を越せるかどうか……。

ツバメに限らず鳥の雛は口だけ異常に大きいですね。そのうち体にに合った
大きさになっていくんだから、不思議なものです。

そういやnobuoちゃんちのセキレイ、今年はどうですか?
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2020.6.16 10:36
生きるために必死ですねぇ、ツバメの話を子供たちに話す日は、今年はどうかなあ。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 20:40
ツバメも、雛に与える虫が、柔らかいものから固いものに変わっていく話など
していただけると、子どもたちの興味もわくと思いますねー。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2020.6.16 10:12
凄い生命力ですね、鳥にとって翼は欠かせぬ生活用具、すごい、頑張れーと応援したくなりますね。
燕も順調に子育ての様子、ササゴイ、やはりすごい、こちらではなかなか見られない、このところ我が家近くの川、ほとんど鳥に出会えません、たまに、スズメが水浴びしてるくらいです。
燕のスダチももう直ぐですね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 20:38
1週間前に目を付けたのはこのコガモの異常な食欲。
あれっと思って観察してたら、右の翼がだらんと下がってた。
しかし泳ぐことしかできないから、天敵に襲われたら、お終いでしょうね。

ツバメは和菓子屋さんの軒先の「マンション」(と私は呼んでます)のなかの
一つの巣で子育て中。今年さいしょの雛は隣の巣で育てました。
2番子はその右隣の巣。巣のほぼましたでカメラを構えていても慣れたもの。
平気でエサを運んできます。

ササゴイ、昨年は多かったが、今年は1羽のみみたいです。
干潟を浚渫し、葦原を8割がた、刈っちゃったからね。
0人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2020.6.16 9:11
小動物の世界も生存競争ですね
亀でも凶暴になるときがありますから、集団で襲われたら
ひとたまりもないでしょう(^^♪

燕のひな 可愛いものですね(^^♪
無事に飛び立ってほしいものですね
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.6.16 20:31
平和のように見えても、山崎川も自然界。
時には残酷なシーンに出会うことも……。

コガモの雛なんて最たるもの。
半分のこったらいいとこです。

ツバメの雛も、時々巣から落ちるのもいますね。
まあそういうのも見越して卵を産んでるんでしょうが……。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!