メニュー
ゲストさん
capoさんの投稿

懐かしい車を見かけました。

capoさん
capo さんのブログ[カテゴリ:三田呂の日記
2020.7.3 10:36
  先日のこと、近所の作業所の前で懐かしい車を見かけました。1970年代の初頭に売り出された三菱のトラックでキャンターといいます。現在も走っている現行車両です。私が乗っていたのは三菱重工製の車でしたが、その後三菱自動車、三菱ふそうと製造元が変わっていったようです。

  学生時代に大手の運送会社にアルバイトで、運転経験一年以上の条件付きで採用されて都内の営業所間の配送に走り回っていました。雑貨が主の配達業務でしたが、積み卸しも一人でやらなけねばならなかったのでかなり大変でした。特に夏のお中元の時には、個人宅の配送もやらされ、ビール券という便利なものはまだ普及していませんでしたから、大変でした。ビールの大瓶二箱を担いで、エレベーターのないビルの上り下りは足がガクガクしました。
  おかげで、北海道一周の旅費を稼ぐことができました。今となっては良い思い出ですが、宅配の皆様の苦労がよくわかります。

真由りょうジャムnobuo 4人がいいねと言っています
コメント
りょうさん
りょう さんのコメント
2020.7.3 13:06
こんにちは‼️
懐かしいですね〜
私が入社した時にありましたね〜
それとトヨタダイナが一台これはガソリンエンジンでした。
当時は積載の規制もそんなに厳しくなく、2t車に倍の4t近く積んでました(もちろんドライバーにもよるけどね(笑))
0人がいいねと言っています
capoさん
capo さんの返信コメント
2020.7.3 21:16
こんばんは  りょうさん

 初めまして、capoです。同じ頃に四角い顔をしたトヨエースもありました。本当に懐かしいです。燃料はガソリンでした。ディーゼルもああったようですが、スピードが出ないのでみんな乗りたがりませんでした。
 私が乗っていたのは1トン半だったと思いますが、積載量を気にしたことはありませんでした。
0人がいいねと言っています
ロメオさん
ロメオ さんのコメント
2020.7.3 11:26
capoさん。今日は。
三菱の車は乗った事がありませんが、三菱デボネアの設計者ハンスブリッツナーは妻の友人でした。
トヨタ自動車工業の専務にパーティーで紹介されたとか。妻から見ればオジサンでしたが。
家にも日本に来ると遊びにきました。一度は元北米日産社長MR・K事、、片山豊氏も呼び話が盛り上がった事もありました。懐かしい。彼はフェアレディーの生みの親です。
MR・Kは未だ彼が日産広報課長の頃から、車のクラブでお目にかかっています。
1人がいいねと言っています
capoさん
capo さんの返信コメント
2020.7.3 21:10
こんばんは  ロメオさん

  私は三菱の車には、このキャンター、ランサー、ギャラン、デボネアに乗ったことがあります。最初に関係した会社が三菱の関係でしたから仕方がありません。個人的には日産とスバルの車が好きです。また今はなくなりましたが、いすゞの車の乗り心地が良かったです。
1人がいいねと言っています
森のたぬき♂さん
2020.7.3 11:24
こんにちは

これはギリギリ、パワステ?ですか??

三菱で思い出すのは、ジープ。

逆コラム、だったんです。
コラムシフトのパターンが、一番押し込んで、下、そこが 1速。それから、手前に引き上げてシフトアップするヤツ。

細いステアリングで、ホーンはコラムに別なレバースイッチがついていて。

歳がバレますね。
0人がいいねと言っています
capoさん
capo さんの返信コメント
2020.7.3 21:02
こんばんは  森のたぬきさん 

 はじめまして、capoです。ハンドルはパワーではありませんでした。エンジンはガソリンで2000ccだったと思います。ギアはフロアータイプでした。ギアパターンが変わっていたので、初めは戸惑いました。
 ハンドルの重さはいまの車から比べるととんでもない重さでしたが、大型の免許を取った時のトヨタのボンネットトラックも大変な重さでした。据え切りなんてとても出来ません。切り返しには汗びっしょりになったことを思い出します。今のハンドル軽さは急にエンジンが停止したときを考えると、便利さの反面怖いですね。 
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!