メニュー
ゲストさん
ϐnEX VjASk
いのうえさんの投稿

私はどこに

いのうえさん
いのうえ さんのブログ[カテゴリ:人生について
2020.7.7 9:42
老人になり、生活範囲が狭くなる。
私の場合は、ほぼ引きこもり。
自分と家族中心の生活。

一番大事なのは、自分。
と言いたいところだが。

私は、自分などないと考えている。
自分や私というものは、この世にない。
自分がないから、自分が大事というのもありえない。

自分はないが、家族はある。
私の外界は、目で見えるありのまま。
これらは感じることができる。

なぜ、そのように考えるようになったのか。
それを書こうと思う。

40年以上、瞑想を続けている。
最近は、瞑想する時間が増えた。
暇になったのだ。

私の瞑想は、自己流。
その時その時でテーマは違うが、
自由連想で解決法を見つけてきた。
瞑想中は良いアイデアが浮かぶ。
人生を乗り越えるのに、とても役に立つスキル。

瞑想していると、
様々なイメージや観念が浮かんでくる。
いろいろな思いが現れては消える。

身体や肉体はしっかりと感じる。
呼吸と心臓の動き。
しかし、
私や自分というものは、どこにも感じない。

思いは、言葉の操作ともいえる。
一部、画像などイメージも入る。

言葉の世界は、ほぼ仮定や概念や抽象。
そこに実体はない。
マボロシ。

自分なるものを考えると、
そこもマボロシが詰まっている。
過去の思い出や連想。
これなど、完全に、マボロシ。
ほぼ、私の好みで作り上げた世界。
実体はない。

例えば、私は、10歳から50歳まで吃音。
吃音にまつわる記憶がいっぱいある。
とてもいい加減であいまい。
フィルターがかかっている。
当時の実感をそのまま、ありのままに、
再現できるわけではない。
脳の記憶力の限界。
ゆがんで変形している。

記憶の一番大事なところは、
例えば、愛や吃音やボランティア。
これらも、ほとんどが、
体験したと、信じ込んでいる思い出。
実際の現実とは、ほど遠いだろう。
偏執的なバイアスがかかっている。

この偏執こそ、私、そのものと、
言えないこともないが、
それもまた違う。
そうでない自分もいる。

このように自分や私は、
私にとっては、ほぼ謎。
分からないことばかり。

世の中に、自伝を書く人は多い。
自分のことを分かっているのだろうかと、思う。
思い込みたい、そう信じたいことを
自分の経験だと、誤解しているだけだろう。

瞑想中に、
いろいろなことを思うが。
一つ一つ、まさに、連想や刺激への反応にすぎない。
それは、意識の流れのようなもの。
私とは言えない。
譬えていえば、肉体固有の反応。

どこをどんなに探しても、
私はいないのだ。

庭に雨が降っている。
見える世界は、私の世界ではない。
私の所有物ではない。
私とは全く異なる世界。
私と切り離された別次元。
私にしか見えないこともあるが、
それはわずか。

肉体のイノチは感じるが、
私のイノチは感じない。
私はどこにもない。

つづく
紀らら 1人がいいねと言っています
コメント
愚図爺爺さん
愚図爺爺 さんのコメント
2020.7.7 10:38
こんにちは、日記を読ませて頂きました。
家族はあっても自分や私は無いと記述されていますね^^確かにそうかの知れませんが、見方を変えた
ら貴方様が有って事家族や周囲も有るのでは無いでしょうか??しかし身内や家族は大切です。
我が息子も難病の1つである病に侵され、何とか成人し結婚もでき有難く思います。結婚は難しいと思
っていたし嫁さんになる方に何度も聞いてしまったものです。でも聞き入れてくれて有難い。
要望は無く2人が楽しく人生を楽しんで貰えればと思う爺婆です。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!