メニュー
ゲストさん
姨捨山人さんの投稿

御嶽山慰霊登山-(2)

姨捨山人さん
姨捨山人 さんのブログ[カテゴリ:登山
2020.9.1 17:52
 分岐から二ノ池へと向かいます。以前はコバルトブルーの美しい二ノ池も今は写真の通り灰色の火山灰と土砂で埋め尽くされています。写真に写っている石は噴石です。こんな石が空から降ってきたらひとたまりもありません。


 湖畔の新しくなった開業2年目を迎えた「二ノ池山荘」も今シーズンは休業です。売店、トイレ、作業員の宿泊、短時間の休憩、避難施設としての開設などのサービスは行っているとのこと有難いです。二ノ池山荘は噴火ばかりでなく、大規模な雪崩の被害も受けています。植物の影は殆どありません。

 二ノ池山荘の前を通り宿泊する新館の「二ノ池フュッテ」へ向かいます。ほとんどの人が日帰りのピストン登山の中で、私が宿泊を決めたのは、コロナ禍などで宿泊者が少ないという情報を事前に得ていたことと、宿泊が営業の一助になればと思ったからです。
 案の定、平日とはいえ登山者は私一人、小屋の修理の作業員2名の計3名。御嶽山最大の収容人数(250名)を誇る山小屋としては何とも淋しい。当然個室の宿泊になります。


 夕食時も、朝食時も気温は一桁。ストーブを背に食事です。小屋に到着した時は真っ青に晴れ渡た空でしたが、就寝ごろから風雨が強くなり、夜半までそれは続きました。これが山の天気です。朝食後昼食のおにぎりを作ってもらい、二ノ池山荘を経て頂上への分岐まで戻ります。写真は夕食の食事です。この後お替りのお櫃も加わります。私はこれで十分。フュッテの上と下の風景も載せておきます。緑を見るとホッとします。




 ニノ池へ戻ってきましたが、以前の池を見ているものとして、どうしてもカメラを向けたくなります。中央の奥には頂上が小さく見えます。霊神像に手を合わせ、池の右手を頂上に向かう登山道もありますが、拘って頂上とニノ池分岐まで戻り、頂上へ向かいます。


 頂上へ登ります。しばらく登るとニノ池からの合流点に逢います。上から見るニノ池に再びため息が出ますが、この景色は今だけしか見れない光景ですからシッカリ自然の大きな力を見ておきたいと思います。

 草木の生えない火山独特の景色になってきました。右手下に目をやれば被害が少なかった緑に囲まれた三ノ池が見えます。


 もうひと踏ん張りで頂上です。肉眼では御嶽神社奥社の鳥居も見えます。

左手下には「王滝山頂山荘」が見えます。王滝山頂までの規制は解除されましたが、八丁ダルミから先は規制解除にはなっておらず、剣ヶ峰へは来れません。王滝登山口から登られた方は、王滝山頂から引き返すことになります。

 頂上直下には3基のシェルターが設置されていますが、すぐ上には何百トンもの石があり大丈夫かなと思ってしまいます。奥社に上る石段を神職の方が掃除されていましたが、雨の降った翌日は火山灰がこびりつき掃除が大変と嘆いておられました。

 頂上神域には、慰霊碑、御嶽神社奥社、頂上標識、三角点があります。



 奥社の前で噴火の犠牲者の冥福を祈り、是からもお山が私たちを優しく迎えて下さるよう黙祷しました。不謹慎で躊躇しましたが恒例の三角点タッチをしました神様はお許し下されるでしょうか。



 頂上から下を見ればまだまだ復興には時間がかかるように思います。更に社務所側の下を見れば噴煙(水蒸気)は見えませんが火口の一部を見ることが出来ます。


 下山の途中で嬉しいことがありました。石室山荘の横の登山道が修復出来、山荘の中を通らず、上り下りが大変楽になりました。作業員の皆様ご苦労様でした。写真の左手が石室山荘です。

 
 無事下山できましたが雨後のため丸太の階段を下りる時、変な筋肉を使ったせいか一晩で回復する筋肉痛が3日かかりました。

 ここで、御嶽山の宣伝をさせて下さい。「山は富士、嶽は御嶽」と言われ、日本一の山は富士、日本一の嶽(タケ)は御嶽(オンタケ)といわれ、各地にある御嶽は(ミタケ)と読み(オンタケ)と読むのは木曽の御嶽だけです。
 又、ニノ池は日本で一番高い所(2,905 m)にある湖です。独立峰としては富士山に次ぐ第2位であることもあまり知られていません。
 書き足りないこと、見て頂きたい写真、ニノ池フュッテオーナーの高岡ゆりさんのこと 御嶽教、御嶽講、まだまだあるので未消化ですがまたの機会という事にしておきます。まだ登ったことのない登山口からも登ってみたいという希望もあります。
一の糸真実一路真由ホテイランふぐのひれ酒飛翔ジャム伊織海食崖チャコ 17人がいいねと言っています
コメント
ふるちゃんさん
ふるちゃん さんのコメント
2020.9.2 8:17
姨捨山人さん おはようございます
御嶽山といえば私はもしかすると・・というようなことがあります。
噴火の日、友人とどこか紅葉を撮りに行こうと約束をし、どこへ行くかその前日電話で
話し合いました。私は御嶽山に行きたいと、友人は駒ケ根の宝剣岳カールにしようと意見は
食い違いましたが、結局宝剣岳に決めました。
当日、宝剣岳カールの中腹で昼食をとっている同時刻に噴火していたこともし知らずに・・・。
午後、そろそろ帰ろうとロープウェイの駅に着いたところ、御嶽山が噴火して死者も出て
いると大騒ぎでした。
血の気が引いてしまいましたよ。
1人がいいねと言っています
姨捨山人さん
姨捨山人 さんの返信コメント
2020.9.3 5:57
ふるちゃん さん
お早うございます。
私も木曽駒ケ岳に登るときはいつも宝剣岳にも登ります。
宝剣岳や乗鞍の剣ヶ峰から見るお山(御嶽山)はいつも平穏に見えました。
人の運命は紙一重だとこの時も、ふるちゃん さんと同じように思いました。
コメント有り難うございました。
今日一日良い日でありますように・・・。
1人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2020.9.1 19:05
素晴らしい登山の初めから終わりまでしっかり拝読させていただきました。
まだまだ噴煙上げているのですね。

こんな大きな隕石があったのですか。
麓だったら大変なことになっていたかもしれませんね。

かの横井正一さんが日本に帰ったら、御嶽山に登りたいといわれた山が
ここなのですね。
果たして横井さんは登られたのかどうか(^^♪

お疲れさまでした。
ごゆっくりお休みください。
1人がいいねと言っています
姨捨山人さん
姨捨山人 さんの返信コメント
2020.9.1 20:16
コメント有り難うございます。
頂上近くにいた登山者は火山弾で想像するに即死状態だったと思います。痛ましい事でした。
御嶽教では生前に自身の霊神碑を御嶽山中などに建て死後お山(御嶽山)の懐に抱かれると聞いています。
 ブログには挙げませんでしたが、昔咲いていた高山植物には会えませんでしたが、大雪山と本州の火山に咲く「オンタデ」に出会えました。むしろコマクサなどの高山植物より貴重かもしれません。火山の砂礫地に真っ先に生育する植物です。
いつも体を心配して頂き有り難うございます。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!