メニュー
ゲストさん
徐龍さんの投稿

ある思惑と意気込み

徐龍さん
徐龍 さんのブログ[カテゴリ:日々の出来事
2020.9.14 0:06
最近はついぞ思いを抱いたことがなかった「握力」我乍ら昔は結構人並み以上の常態だったのですが、一体現在どれほどのものなのか、さっぱり分かりません。

勝手に強がりの想いを抱いていても、こればかりは客観的データを伴わないと、何とも半田し難いです。
そいじゃ此の際思い切って握力計を手に入れよう!

改めて調べてびっくり、電子式のは近年盛んなのか出回っている模様、数千円までで何とか入出来るようです。でもやっぱり電池を使うのは好まない、何時電池が切れるか?そんな思いは持ちたくないのです。

昔一眼レフに手を染めた時、始動してくれた人が言うには「どうせ高級なものが欲しくなるでしょうこの際悪いことは言わないから思い切って一番高いのを手にしたら宜しい」そうすれば、一生と言えるほどああ彼にしとけばよかったと言う思いに至らずに済みます、と。

当時すでに電子式のものが出始めていましたが、オールマニュアル大好き人間の私は、これと決めたジャンルの最高級の物をゲットしました。私の師匠が言った通り、本当に何時までのこれ以上は無い!と思い続けられて、目移りしませんでした。その後どんどんリ倍図度されて、価格はさらに跳ね上がりましたが、心は動きませんでした。

一万越えの品もありましたが、昨日が同じなら廉価が良い‼と握力計はその線で探し、思ったのが手に入りました。

アック力系が教えるには、私の現在の握力は35キロです。何と低いのでしょう、がっくりぽっくりすってんころり!って心境です。何とか握力力アップを図るべく、今後頑張ろう!と思うのでした。

何で急にそのようなことになったのか?と言えば、つい先頃、握力が健康寿命のバロメーターだと知ったからです。やっぱり長い健康寿命を希求する貪欲人間な私なんです。そういう考えを持ちませんと、色んな興味を消化しきれなくなる、それは辛くて大変な事態ですからね。

何をしなければならないのか、それは既に把握していますから、それに向けて精進あるのみと言う分けです。
真由ジャムちぃ 3人がいいねと言っています
コメント
ちぃさん
ちぃ さんのコメント
2020.9.14 22:06
写真の握力計は子供の頃から見覚えのあるものです。
私の握力は一体どれくらいなんだろう。
明日測ってみよう!

健康寿命と握力の関係はしりませんでした。
ボルダリングの選手並みの握力は手に入れられない。自分の体重を指先で支えるなんて1秒もできそうにありません。
1人がいいねと言っています
徐龍さん
徐龍 さんの返信コメント
2020.9.14 22:32
驚きの情報として受け止めました。そうだったのか!というので、この際頑張ってあしこしのちからをとりもどそう!と発奮しまして、まずは的確に状況把握すべく、所持していなかった握力計に手を出しました。今日もスクワットに精進しました。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!