メニュー
ゲストさん
ショペロさんの投稿

ゴルフと健康

ショペロさん
2020.10.14 10:11

いよいよゴルフシーズン。
今月は、お世話しているコンペの参加者がふえて、ゴルフ場には、とりあえずいつもより多く予約をお願いしていました。

ところが、毎度のことですが、身体の調子がもう一つという方が欠席の連絡をしてきます。
今月は当初の参加者が多い分欠席連絡も多くて、たぶん最終的には組数を減らすことになりそう。

いちばん多いのは、身体の痛み。
腰、膝が筆頭で、腕が上がらないという人も。
スクワットやりすぎで、腰を傷めるケースも出てきました。
コロナ体操でスクワットをすすめているそうですが、ちょっと危険かも。

その次が、ガンの再発や転移。あるいは心臓の不調。
これは、定期的な検査があって医師からそういう宣告があるわけですが、概ね身体的には支障のないことが多い。しかし、気分的に元気なくなります。
次第に、身体を動かすのが億劫になって、野外活動から遠ざかるみたいですね。

意外と多いのが、目の故障。
高齢者定番の白内障と緑内障です。
白内障はレンズ入れ替えの手術がすめば元に戻りますが、緑内の方は、次第に視野がかけてくるので厄介。なかなか元にはは戻らないことが多い。
視野が欠けるとボールが見えませんから、ゴルフはしたくなくなるそうです。

それから最近増えたのは、ボランティア活動が忙しくなって、ゴルフに行く時間がないという人。
コロナの関係で介護活動がむしろ増加したのかもしれません。

それやこれやで、高齢になると、なかなかゴルフをストレートに楽しむことができなくなります。
青空の下、さわやかな秋風を感じながら、緑の芝生に向かってボールを打つ幸せをかみしめなければいけませんね。
ジャム伊織新米 次長真由流星 5人がいいねと言っています
コメント
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2020.10.14 10:49
年を取ったら元気で動けることに感謝ですね
運動も過激なものは避けて年相応がよろしいかもしれません。
無理は禁物です(^^♪
1人がいいねと言っています
ショペロさん
ショペロ さんの返信コメント
2020.10.14 11:36
仰せの通りですね。

私も2カ所ガン手術してるので、無理をしないようにしてますが、ついついジョギングしたりする。

腰や肩、膝なんかも痛くなることがありますが、必ずしばらく休まないといけないでしょうね。無理を重ねるのが一番いけないみたいで。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!