メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

ネアンデルタール人の遺伝子を受け継いだ人種は武漢ウイルスで重症化しやすい。

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:武漢ウイルス
2020.10.18 20:28
ネアンデルタール人の遺伝子を受け継いだ人種は武漢ウイルスで重症化しやすい。

10月18日の日経新聞に興味深い科学記事が掲載された。その要約がこのブログの
タイトルだ。

ドイツのマックスプランク研究所のペーポ教授らが「ネイチャー」に発表した論文によると、
「武漢ウイルス患者3000人のヒトゲノムを調べたところ、3番目の染色体にある遺伝子が
このウイルスによる呼吸不全と関係があると判明したが、この遺伝子はネアンデルタール人の
標本でも存在した」
という。


この遺伝子を受け継ぐヒトはバングラデシュ、南アジア、欧州によくみられ、
東アジアとアフリカにはほとんどいない。
 この分布は武漢ウイルス感染者と死者の分布と一致する。

さてネアンデルタール人の遺伝子を引き継いでいることは悪い事ばかりではない。
この遺伝子以外の他の遺伝子がC型肝炎ウイルスに対する免疫力を高めているらしいという。

さてここで急に思いついてことだが、現代人と交雑したネアンデルタール人が~4万年前に
急に絶滅したのは現代人のみが持っているウイルスにたいして、免疫力を持っていなかった
からではないか?
という疑問だ。
うららすばる雪豹ホテイランふぐのひれ酒りりか✿*・゚飛翔ハニーちゃん四つ葉流星 24人がいいねと言っています
コメント
姨捨山人さん
姨捨山人 さんのコメント
2020.10.19 21:18
フランスに出向している息子家族が急に心配になってきました。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.10.19 22:00
フランスでまた感染者が急増しているようですから、心配ですねー。

しかしネアンデルタール人の遺伝子を受け継いでいるからと言って、ウイルスの力が
強くなるわけではないので、日本で感染するより心配ということではないようですよ。
0人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんのコメント
2020.10.19 15:39
コキリコさん、こんにちは。

これもコロナ効果の一つ、人類学から遺伝子工学まで盛んになり、今後も飛躍的に発展するのでしょうね。

先週、此方に長い日本人を訪ねて久しぶりにおしゃべりしてきたのですが、日本人の間だけ、それも同世代で同じような体験をしてないと判らない話も出来て楽しかったです。

たとえば、先週初めのテレビニュースでちょうどO型の血液の人はコロナに強いと言ってたので、此方では血液型占いは知らない元より信じないというお国柄、日本人もビックリ!、私たちO型で安心だね、今年のインフルエンザと肺炎の予防接種は受けたし、BCGは昔打った痕がある、おまけにバカは風邪ひかないというから安泰だと、アハハと大笑いしましたよ。

人類の歴史から見ればつい最近、たった5-600年も前にも、ヨーロッパ人が麻疹の免疫を持たないアメリカ大陸のイヌイットたちの弱みを見つけ何百万もの命を奪ったことがありました。

日本人のDNA、人類発祥の地アフリカから離れているし、長い年月の間に地球の東西南北から流れついたり渡ってきた各人種の混合、一番複雑で進化してるということを何かの本で読みました。
2人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.10.19 20:22
>ヨーロッパ人が麻疹の免疫を持たないアメリカ大陸のイヌイットたちの弱みを見つけ何百万もの命を奪ったことがありました。

これこれ、ネアンデルタール人が~4万年前に絶滅したのは、現生人類は免疫を持っていた
ウイルスに罹ったのが原因という考え方ですね。
交雑するくらいだから、殺しあってたとは考えにくい。わりに近くに住んでいたから
現生人の間に流行った病気に感染して、絶滅してしまったと考えるのが合理的。

そうすると、ネアンデルタール人を滅ぼしたウイルスは武漢ウイルスに似ているのかも
しれない……。

縄文人はシベリアにすんでいたヤク―ト人が樺太経由で北海道、青森あたりに
移り住んできたことは間違いないようです。その名残が青森の三内丸山遺跡でしょう。

その一方、南方から海沿いにわたってきた人種がおり、朝鮮半島から渡ってきた人種が
おり、それらがミックスしたのが現在の日本人。
ヨーロッパもギリシャ系あり、ペルシャ系あり、ゲルマン系あり、スラブ系ありあり、
ラテン系あり……。

どうもミックスしたほうが進化するということは間違いないみたい……。
0人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2020.10.19 8:34
おはようございますっ

そういえばフランスでまたコロナが発生して夜は外出禁止になりました。
その先祖の遺伝子の影響でしょうか。
ヨーロッパやアメリカは死者がおおいけど日本は少ない。
東南アジアなんてめったにきかない。
その遺伝子を持ってる人が重症かして…基礎疾患を持ってるひとも
死んでる人はおおいですよね。
コロナもいったいどうなっているのだろうか。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.10.19 8:55
どうも今度のウイルス、免疫ができてもすぐに消えるみたい……。

こりゃ厄介な「ヤツ」ですねー。
スエーデンのやり方も、これじゃあまり意味ないかもね……。

ネアンデルタール人の遺伝子をひきついているヨーロッパ人に患者や死者が
多いというのは「事実」と言わざるを得ないかもしれません。

コキリコの説ではネアンデルタール人が現代人と交雑しながらも長い間、
生きてきたのに、なぜ4万年前に突然消えたのか?
現代人には致命的ではなかったウイルスが、
クロマニヨン人には致命的だったんでしょうねー。
0人がいいねと言っています
四つ葉さん
四つ葉 さんのコメント
2020.10.18 21:46
こんばんは ☆彡

自分がそのネアンデルタール人の遺伝子持ってるかどうかって調べられないんでしょうか?
えっと現代人のほとんどはクロマニヨン人系なんでしたっけ?
よくわかっておりませんが。。

自分の顔は濃ゆいので ジャワ原人ぽいですけどね
(*^^*)笑
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.10.18 23:23
「ネアンデルタール人の遺伝子を持っているかどうか調べる」
これ、商業ベースでやってくれるところはないと思いますよ。
研究室レベルならやってくれるかもしれないが、四葉さんがよほど面白い
遺伝子的要件を持っていなきゃ、無理でしょう……。

濃い顔なら縄文人的遺伝を濃く受けついているかも……。
しかし、それほど単純ではないと思いますよ。

日本人の頭蓋骨の形でさえ、鎌倉時代などかなり変わっているという話。
江戸時代が一番背が低くなったとも言われてるし、外観と遺伝関係の相関も
それほどん単純じゃないみたい……。
1人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2020.10.18 21:20
興味深い仮説、研究ですね。
コロナを機会に今後色んなことが解かって来るのでしょうね。

ところで、免疫力の話ですが、その免疫はどのようにして付いたのでしょうね。
私は、食い物の違いだと思って居るのです。
米食っているアジア人は、肉食の人種より感染率は低いし、死者も少ない。( ´∀` )
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.10.18 21:29
私の小説の中では
「HLA(ヒト白血球抗原)が免疫反応の司令塔の役割を果たし、
それが東アジアの人種に多い」
という結論になってます。
それじゃなぜHLAが多くなったのか、遺伝的要因なのか食べ物のせいなのか?

コメは南アジアでもよく食べますね。
となると、コメ食とは相関はあまり高くないようです。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2020.10.18 20:41
例え話は真に適切ではないのですが、昭和33年3月31日をもっていわゆる条例に基づきまして、立派
な施設が無くなってしまい、それまでその手の知識を若者は言うに及ばず、ありとあらゆる年齢層が
お勉強と言うか、病気感染の怖さを知り得ることが出来たわけです。それを一部の永田町の連中が廃
止に追い込み、今日まで素人療法が蔓延してるのが現状かと存じます。幸いにと言うか不幸にして、
ただいまはネット社会と言われ、手持ちの通信器機で調べることが出来ていますが、一部の都市では
おかし気な病が蔓延しつつあるとの報道もあります。貴兄のお説の「免疫力」は、これからも重要な
部分かと存じます。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.10.18 20:54
イデオロギーに凝り固まった左派の人たちに政権を任せてきたらどうなったか?
という話をよく聞きますが、それじゃ戦後の日本の政治をほとんどの期間、
担当してきた自民党政権が行ってきた政策が、ほとんど正しかったかというと、
それは絶対にありえない。
昭和33年というとあの法律ですねー。
しかしヒトの本質は変えられないから変な形で、実質的に残ってる。
この矛盾を誰も正面切って持ち出せない……。

戦前でも極左の連中は徹底的に弾圧されたが、其れなら右の連中がやってきたことが
正しかったか言うと、間違ってたではないか!

2000年以降の自民党政権、明らかにおかしなことを幾つかやってきている。
大学法人化、郵政民営化、新自由主義をベースにした経済政策、ことごとく失敗
している。

武漢ウイルス対策についても政府のやってきた政策はほとんどが間違ってた。
現場の医療関係者が優秀だったから、大火にならずに済んだだけ。

イデオロギーに侵されない頭で「いいものは良い、悪いものは悪い」
とはっきり書いていきます。
1人がいいねと言っています
ハニーちゃんさん
2020.10.18 20:35
今晩は、
では東アジアの日本人は完全ではないが比較的安全と理解して好いようだね、
☞「ネアンデルタール人が~4万年前に急に絶滅したのは現代人のみが持っている
ウイルスにたいして、免疫力を持っていなかったからではないか?」は
この説によると納得です。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2020.10.18 20:41
今朝、この記事を読んで、つい最近にコキリコが書いた小説「ファクターXの正体」で、
「縄文人の時代から東アジアの人種が武漢ウイルスに対して、
免疫力を持っていたのではないか?」
という仮説がかなり有力になったように思いました。

この小説はコキリコが所属する同人誌に発表したばかりです。
2人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!