メニュー
ゲストさん
topkatさんの投稿

コロナの最中で

topkatさん
topkat さんのブログ
2021.2.1 18:44
・・なんて、まるで嵐かなんかのようだけど、一過性じゃなくて長期滞在、しかもなお蔓延してるのは嵐よりも悪い。
思えば、最初のロックダウン、昨年3月11日から、もう一年近く、緊張も長く続けば疲れるし、この閉塞感もうんざりです。
ようやくワクチン接種が始まり、長いトンネルの先の光明が見えてきたかと思いきや、さらにイギリス発の変異種による脅威も加わり、規制はますます厳しくなるし、国民の鬱憤はつのるばかりだったのに、昨日、デンマークの男性ハンドボールチームがVMに勝利、世界一になって、国中が気分を良くしています。

いみじくも、テレビでスポーツ解説者が、この鬱陶しく暗い最中に一条の光のようだ、と、ポロリと言ったけれど、ホントに国民揃ってアーメンでしたよ。
メダルと優勝杯贈呈の閉会式で、今回の開催地であるエジプトの代表が、我々は成し遂げることができた、と、感無量だったけど、彼らも相当苦しかったことでしょう。

デンマークチームもエジプト入りしてから、コロナ感染テストでポジティブになった選手達の強制隔離があったり、チームの半分が腹痛で二三日の安静を要したり、いろいろと思いがけない困難に見舞われて大変でした。

今日の午後帰国する選手たちは、恒例の、市庁舎に招かれて、特製パンケーキを頂くのだと思います。今は出入国はご法度だけど、彼らはVIP、強制隔離も免除なのでしょうね。

しかし、おかげさまで、このひと月は大いに楽しませていただきました。
これから先はどうしたらいいのでしょう・・。


雨が降らない日は、できるだけ外を歩いて運動不足を補うようにはしていますが・・・
昨日はお天気が良かったので、近くの小沼を通り過ぎて、北東にある隣町の湖を歩いて一周してきました。
初めてのことなので、かなり遠いだろうと恐る恐るだったけれど、家に帰ったら12000歩弱、案外近かった、あんまり疲れもせず、もしかすると最近歩くようになってから体力がついてきたのかも・・、自信がついたのでこれからも行けそうです。

気温は-1度、湖面はほぼ凍結してるけど、陽の光の中で小鳥たちが活発に飛び回り、リスも日向ぼっこしてました。


コロナのために一方通行ですと!
まあ、住宅地だから、人も多いので仕方ないけど・・・。


右側は中島、いくつかの中島があって水鳥達の生息地になってます。








湖畔の雑木林の中でブルーマイスのカップルが遊んでいました
一羽だけキャッチ


私に驚いて木の上に隠れてしまったリス


浮き橋は凍ってギコギコ・・
冬の感触でした


雪の上のたくさんの足跡
どれが誰だか・・


オオバンの足
つい凝視してしまいました。


丘の上は養老院です
もしかするとおじいちゃんやおばあちゃん見てるかもね・・。
橇遊びする子供達


茅葺屋根の家も所々にあります。


餌やり禁止なんだけど、時々見かけます。
嬉しそうな鳥たちを見てると、冬の間の少しならいいと思う、人間の都合で急に禁止では可哀そう。


風があると凍り付くのでしよう。
コキリコcapoジャム酔どれアンコウまゆ♡ふぐのひれ酒一の糸ありさ ☆ホテイラン姨捨山人 22人がいいねと言っています
コメント
道北散歩さん
道北散歩 さんのコメント
2021.2.4 9:16
いい所ですね。カメラを連れて歩きたいです。私の相棒カメラは、-10℃までならOK
と言うカメラですので、少しくらい寒くても大丈夫です(^_^;)
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.4 17:59
此処はいちおう首都圏だけど、人口が少ないから、家の近くに自然がたくさん残ってるのはありがたいです。

やはり真冬の寒さに耐えられるカメラなら安心ですね。
私は自分のカメラの性能も知りませんが、撮れなくなったら諦めるしかないけど、そんなに寒かったら外へは出ないかも・・。
1人がいいねと言っています
capoさん
capo さんのコメント
2021.2.3 11:38
  おはようございます  topkatさん  capoです。


 毎日コロナコロナでうんざりしています。寒くても青空の見える光景、いいですね。オオバンやブルーマイス、心が和みます。このところ我が家の近辺でも雪の中、ツグミやメジロが時々見かけられます。林檎畑に落ちてしまった木守に集まって来ているようです。

  ハンドボールの優勝、おめでとうございました。ハンドボールは面白いですね。高校時代の冬の体育は大抵ハンドボールでした。おかげで左も右も使えて便利です。

 私の母校の体育は普通のカリキュラムが終わったら全ての時間が、ラグビー、雪が積もってグラウンドが使えなくなったらハンドボールでした。みっちりとルールと基礎練習をした後は毎日クラス対抗の試合でした。

 三年にもなるとかなり強くなり、花園へ行くラグビー部にオール三年が勝ったりしたものです。そういえばハンドボールのシュートが一番うまかったのはラグビー部のスクラムハーフでした。

 たのしいおもいでです。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.3 18:23
capoさん、おはようございます。

capoさんはハンドボールをご存じでしたか、私は日本では覚えがないのですよ、やはり、北国の冬のスポーツなのでしようか、この国はとても人気があります。

いつもならあんまり関心も無いのですが、今回はベスト8予選前だったかに日本と対戦があったので見るようになりました。
ベスト8になってからの最初が開催国のエジプトで、相手は死に物狂いという気迫で、タイで時間終了、延長戦でも引き分けで、とうとうペナルティシュート、っていうのかな?、最後の最後の五人目に投げたボールが決まって勝ったのです。
この日は私は延長になってからは他の番組を見てたんだけど、もう、大センセーション!
そして準決勝はスペイン、最後の最後までピンポン、差がつかずヒヤヒヤドキドキでしたよ。
決勝は隣国スウェーデン、試合前の夕方からスウェーデンとデンマークを結ぶ吊り橋は左右にそれぞれの国旗の模様がライトアップされて、デンマークが勝った途端に左右両方ともデンマークの国旗に変えられたりして、Wow!
おもしろかったです。
もし、スウェーデンが勝ってもスウェーデンの国旗に変わるだけで、お互いに仲の良いことが分ります。

たかがハンドボール、されどハンドボール、こうして国を挙げておおいに遊べるのはとても良い事だと思います。
しかし、コロナで帰国した選手達はいつもの歓迎パーティも無し、それぞれタクシーで帰宅でした。

私は暖かい千葉県だったから、一年中テニスとかソフトボールをしてましたが、やはり、若い頃に何かのスポーツをしていると、楽しい思い出になりますよね、スポーツなら何でも観戦してるだけで血が湧いてきます。
1人がいいねと言っています
ふるちゃんさん
ふるちゃん さんのコメント
2021.2.3 8:13
topkatさん おはようございます

スポーツはいいですね。
その国の選手が活躍すると国中がというか国民が元気になりますよね。
そちらはまだまだ寒そう~。
こちらは寒いですが、雪はほとんど消えてしまいました。
でもまた降るでしょうね。

コロナはもういい加減にしてほしいです。
マスクを外して大手を振って歩ける日が来るのはいつのことでしょうか。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.3 17:55
ふるちゃんさん、おはようございます。

スポーツは老若男女、国民を一つにまとめてくれる働きがありますよね。
特に極小の国、デンマークでは得意とする種目はハンドボールくらいだから、世界一に拘るのかもしれません。
ちなみに二年前のVMも優勝したから、今回で二度目だったそうな・・、知りませんでした。
先回はデンマーク国内だったから、戦闘機付きで帰ってくることもなかったからかな?

ともかく、だいぶ日が延びてきたこの頃、ひと月前なら真っ暗だったかも、何カ月ぶりかくらいの素晴らしい夕焼け空の下、滑走路を、消防車の放水するアーチの下、ピンク色に輝く水のカーテンを旅客機が悠々と姿を現してくる様子はドラマチックで感動しましたよ!

なんせ、コロナ禍始まって以来、国中の人たちの楽しみは奪われ、ほとんど感動することも忘れるほどだったから、久しぶりの興奮はセロトニン、ドーパミン、オキシトシンを放出してくれた一服の薬のようでした。
1人がいいねと言っています
一の糸さん
一の糸 さんのコメント
2021.2.1 22:50
今晩は
ハンドボールで優勝ですか
おめでとうございます
私の友人が中学時代やっていました、1948年ころ
日本ではあまりメジャーなスポーツではありませんね。
ブルーマイス綺麗なとりですね
オオバンの足指立派ですね、かけっこ得意かな。
藁ぶき屋根、ところ変われば品替わるですね。
明日は「節分」そちらでは「豆撒き」は無い?
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.2 7:06
一の糸さん、こんにちは。

ありがとうございます。
今日の夕方、チームデンマークは戦闘機F16二機の護衛付き飛行機で帰ってきました。
チャンピオンだけに与えられた歓迎なんですよ。
着陸態勢に入ると、今度は軍の特別ヘリコプターが静々と脇に付き添ってましたよ、そして、滑走路からターミナル近くになったら消防車二台が待機していて、最大限に放水、折からの、稀に見る美しい夕焼け空の下、大きなピンク色のアーチになって、素晴らしくドラマチックなご帰還でした。
コロナのせいで、市庁舎でのレセプションは無し、パンケーキも無しでお気の毒でしたが、ひと月も会えなかった家族や恋人の住む家に早く帰ることができて良かったかもね。

昨夕、お隣のスウェーデンとの決勝戦の前に、デンマークとスウェーデンを結ぶ吊り橋の真ん中にある橋げたの左右がそれぞれの国旗の模様にライトアップされ、デンマークが勝つと同時に左右両方ともデンマーク国旗に変わりました。
かなり熱心に遊んでる感じは見ていて楽しかったです。

そうそう、これ訂正しましたが↑、藁ぶき屋根ではなくて、此方は葦葺き屋根なんです。
葦野原はたくさんあるので、材料には事欠かないけれど、此処も、伝統工芸、職人さんたちが少なくなってきてるので、高騰、数が少なくなってきました。

豆まきはないけれど、もうすぐファスタロンというお祭りがあります。
大人も子供も、魔女やお姫様、スーパーマンなどに仮装して、猫を木の樽に入れて吊るし、棒でバンバン叩いて割ります。
といっても、動物愛護協会から怒られるから、黒猫はボール紙を切り抜いて樽に張り付け、樽の中身はオレンジ、重くないと割れないのよ、キャンデーなどを詰め込んで、割った人の勝ち!
樽の底が抜けて、どさっと中身が落ちて、オレンジがコロコロ転がるのは見ものですよ!
これも縁起を担いでのことなんでしょうが、所変われば品変わるで、おもしろいものですね。
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2021.2.1 21:22
「オオバンの足跡」のところを、オバハンの足跡と読んでしまったゃオマヘンか。疲れてるんゃ、
もぉ寝まっさ。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.2 6:35
ぎーやんさん、こんにちは。

ぎーやんさん、私も同じよ。
最近視力が衰えてきて、疲れてくるとよけい、目で見てるものを読み込まないで、頭の中にあることを先に読んでしまう癖がついてしまいました。
1人がいいねと言っています
酔どれアンコウさん
2021.2.1 21:09
こんにちは
そちらはハンドボールが盛んなんですか?
こちらは偶にNHKで放映される程度です、

電車やバスで出掛けたい所がイッパイ有るけど、
ほんとう困った事です、良いだろうと思える散歩も何故か激減しました、
ワクチンも感染予防じゃ無くて発症予防だと聞いてショックです、

ブルーマイスって鳥
日本で似た鳥がいます撮れてないのでwebサイトから拝借で、
『ゴジュウカラ』

関西だと皆さん大台ケ原で撮られてるのが多いみたいです、里ではほとんど見掛ける事は無いです、

(^^)バンの足 大きいですよね!

餌やり
私は最近もう全面的に反対では無くなりました、
公園の池で高齢の方がパン屑を持ってきて やっている姿を見ていると、
今ではそう思えます、種が滅びる様な事になれば問題でしょうが、

兎に角は私達は日々を暮らしていかなければなりません、
楽しみが制限されて足りないのなら見つけるしかありませんね(^^)♪
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.2 6:28
酔いどれアンコウさん、こんにちは。

私もソフトボールはしていたけれど、ハンドボールはしたことがありません。
日本では知らない人が多いでしょうね。
日本チームも出場してましたが、コーチはアイスランド人でした、たぶんオリンピックのために力を入れていたようだけど、デンマークに負けてましたね。
この国でも、首都圏のあるこの島ではそれほどではなくて、根性のあるユトランド半島の田舎に住む人たちの間でとても盛んです。

ワクチン接種とか、インフルエンザの予防注射も、完全に病気を防ぐのではなくて、もしも罹ったとしても重症にならないために、予め体に抗体をつくり、免疫力をつけるということだったと思いますよ、だから、インフルエンザの予防接種を受けると二三日で軽い風邪の症状が現れたりします。
コロナに罹っても、死ぬことはないのなら、やはりワクチン接種はしましょう。

此処ではブルーマイスとシジュウカラはよく同じようなところで一緒に見かけますが、日本では少ないのかしらね。
ゴジュウカラは、青緑色の羽の綺麗な小鳥ですよね、此方でも森の中で見かけますが、此方の本にはシジュウカラとブルーマイス共々、マイスの仲間として載っていますから、たぶん仲間なんでしょう。
しかし、ゴジュウカラなんて名前、何処から来たのでしょう?

一昔前までは、年中、パンをやる人たちがたくさんいて、夏場などは食べきれず水際にそれこそ山になって腐るほどだったので、カモ達が太り過ぎて飛べなくなったとか、水質が汚染されて困るとか、で、禁止となってしまいました。
私も、冬場は餌が無いのだから、近所のおばさんやおじさん、小さな子供たちが持ってくる少しばかりのパンなら害はないと思います。
1人がいいねと言っています
酔どれアンコウさん
酔どれアンコウ さんの返信コメント
2021.2.2 7:16
こんばんは

四十の上で五十なんだと単純に思ってました、(^^)

人間ならコレ以上食べたら…
と考える事は可能で
カモ達にはそれが出来ないと云う発想なんでしょうね、
まさかバスツアーで餌やりは無いと思いますけどね(^^)
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2021.2.1 20:24
自粛暮しも長くなると、精神的に参ってきますねー。
オランダだったか、とうとう暴動騒ぎにまでなってしまったとか。
わからんでもない……。

日本じゃ、国会議員の「センセイ」方が率先して夜遊びに精出しているところを見つかって
大騒ぎになってますよ。
大物政治家が感染していることがわかったら、最優先で入院させてもらっちゃったから、
こりゃ示しがつきません……。

バンもオオバンも足指が大きいですよね。水掻きがないから、指が大きくなったんでしょうかね。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.2 5:39
コキリコさん、こんにちは。

此処北国の冬は長く、暗くて寒いし、コロナがなくとも憂鬱なのに、この冬はコロナのせいでレストランやカフェ、映画もスポーツジムも、美術館巡りやショッピングも何もかも禁止では厳しいです。
特にエネルギーのある若者達は耐えられないでしょうね。
私は楽しみのないところに楽しみを見つけるのは得意なんだけど、近頃めっきり視力が衰えてしまい、手芸も読書も難しくなってきたので、辛さが分かる気がします。

しかし、国会議員が法を守らないなんて酷い、他の職を探してもらいたいですね。

バンやオオバンの足指の大きさ、長いのにはビックリしますよね、体の小さいバンが睡蓮の葉の上を歩いてる姿をよく見かけますが、左足が沈まないうちに右足を出して水の上を歩けそうです。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!