メニュー
ゲストさん
topkatさんの投稿

アイス昼夜

topkatさん
topkat さんのブログ
2021.2.11 18:47
今朝のテレビの天気予報、今日で"アイス昼夜"、一昼夜気温が零下の"氷の昼夜"という意味ですが、五日目だと言ってました。
今も、外は薄日の中、雪の結晶のような、粉雪がサラサラと舞い降りてきていて、とてもとても寒そうです。

ここ一週間は時々ボタ雪が舞ったり、窓の外を渦巻くように流れたり・・・、グリーンランドでは雪の名前も何十種類あるそうだけど・・・、ホントに雪にもいろいろ表情があるものなのね。

ここ二三日、デンマークでも、南の地域は雪嵐になっています。
特に酷いのは、スウェーデンと北ドイツの間、バルト海に浮かぶ小島、全国で一番日照時間の多いことから、通称"太陽の島"と呼ばれてるボーンホルム島なんだけど、一般の人たちは外出禁止で、除雪車が入れない場所は軍の戦車も救援出動してるそうです。
たとえ降雪20-30cm程度でも、この寒気でサラサラの雪は風に煽られて下から吹き上げて絶えず移動しますから、雪に巻かれて視界を失ったり、吹き溜まりにハマったりして、とても危険なのだそうです。

今はちょうど北極から降りてきている強力な高気圧で、モスクワはマイナス30度、ロンドンもパリも零下ですと、もちろん日中の気温です。
此処も明日も氷の昼夜だとの予報、雲もなく夜間の最低気温はマイナス二桁になるかもということですが、寒ければ寒いほど、よく晴れ、青い空に日が輝いて、気分は爽快なのです。

北国の暖房は完璧だから、天候次第で一番近くのスーパーとか二番目とか、三番目と選んで、運動のために少し歩くようにしているけれど、帰ってきてアパートのドアを開け、中に入ると眼鏡が曇るほど暖かいのです。
最近目に見えて日が伸びてきたし、もう一月余りで春分の日ですものね、長い間、コロナ鬱だ、暇だ、ナンダカンダと不満も多かったけれど、たっぷりと休眠休養ができたせいか、だんだんエネルギーが湧いてくるのを感じるこの頃です。

週末は長女んちへ行ってました。
アルバちゃんは、この寒さにも夏服で平気、元気なものです。




白鳥の風見鶏の家


残りリンゴを食べるツグミ





ブルーマイス



居間にある
デンマーク刺繍のブルーマイス

よく見かけるので人気があります

ジョウビタキ


居間でバードウォッチング!
餌台に集まる鳥達
ツグミにコマドリ、アカゲラや黒の歌鳥、スズメにシジュウカラなど






capo伊織しげホテイラン信々亭愛ロメオジャム天狼コキリコ 30人がいいねと言っています
コメント
ちぃさん
ちぃ さんのコメント
2021.2.15 22:59
写真を見ているだけで癒されます。

アルバちゃんも元気そう。
だんだん暖かく、、、と言ってもまだ氷点下!

鳥の名前は全然わからないけど、刺繍は素敵。
リアルですごいです。

春が待ち遠しいですね。
0人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.16 17:46
ちぃさん、おはようございます。

冬にも冬の良さありで、いろいろ発見があって、楽しんでます。

氷点下の昼夜も三日前に終わってしまいました。
寒ければ寒いほど、日中は良く晴れて日差しも暖かく、気分は最高、自然も美しいのよ。

向こう五日間の天気予報が全部ポジティブの気温になってから、南方で雪を降らせてた雪雲が北上してきて、昨夜は雪が降りました。
雪嵐だと言ってたけれど、なーんだ ただの雪降り、今朝は綺麗に10cmくらい積もっています。
今週はちょうど学校の冬休みなので、子供達は大喜びしてることでしょう。
コロナ禍で何かと不自由を強いられてきたけれど、この冬の雪や氷は良い思い出になると思います。

デンマーク刺繍、とても繊細なので感心してしまいます。
いつか私もと思っていたのに、ようやく暇ができれば目が劣化してしまい、今は諦めて、工芸展などで他人の作品を物色してます。
ちょっとツマンナイけど・・、ホント人生は短いわ。
0人がいいねと言っています
ふるちゃんさん
ふるちゃん さんのコメント
2021.2.13 18:06
topkatさん こんばんは

アイス昼夜・・・初めて聞きましたよ。
それに一昼夜零下の日が五日間も・・・すごいですね。
私は長野にきて初めて知りましたけれど、雪の種類に上雪(かみゆき)と
いうのがあって長野の中部や南部に降る雪のことだそうです。
本当に色々ありますね。
日中で気温がー30℃なんて信じられませんよ。
今日の長野の日中は春のような気温でした。
このまま春になってくれればいいのですが
そうもいかないようです。

刺繍は素晴らしいです。こんなのが部屋に飾ってあったら楽しいでしょうね。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.14 0:47
ふるちゃんさん、こんにちは。

昨夜は12年ぶりの最低気温だったそうです。
ユトランドの半島の真ん中あたりはマイナス20度にも下がったとか、この辺でも今朝はマイナス7度だと、天気予報で言ってました。

地球温暖化前、40年くらい前に一度、此処でもマイナス20度を体験しましたが、鼻水が凍って鼻をつままれたような感じがしましたよ。
でも、風も無く静かな晴天で雪はサラサラ、生活には支障ないけれど、むしろ、ちょっと寒気が緩んだ頃に来る雪嵐が一番困ります。

其方は緯度がそう高くないので、長野の春はもうすぐでしょう、雪が融けて消えてしまうのは名残惜しいけど、春の花が咲いてくるのは待ち遠しいですね。

繊細なデンマーク刺繍、野鳥や山野草の花などの自然のモチーフに出会うと、つい買ってしまいます。
特に、家の中に閉じこもり勝ちの冬は、居間にいて眺めながら、慰められています。
1人がいいねと言っています
道北散歩さん
道北散歩 さんのコメント
2021.2.13 9:14
だんだん春めいてきますね。野鳥たちも元気で、春がすぐそこまできているようです。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.13 16:37
道北散歩さん、おはようございます。

今日も朝から雲一つなく晴れて、青空が、それこそ透明に近い、広がっています。
外はマイナス8度とか、ホントかなって感じの陽射し、太陽が強くなってきました。
日中はシジュウカラが甲高い声で鳴いてます。
この時期、雪があるとなおさら明るいし、春めいてくるのが目に見えてきて、ワクワクしますね。
1人がいいねと言っています
capoさん
capo さんのコメント
2021.2.12 10:46
  こんにちは  topkatさん  capoです。

  木守りを食べる、つぐみやブルーマイス、我が家の近くでも林檎畑に残った林檎を鵯や鶫、椋鳥、目白が食べに来ています。
  林檎畑では剪定作業が大忙しで鳥たちも大慌てで食べています。

  今年は例年にない大雪で、あちらこちらで枝が折れたり倒れたりした木々が見られます。雪が溶け出すと残雪の中からいろんなものが顔を出します。なんでこんなものがと思うようなものも落ちています。今年に一番多かったのはやはりマスクでしょうかね。

  オリンピックのことでは色々問題が起きています。隣県なので評判は聞きますが、もともとあまり芳しい人ではありません。弟さんが外科医で近所の病院に来ておられましたが、兄貴は何も喋らなければいい男なんだけどと言っていたのを思い出しました。でも政治家は話すのが基本ですからね。結局悪い癖はいつまでも治らなかったということでしょうか。恥ずかしい限りです。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.12 18:02
capoさん、おはようございます。

木守りというのですか、ナルホド・・。
このリンゴの樹は数あるこの辺のリンゴでは一番遅くまで残ってますから、たぶん酸っぱいのでしょう、不思議とというか当然でしょうが甘いリンゴから先に鳥達が食べつくしてゆきますね。

もうリンゴの剪定が始まりましたか、マイ庵のリンゴも芽が動く前に剪定して、花を楽しみ、収穫を楽しむ一年が始まろうとしています。
ともかく、春が来ると途端に忙しくなりますからね、今のうちにゆっくり頭の中であれこれ考えて計画したりするのも楽しいです。

ホントにオリンピックどうなるのでしょう?
このままのズルズル優柔不断がますます世界中の信用を失いそう、何が怖いのか、誰もが納得満足するということはありません。
今後のことをしっかり計画したら、もうこの辺で勇断下して欲しいです。
0人がいいねと言っています
柚月さん
柚月 さんのコメント
2021.2.12 10:41
topkatさん♪ こんにちは(#^-゜#)v
そちらは真夜中になる?こんばんは!のほうがいいかも(⌒-⌒)

"アイス昼夜"という言葉、初めて聞きました。
寒さが半端じゃあないのですね。

ブルーマイス、きれいな鳥ですね♪
居間でバードウォッチングとはこれまた楽しいですね♪
タペストリーかしら?刺繍はtopkatさんがなさったのかしら?
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.12 17:42
柚月さん、おはようございます。

時差は8時間ありますから、今はもう、其方は夕方になりますね。
今日も快晴、外はマイナス7度とPCの画面に標示されてるから、とても寒そうです。
今年一番の寒さだとか、アイス昼夜というよりも、"夏日"のように、いっそ"氷日"と言った方が適切な感じです。
いつかノルウェーの研修生が職場に来ていて、雪のないデンマークの冬は"黒い冬"だとか、大寒過ぎて初めて顔を出してくる太陽を"新陽"と呼ぶんだというので、日本語辞典には載ってない言葉だとちょっと感心したものです。

ブルーマイスはシジュウカラやコマドリと同じように、よく庭に来る小さくて可愛い鳥なので、皆から愛されてます。
デンマーク刺繍は素材が良いし、色彩も構図もデリケートでとても好きです。
若い時はいちおうフランス刺繍やニードルワークも齧ったことはあるんですけどね、自分ではできないので、気に入った自然のモチーフの作品を見つけては買い、眺めて楽しんでいます。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2021.2.12 6:32
わたしのような欠陥人間は、とてもじゃないけど生き延びることは不可能な地のようですょ。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.12 17:07
ぎーやんさん、おはようございます。

大丈夫ですよ、ご心配には及びません。
ここ北欧も平均寿命は高くて、100才以上の方がたくさんおられます。
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2021.2.11 21:23
あらら、そちらはそんなに寒いんですか? なんだか申し訳ない気分です……。

アルバちゃんはまだ若いから、寒くないんでしょうね。
わが家で飼ってた柴犬も、若いころは冬に湯たんぽ入れてやろうとしたら、嫌って、絶対に
触らなかったが、晩年はシャツを着せて、その上から私の古い冬のカラーシャツを
掛けてやっても震えてた……。


餌台にこれほどの種類の鳥が集まるんですか、ウラヤマシイなー。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.12 2:30
コキリコさん、こんにちは。

大丈夫よ、申し訳ないなんておっしゃらないで、一足早い日本の春をお楽しみくださいな。

此方のこの寒さもクロスカントリースキーや寒中水泳などの楽しみを見つけて楽しんでる人たちもいますよ、冬は地獄じゃと文句を言っても、もうすぐ夏の天国が来ます。
春分を過ぎればまっしぐらに美しい白夜と思えば、この待つというのもそう悪くありません。

寒いのは外だけで家の中は22度前後と夏のように暖かく、居間にはたくさんのランの花盛り、これからは陽射しがだんだん強くなってくるので、今月末にはコチョウランなどは葉焼けをしないように気を付けなくてはならなくなります。

アルバちゃんはまだ若いこともあるでしょうが、夏の暑さにめっぽう弱いから、たぶん皮下脂肪が多いDNAタイプなんでしょう、冬の散歩は元気で張り切っています。

仕事をしてた頃のこと、職場の庭に餌台を置いてましたが、毎日たくさんの鳥が来て、すぐ傍の小枝にとまって順番待ちしてたりしてましたよ。
一度リス君が半日座り込んでしまった時は、周りの小鳥たちも落ち着かなかったけれどね、リス君が去った後はすぐにまた餌を補給してあげました。
1人がいいねと言っています
まゆ♡さん
まゆ♡ さんのコメント
2021.2.11 21:22
こんばんは。

アイス昼夜と言うのですね。
氷の昼夜、ですか(^.^)

東京は、まだ今年はほとんど雪は降っていません。
一応、暖冬だということですが…
歳とともに、寒さに弱くなっている自分を実感しますねー(^^;

デンマーク刺繍、いいですね!

中学では、運動部(バレーボール)と、文化部に入らなければならず、手芸部に入ってました。

編み物より、刺繍が好きでしたね。
今は仕事でいっぱいですが、もう少し時間ができたら、刺繍もまたやりたいです(^.^)
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.2.12 1:58
まゆさん、こんにちは。

水をも氷る一昼夜でーす!
でも、家の中は22度前後、夏と変わらない暖かさだから、生活は楽なんだけど、冬は長くて暗いのが応えます。
最近、ようやく日が延びてきて、晴れた日は小鳥たちが鳴いて、春の近づいてくるのが感じられると嬉しいです。

デンマーク刺繍は此方へ来てから知りましたが、細い麻糸の一本一本にクロスしてるので、細かいことにビックリ、根気のいる仕事だなと感心してしまいました。
なによりもこの色彩感覚が素晴らしいと思います。

私も仕事をしていたので、いつかはと思っていろいろやりたいことを我慢していましたが、ようやく年金退職した頃はもう視力がすっかり衰えてしまい、想定外でしたよ。
なので、今はアンチークフェストやアートアンドクラフト展、蚤の市などで気に入った作品を買って楽しんでいます。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!