メニュー
ゲストさん
しょうくさんの投稿

一寸変わったところへ

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2021.2.25 7:48
2月25日(木)
 今朝窓際温度計は、7℃、湿度41%、はれ。昨日はいつもぶらり歩きする舞岡の里とかとちょっと変わったあたりへ出かけてみた、上永谷から、小さな流れに沿った道をだいぶしばらくぶりに歩いた、そう、10年近く歩いていない道。小さな流れのドンズマリは、老人ホームがあったという記憶がある。小さな流れは、馬洗川という,何か面白い話でも残っているかと思ったがあまりいわれを聞かない。

 まあその前に、霞んでいるけど、富士山がどうにか見える、昨日出掛けた馬洗川のドンズマリから丘陵に登ると、かすかに富士山が見えた記憶がある、ただ、10年くらい前と比べると、大幅に開発されているからどうなってるか、戸塚区の隣、港南区になる。
 地下鉄の車両基地のひとつがあるのが、港南区の上永谷、地下鉄の駅もあるが、わが家近くからバスで上永谷へ向かった。曇り空だったが、だいぶ晴れてきた。

 車両基地の兵がすごく高く感じられる、流れのわきに10年くらい前には見かけなかった、5階建てくらいのマンションが立ち並んでいた。
 この小さな流れが、馬洗川、やがて、柏尾川に合流する、川といっても小さな流れ、わきに細い遊歩道作られているから、安心して歩ける。

 遊歩道を歩いて行っても、誰にも出会わない、大分前の話になるが、ウオーキングの会をやっていたころ、何度か歩いた道だが、当時よりだいぶ整備されて、足元は極良い。

 小鳥に出会ったりしながら、一人故楽しんで歩けたが、まわりの開発が進んでいて、あまり植物などに出会えない。
 以前あった高校が廃校になって、今は、神奈川県の埋蔵文化財センターの、資料置き場になっている高校わきで遊歩道はおわり。
 昔高校がまだ廃校になる前は、暗渠になって、校庭を横切っていたのだが、さてどんな風になっていますやら。廃校になり、発掘された埋蔵文化財の倉庫のようになっているから、背の高い塀をめぐらしていた、ここから、このあたりの開発、だいぶ進み、10階建てくらいの、マンションが数多く立ち並んでいる。ただ良いことはマンションとマンションの間、遊歩道がいくつか作られ、そこには木々がシッカリ植えられていることだろう。
 野庭という、横浜市内でも有数の開発された地域。野庭中央公園で一休み、昔はほとんど人を見かけなかったのだが、お年寄りが大分丁度晴れてきた、公園の広場ベンチなどでくつろいでいるのが数多く見受けられる、いやもっとも私もその一人ですな。
 マンションが相当10年前に比べると増えていて、富士山など見えたのが、今は見えにくくなっている。

 人が写らないようにするのが難しい、程ほどのところで引き上げて、また緑道を歩いて、昼近くには駅まで戻り、バスで家路についた、あちこち緒ったので、だいぶ穂数は増えて15000歩になっていた。
 ただ、脚元に、何か珍しい花や植物をと考えていたのだが、開発が進みすぎて、全くと言いたいくらい、植物がみられなかったのにはガッカリ。
 まあ、里山が小さくてもまだしっかり残っているあたりへ出かけないと、春の使者には出会えそうもないようですね。
信々亭真実一路コキリコホテイランまるえ「霧の中の追憶」爺柚月シーホースホープ たぬき 22人がいいねと言っています
コメント
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2021.2.25 10:56
しょうく さん
こんにちは
昨日歩いたところは コロナとは関係ないような 場所ですね 
人に会うことが 予想されないときは ノーマスクで 堂堂と歩けますよね 

此方では 野原へ行っても 今は雪の下なので 緑色が見られないですよ 
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2021.2.25 13:20
団地へ入り込むまでは、全く人と出会いませんでした。
団地の中の木がたくさん植わった道では、矢張り相当数の方と行き合いました。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2021.2.25 8:41
40年ほど前に宅地整備をされ、一大団地が出来そこには既存の小学校三校に中学校が一校増設されて
私鉄電車の駅まで設置されたんですが、2年前に小学校 2校と中学校1校が生徒数激減のため廃校と
なりました。当然そこの人口増を当て込んだ商店街も、撤退を余儀なくされているようでして日本の
縮図がココにありの状況に変わってしまっております。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2021.2.25 9:10
どこも似たようなことが起きてますね。
わが家近くの小学校もどうやら3っつの小学校ひとつ減らされそうです。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!