メニュー
ゲストさん
ホテイランさんの投稿

不思議な形の花 これもやはりヒメハギ科

ホテイランさん
ホテイラン さんのブログ[カテゴリ:山野草
2021.6.4 6:50
   奥三河での三つ目の目的の花

      カキノハグサ
      和名の由来は葉が柿の葉に似ていることから
      東海~近畿に分布
      茎の先端に総状花序を伸ばし
      黄色~橙色の蝶形花をつける






      花の構造は

      他のヒメハギ科と違わず不思議な形の花
      (萼片1・2)
      蕚片2個は花弁状で緩やかに反り返って直立
      まるで兎の耳
      (萼片3・4・5 )
      3個の萼片が筒状になって突き出し
      その先に3個の花弁がつく
      花弁は全体が反り返り
      花弁1 ・2・ 3 ともに基部で合着
      その中に雄しべ 雌しべがある
      花弁3は竜骨弁と呼ばれるが
      先端部に房状の付属体がある
信々亭柚月天天酔どれアンコウ彦左コキリコハニーちゃんhacchanひろちんみね 18人がいいねと言っています
コメント
柚月さん
柚月 さんのコメント
2021.6.4 7:00
ホテイランさん♪ おはようございます♪

カキノハグサ・・・初めて目にするお花です
すごく複雑な構造になっているんですね。
1人がいいねと言っています
ホテイランさん
ホテイラン さんの返信コメント
2021.6.4 7:12
お早うございます
 あれ 初見の花でしたか 意外です
 ヒメハギ科の花の構造は複雑で
 面白い形ですね。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!