メニュー
ゲストさん
ホテイランさんの投稿

希少なトンボ2種

ホテイランさん
2021.6.10 6:33
   花友からのお誘いを受けて岐阜県土岐市の
   淘史の森を訪れた
   記憶にないぐらい随分昔に訪れて以来である
   その頃はまだグンバイトンボなるものは
   知らなかった

    グンバイトンボ
     雄は中肢と後肢の脛節が白く平らになり、
     軍配のような形状を持つトンボ
     以前から是非写したいと思っていたトンボ
     淘史の森で初めて見ることが出来た

     中々思うような位置には止まってくれない

     粘り強く追いかけて
     マクロレンズでマニュアルで写せた

     特徴ある足をトリミングで拡大すると

    https://ikilog.biodic.go.jp/Rdb/zukan?_action=rn055

     ハッチョウトンボ
      名古屋での発見地を名前に持つハッチョウトンボ
      尾張の本草学者・大河内存真(伊藤圭介の実兄)による
     『蟲類写集』に「ヤダノテツポウバハツチウメ」
     (矢田鉄砲場八丁目)のみで発見せられるために
     「ハツチウトンボ」の名を有するとの記載に因むとされる
      この矢田鉄砲場八丁目の詳しい場所は現在不明とされるが
      名古屋市内の矢田川付近と見られている

      成虫の体長は17-21 mm
      一円玉(直径20 mm)の中に頭から腹端までが
      納まるほどの大きさである
      オスの体は羽化直後は橙褐色だが成熟すると
      体全体が赤みを帯び羽化後20日ほどで
      鮮やかな赤色となる

                (東山植物園での撮影)
     メスは茶褐色で腹部に黄色や黒色の横縞がある

                (東山植物園での撮影)
     以下は淘史の森で
     羽化直後か?翅がまだ濡れている感じ

     未熟な雄?

     交尾中? 写しているときは気付かなかった
天天しょうくコキリコラベンダー酔どれアンコウ信々亭彦左シーホースーYひろちんまるえ 19人がいいねと言っています
コメント
ハニーちゃんさん
2021.6.10 17:30
こんにちは、
#1・2は糸蜻蛉と言うのと違うのですかね?
以下は赤蜻蛉ですかね?、としたら早いですね。
1人がいいねと言っています
ホテイランさん
ホテイラン さんの返信コメント
2021.6.10 21:23
こんばんは~
 >#1・2は糸蜻蛉と言うのと違うのですかね?
 貼ってあるリンクをご参考にして下さい
 >以下は赤蜻蛉ですかね?
 いわゆる赤とんぼとは違います
 頭からしっぽまでの長さが約2cmと
 日本で一番小さいトンボと言われています。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2021.6.10 7:46
こりゃ珍しいトンボたちですねー。
軍配トンボはイトトンボのなかまでしょうかね。たしかに変わった脚です。

八丁トンボはそんなに小さいんですか? こりゃよほどしっかり見ないと、
見つけられそうもないです。
1人がいいねと言っています
ホテイランさん
ホテイラン さんの返信コメント
2021.6.10 17:00
こんにちは~
 ハッチョウトンボは東山植物園でも見れます
 今日も何匹のいました。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2021.6.10 7:36
おはようございます
 昆虫の類の写真、本当にタイヘン、スイスイと実に勝手気ままに動きますからね。
 珍しい蜻蛉ありがとうございました。
1人がいいねと言っています
ホテイランさん
ホテイラン さんの返信コメント
2021.6.10 17:00
こんにちは~
 トンボにしても
 蝶にしてもよくカメラを向けますが
 写すのは大変ですね。
0人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2021.6.10 6:45
トングンバイトンボを拝見して、蜻蛉はここ数年見たことありませんが、小さい時に見た 
糸蜻蛉とか姉さん蜻蛉ににているな~と拝見しました(^^♪
トンボと言えば秋を想像しますが、今の時期も飛んでいるのですね(^^♪
1人がいいねと言っています
ホテイランさん
ホテイラン さんの返信コメント
2021.6.10 17:00
こんにちは~
 イトトンボに近いモノサシトンボの仲間です
 この日は他にも何種類かを見ました。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!