メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

白鳥庭園のチョウトンボの飛翔。

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:写真
2021.7.2 20:54
白鳥庭園のチョウトンボの飛翔。

白鳥庭園の睡蓮池には毎年、この時期にチョウトンボが出るんです。
2018年の今頃、白鳥庭園で見かけてからすっかりその虜になってます。
その年に撮った静止画象です。


その時以来、飛んでいるところを撮りたいと、何度挑戦したことか。
当時はセンサーサイズの小さいデジカメで、AFは遅い方。
望遠は60倍の1440㎜まで使えるが、ここまでズームすると被写体はすぐにファインダー
の外に出てしまうので、捉えるのが難しい。
おまけにチョウトンボはトンボと蝶の両方の飛び方が出来、飛行方向を予測することは
極めて難しいんです。

昨年の10月に買い替えたカメラの性能に期待して6月30日に行ってきました。
1時間粘り、~1100枚撮ってピントがそこそこあったのは二十数枚。確率は~2%。
すこし撮り方がわかったので、次回は改善するでしょう。
それでは苦労の跡をご覧ください。トンボは小さいので画像の右上をクリックして、
大きくしてご覧ください。閉じるときは右上のXをクリックして下さい。

睡蓮上を飛ぶチョウトンボ。極楽ではこんな景色がみれるのかなー?





灯篭の近くを飛翔。



二羽で飛ぶ。

オニヤンマとコラボ。手前のピントが合ってないのがオニヤンマ。

岩の近くも飛ぶ。

ジャムふぐのひれ酒ホームごろちゃんホテイランtopkatゆりかもめ涼音信々亭のんびり 23人がいいねと言っています
コメント
四つ葉さん
四つ葉 さんのコメント
2021.7.3 13:26
わぁー
トンボってこんなに美しかったんですねー
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

本当 極楽て感じがします
瑠璃の羽に誘われて着いたところは苦しみのない安らかな世界。。


今からじゃ間に合いそうにもありませんが
極楽に行けるよう精進しなくちゃって思わせてくれる
どれも素敵な写真ばかりです
ありがとうございます
(^_^*)
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2021.7.3 20:13
チョウトンボ、いかがですか?
トンボとしては一番きれいじゃないか?と思ってます。
挙句に絶滅危惧種。
もうこれだけ条件がそろえば、メロメロですよ。

いかんせん小さいんです。3~4cmくらいしかない。
草などに止まっていてくれれば、撮るのは簡単なんですがね。
飛んでるときは蝶みたいにヒラヒラ飛ぶので、飛行方向を予測するのが
難しんです。
2~3mくらい先ならまあ何とかなるかもしれないが10mも離れると、
小さくて、捉えるのが大変。ズーム比率を上げると、ファインダーの中に
捉えるのが難しくなる。
それで、トリミング頼りになるんですが、こうなるとセンサーが大きくないと
それも難しい……。

睡蓮の上を飛んでるシーンなんか見ると、「これが極楽浄土か?」って
妄想しちゃいます。
2人がいいねと言っています
柚月さん
柚月 さんのコメント
2021.7.3 7:07
コキリコさん♪ おはようございます♪

チョウトンボをよく追っかけられましたねぇ♪
すばらしい!の一言です♪

>1100枚撮ってピントがそこそこあったのは二十数枚。確率は~2%。
お疲れ様でした(*^_^*)
私も似たような経験を何度もしました。
庭の柿の葉から滴り落ちる雫をなんとか空中で受け止めたい!
連写で挑戦しました。やはり似たような確率(^▽^笑)
雫の場合は移動しませんのでコキリコさんがお持ちのカメラなら
もっと確率も高いとは思いますが、今はもうそこまで粘って撮ることも
諦めました(^▽^笑)
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2021.7.3 7:31
アハハ、柚月さんも似たよなことをしてたんですねー。

前のカメラだと、トンボでさえ難しかった。トンボは割と飛行方向が
直線的だから、確率が高いんですが、蝶はランダムに飛ぶから、非常に難しい!

蝶も最近じゃ撮れるようになってたから挑戦したのですが、
いやー、難しかった!
こりゃファインダーを覗いていたんでは確率は非常に低いですね。
三脚に乗せて、置きピンして、肉眼で眺めて「目標場所」の近くに来たら
シャッター押すようにすれば、確率は上がるようです。

30日も、途中でくじけそうになったんですよ。
でも粘っているうちに確率が上がりました。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2021.7.3 6:08
おはようございますっ

とんぼが飛ぶところをカメラに撮る…難しいですよね。
私はとんぼではありませんが、蝶々を撮ろうと挑戦するのですが、
いつも失敗します。
花に止まっている蝶々を撮ろうと…必死ですが、やはり失敗です。

動くものを撮るのは難しいですよね。。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2021.7.3 7:25
蝶々やトンボは小鳥に比べてもうんと小さいし、
飛ぶ方向の予測が困難なので、非常に難しいですね。
特に蝶はね。飛ぶ方向の予測が不可能!

最近はそれでも撮れるようになった。
そこで挑戦してみました!
0人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2021.7.2 22:47
空中を飛んでいる被写体を写すのは本当に難しいですね。
やっぱり、弘法は筆を選ぶし、技術も根気も必要だという事が
良く解かりました。( ´∀` )

それにしても、綺麗なトンボですね。
一番下の画像、中央左の薄茶の物体、トンボを狙うデッカイカエルに
見えました。( ´∀` )
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんの返信コメント
2021.7.2 23:35
>やっぱり、弘法は筆を選ぶし、技術も根気も必要だという事が
良く解かりました。( ´∀` )

これこれ、これですよ。山崎川でカワセミを狙ってても、ベテランさんはさっと撮る。
コキリコはなかなかピントが合わない。そのうちに逃げられる。

最初は腕の差だとおもってました。しかし2年もすると、
「この差はカメラの性能の差じゃなかろうか?」って疑うようになった。
だってコキリコが使ってたカメラはネットで3万円台で買ったカメラ。
片やカメラ、交換レンズ、三脚を含めて~100倍近い値段。
これで性能に違いがなかったらオカシイよ。

で、山崎川の大ベテランさんが、大砲―デジイチから買い替えたカメラに
昨年10月、コキリコも買い替えた。もらった10万円を消費に回しました。

これで撮れなければ腕とか、根気がないことになる。
頑張ったよ、途中で雨がぱらついたのにね(笑い)。

カエルのように見えるのは、多分、枯れかけた睡蓮の葉でしょう……。
3人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!