メニュー
ゲストさん
いのうえさんの投稿

大麻は日本の伝統文化

いのうえさん
いのうえ さんのブログ[カテゴリ:日本社会
2021.7.31 8:31
2015年12月「週刊SPA!」の表紙。
日本古来の大麻文化を取り戻したい!

大麻は有用な植物というだけではなく、
日本人の精神性にも大きくかかわっている。

安倍昭恵さんの顔と一緒に、上記の文字が表紙を飾っている。

この件に関しては、私も安倍さんと同意見である。
ただし、日本人の精神性にもかかわるという部分は納得できないが。


「大麻は日本の伝統文化で、日本文化の中心に位置してきた」と書いてある。
例えば、ヘンプは大麻草から作られる繊維で、日本の生活の中心にあった。
有史以前の古墳にも大麻が描かれている。

「大麻には清める力があると崇められきた。
神主たちは大麻草を葉を束ねて悪霊払いに使っていた。
花嫁は婚礼で、大麻で作った綿帽子をかぶって純潔を示した。
伊勢神宮では、今でも天照大神に捧げるために大麻が名前についた祭典を年に5回行っている。
かつて、子どもたちは、いい子だけが大麻のように立派に育つと言われていた。
大麻は背が高くて強い植物だからだ。」

上記は、「麻薬と人間」作品社 2021年2月発行より

日本は伝統的に大麻草を活用してきた社会だった。
1948年に麻薬取締法が成立、日本中にあった2万5千軒の大麻農家は閉鎖された。

薬物の嗜好について、日本は世界的にみて特殊だという。
ヘロイン、コカイン、アヘン、マリファナのような世界的主流な薬物が少ない。
覚せい剤(メタンフェタミンなど)が日本の薬物の中心。

違法薬物の使用者は、世界人口の約5%、2億人という。
一方、日本では正確な調査がないが。数%程度という。

日本で覚せい剤が好まれるのは、
解雇される恐れがあるからだという。

覚せい剤なら、週末だけの使用が可能で、平日は勤務できるという。

つづく
彦左ジャム 2人がいいねと言っています
コメント
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2021.8.2 14:28
> 1948年に麻薬取締法が成立、日本中にあった2万5千軒の大麻農家は閉鎖された。
大麻と麻薬は別のものです。

大麻取締法
麻薬及び向精神薬取締法

法律も別になっています。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!