メニュー
ゲストさん
topkatさんの投稿

白鳥親子のシンクロナイズドスイミングなど

topkatさん
topkat さんのブログ
2021.10.5 18:41
ここ北国は日に日に秋深まってきております。

彼岸を過ぎ
ほぼ東から昇る朝日



夕方の沼で白鳥親子が何度もダイビング中
今年の春に生まれた幼鳥もお上手になってましたよ
これで今年の冬を生き延びることが出来るでしょう

これこれ・・よそ見しないで


そうそう・・その調子


もう一度やるからよく見ててね


なかなか宜しい!


今度は一緒に
一二ぃ三!



マイ庵は収穫の秋です。
熟した西洋ニワトコ
今年はウォッカに浸けたリキュールとジュースを作りました




秋収穫種のラズベリー



庭の野菊に集まるたくさんのミツバチ
甲斐甲斐しく働くのを見ていると
可愛くて
いつまでも飽きません







蜂二匹まではいいけれど
三匹になるとジッとしてないから難しい・・



アパートの居間に咲くカトレアの花
最初に咲いた鉢植えの三輪に続き
ほぼ十日遅れで
残りの二鉢が二輪ずつ同時に咲きました
ヨギーゆりかもめホテイラン風薫る酔どれアンコウコキリコ天天彦左柚月@スズジイ@ 19人がいいねと言っています
コメント
ちぃさん
ちぃ さんのコメント
2021.10.9 10:19
白鳥さん親子は、見ていて教えているんだな〜というのがわかるんですね。
すごいですね。
吹きだし風の白鳥の代弁が面白い!

秋真っ盛り。いいお天気。
西洋ニワトコのお酒。。。近くならグラス持って味見させて〜
と行きたいです。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.10.10 18:53
ちぃさん、おはようございます。

実は長女が三日前に次男を出産して、昨日病院から帰ってきましたが、私は長女んちへ二週間も前から住み込んでます。
核家族でも最初の一人ならまだ簡単だけれど、彼らには四歳になる男の子がいて、日中は幼稚園へ行ってるとしても、甘やかされて元気盛りだけに大変なの。

私は夕食とアルバちゃんの散歩だけに関わっていますが、我が家から10kmしか離れてもいないので、時々ポストを空にするとか、花の水遣りとかに帰れるし、つくづく暇な年金者で良かったなと思います。

でも、私が40過ぎて末っ子を産んだからか、のんびりと遊んでて晩産になってしまった感じ・・、私のせいだね。
結局、帝王切開、二泊三日入院ということになってしまったけど、慌てることもなく(私が)、準備期間があって良かったと思っています。

父親は向こう二週間の出産休暇をとっていて、此方は両親は合計一年間の出産育児休暇があるので、授乳してる長女は、父親が終わりの二か月間の休暇をとるまで、ゆっくり出来るでしょう。
一歳になる頃には保育園にも入れるしね、私の出る幕は無し、安心。

西洋ニワトコのお酒はまったりと甘くて美味しい、深紅のワイン色も素晴らしいの、ホントにお近くならご一緒に乾杯したいものです。
1人がいいねと言っています
蜜りんごさん
蜜りんご さんのコメント
2021.10.9 7:02
おはようございます。topkatさん。
鳥たちも独り立ちに向けて大忙しですね。
大きな白鳥の、ダイビング見応えがあるでしょうね。
そちらでは木の実も収穫の時期もそろそろ終盤でしょうか?
日本も、栗やら果物やら、美味しい季節になって来ました。
食べ物ではないけれど、染めに使える、「臭木」が熟してきたので、早起きして取ってきました。
初めての挑戦です。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.10.10 18:02
蜜りんごさん、おはようございます。

クサギって植物園で見たことはあるけれど、ピカピカ光った青い真珠のような実がとても綺麗ですよね・・。
青かピンクか、どんな色に染まるのか、私も楽しみです。
でも、名前からして臭いのかな?

白鳥のダイビング、尖がったお尻を水面に突き出してツンツン上下したり、ひっくり返らないように一生懸命にバランスをとったりしてる姿、ツンと優雅な印象からほど遠くて愛嬌ありますよ。
1人がいいねと言っています
蜜りんごさん
蜜りんご さんの返信コメント
2021.10.10 22:17
topkatさん。
そうなの、臭木は葉っぱがちょっと匂うんだよね。
実は数少ない青が染まる染料です。綿には染まりづらいのと堅牢度が悪いからこのあたりの人は染めないんだけど、今年たくさん見かけたので、一度は染めてみようかと、とってきました。
ガク部分は酸で赤っぽい色が出るようですが、こちらも染料としてはイマイチかな。
そちらでは植物園の木なのですか?
この辺りではあちらこちらに雑木として生えてます。
1人がいいねと言っています
ふるちゃんさん
ふるちゃん さんのコメント
2021.10.7 8:03
topkatさん おはようございます

ハクチョウたちの元気な姿はいいですね。
こちらもこの光景が見られるのはもうすぐ・・・と言いたいところですが、毎年飛んでくる
場所の川原が夏の豪雨でかなり地形が荒らされてしまって、今年は来てくれるかどうか
心配です。
以前も同じ状態のことがあって飛んでくる数がかなり減ってしまったことがあります。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.10.7 19:38
ふるちゃんさん、こんにちは。

此方は、もう秋真っ盛り、木の葉が色づいて散り始めていますよ。
これからの季節は野鳥たちにとって試される時期、元気な姿を見ると安心しますね。

今年の冬は暖冬か厳寒になるのか気になるところですが・・、渡り鳥も安全で餌のある場所に戻ってくるのでしょうね、少しでも苦労が少なく、幸あれと願うしかありません。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2021.10.5 23:27
水鳥たちのシンクロナイズドスイミング、山崎川でもよく見かけますが、
白鳥ほどの鳥だと迫力があるでしょうねー。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.10.6 17:18
コキリコさん、おはようございます。

白鳥のダイビング、というか水中の草を食べてる様子ですが、逆さになって、お尻の尖がった先だけ出ていて、それがツンツンと上下するのですよ。
一見優雅な白鳥にもなんとなくユーモアが漂っておもしろいです。
1人がいいねと言っています
酔どれアンコウさん
2021.10.5 21:20
こんばんは

白鳥親子の画像に添えられたテキストが
よくマッチしていて 面白いですね(^^)
ニンマリと拝見しました(^^)
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.10.6 17:14
酔いどれアンコウさん、おはようございます。

アルバちゃんと散歩途中に見た親子、カメラ持参してなくてスマホ撮影です。

鳥の子は素直でヨロシイ、親のやり方を見て、素直に何度も真似していました。
親鳥も辛抱強く、何度も何度も繰り返してお手本示していましたよ。

そこへ行くと人間の子は・・、と、グチの一つも言いたくもなるのは、やはり経験者は語るでしょうか。アハハ

ともかく、ホントに声が聞こえてくるような・・、微笑ましい場面に感動しましたよ。
1人がいいねと言っています
ゆりかもめさん
ゆりかもめ さんのコメント
2021.10.5 20:32
美しい秋の花。
さらに
たくさんの収穫で、実り多き秋ですね。

作業も大変ですが、その反面、楽しみも大きい。
冬の夜にはリキュール酒でカンパイ。
楽しみは大きい、家宝は寝て待て、たっぷり寝かせて
美味しい時期が楽しみですね(*´▽`*)
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.10.5 20:58
ゆりかもめさん、こんにちは。

そうなのよ、自然てよく出来てるものですよね。
夏の日長で充分熟した木の実やイチゴ、もちろんトウモロコシやジャガイモなどの作物もそうだろうけど、秋の夜長に手間暇かけて仕込んでおけば(?)冬の間に食いっぱぐれることは無いということなのかしらね。
北国の長くて暗い寒い冬、クルミを割って食べながら、リキュールをチビチビ舐めてると、夏の思い出に五感が蘇ります。
なーんてね、アハハ・・。
1人がいいねと言っています
ゆりかもめさん
ゆりかもめ さんの返信コメント
2021.10.5 21:05
なんとも・・環境が素晴らしい。
そんな環境に浸ってみたいと思う⇔私

満員電車で朝早くから出かけるのも
しんどくなり始めてます。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2021.10.6 17:02
ゆりかもめさん、おはようございます。

そうね・・、都心に住んでらっしゃると、こういう鄙びた暮らしは程遠いかも知れませんね。

ましてや現役で毎日の通勤で揉まれてたりすれば、たまの休暇には、なーんにも無い田舎で、のんびりもしたくなりますでしょう。

でも、働けるうちが華、社会があなたを必要としてるうちが一番ですよ、お役目なくなるというのもナンだかね寂しいものです。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!