メニュー
ゲストさん
ヒロシさんの投稿

アキアカネ

ヒロシさん
ヒロシ さんのブログ[カテゴリ:画像の加工
2021.10.13 11:38
空中を行ったり来たり
北海道を除いてはこの時期よく見かけるトンボ
ヒマワリの花も落ちその枯れた茎に止まり
キョロキョロと辺りを見回しながら束の間の一服
撮った写真に歌詞を付けてみました。


※恥ずかしながら今の今まで
「負われてみたのはいつの日か」
この中の「負われて」を『追われて」とばかり解釈していました
しょうく信々亭ジャムひろちんホープ白髪鬼「霧の中の追憶」爺@スズジイ@四つ葉流星 12人がいいねと言っています
コメント
ヒロシさん
ヒロシ さんのコメント
2021.10.13 21:44
コキリコ さん
諸説はあるもの、やっぱり、本人から直接、見聞きしたものじゃないと
真意は定かじゃありませんよね。
ましてや、小学時代だからね。歌詞通りに受け取りますよ。(爆
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2021.10.13 20:41
カラスの「七つの子」についても諸説あるとか。

コキリコは子供のころは七羽のヒナがいるとばかり思ってましたよ。
七歳の子供じゃないかと。
0人がいいねと言っています
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2021.10.13 14:09
姐やに背負われて赤トンボを見たという話しですね
それを書かないとわかりませんよね
https://media.toriaez.jp/y3046/64051.pdf

北海道と言えばそろそろ雪虫ですよね
あれは好きになれない
https://hokkaidofan.com/life01/
1人がいいねと言っています
ヒロシさん
ヒロシ さんの返信コメント
2021.10.13 14:39
きぃたん さん
リンク辿って読んでみましたよ。
これで、一つ勉強になりました有難うございました。
0人がいいねと言っています
ひろちんさん
ひろちん さんのコメント
2021.10.13 13:30
こんにちは(*'▽')♪
ひろちんも『追われて』だと思ってました(;^_^A
『アルプス一万尺』も
【こやりの上で】は【子ヤギの上】だと思ってましたし(*´艸`*)♪
0人がいいねと言っています
ヒロシさん
ヒロシ さんの返信コメント
2021.10.13 14:36
ひろちん さん
『アルプス一万尺』も日本のアルプス槍ヶ岳だったんですね。
こやりは、(小槍)でその付近にある岩で1万尺をメートルに換算すると
3、030メートルだそうでこれが(小槍)歌の『アルプス一万尺』だという説も
あるそうですよ。
1人がいいねと言っています
雪豹さん
雪豹 さんのコメント
2021.10.13 11:52
みんな同じような解釈をするものです
童謡を歌う会で、歌詞からどんなイメージを受けたかと問われたとき大笑いしたものです(^^♪
0人がいいねと言っています
ヒロシさん
ヒロシ さんの返信コメント
2021.10.13 14:27
雪豹 さん
習ったのが小学校時代だったので
漢字じゃなく「おわれて」だったので勝手に解釈して「追われて」にしていたようですね
ここは、「ねえやに背負われて」だったようですね。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!