メニュー
ゲストさん
ぶりぶりさんの投稿

吹奏楽の作曲家3 吹奏楽の話42

ぶりぶりさん
ぶりぶり さんのブログ[カテゴリ:吹奏楽
2021.11.26 1:11
ここでまた吹奏楽の作曲家の話に戻ろうかと思う。
これまでリード、ジェイガーときたので、もう一人スパークを紹介しようかと思う。
スパークはイギリスの作曲家で1951年生まれ。
詳しく知りたい人は Wikipedia をどうぞ。

なんといっても出世作のジュビリー序曲は、吹奏楽ファンならば知らない人はいないだろう。

スパークは何と言っても旋律性に長けていて、美しいメロディーをたくさん生み出している。

芸術的音楽の世界は、ドレミの音階は頭打ちで、無調性の方向へ進んで行ってしまったが、吹奏楽はこうした美しいメロディーを、未だにたくさん世の中に放出し続けている。

その点が吹奏楽の、素晴らしいところでもあると思う。

だいたい今から20年位前、娘がまだ小学校で吹奏楽をやっていた時に、県の大会に出場した。
その時、他の小学校の演奏で、ジュビリー序曲を聞いたのが、俺がスパークの音楽を聴いた、初めての体験だった。
小学生の演奏ではあったが、素晴らしい作品に巡り会えたと思った。

難易度もそれほど高度ではないにせよ、音楽をまとめるのは、結構難しい構成だと思う。

スパークの優れた部分を、前面に押し出した作品となっている。

https://www.youtube.com/watch?v=xah8egWlk_s
.
風薫るおかし彦左伊織 4人がいいねと言っています
コメント
風薫るさん
風薫る さんのコメント
2021.11.26 7:24
朝の出勤前に聞くと目が覚めるというか
フレッシュ爽快な気分になりますね。
美しいメロディと爽やかさでしょうか。

専門的なことは分かりませんが
身体で聴きたい曲だと思いました。
音楽の力は凄いですね。

長く関わる人に
視覚障害
精神障害を持つ人がいますが
聴覚を活かして
作曲活動を行なっています。
思い起こしました。
0人がいいねと言っています
ぶりぶりさん
ぶりぶり さんの返信コメント
2021.11.26 7:50
娘も障害者施設の職員ですが、そういう特殊な能力がある人がいると言っていました。

スパークのオーケストレーションは、音を重ねるのが多いので、厚みが感じられる反面、色が濁って聞こえることがあります。

好みが分かれるところでもあるけれど…
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!