メニュー
ゲストさん
100ennmeganeさんの投稿

遠江三十三ケ所観音霊場巡り二十七番札所

100ennmeganeさん
100ennmegane さんのブログ[カテゴリ:遍路
2021.12.12 14:51
二十七番札所 真言宗 瀧生山 永寶寺内慈眼寺 住所 菊川市西方6748-1
ご 本 尊 十一面観世音菩薩(木製・立像) 聖観世音菩薩(金銅製・立像)
ご 真 言 オン ロケイジンバラ キリク
創  建 不詳。中興 元和2年(1616)
開  基 不詳
開   帳 33年毎
ご詠歌  さえいずる月をながむる瀧の水 かみすみぬれば下も濁らず
遠江の事務局です。

観音堂
野猿
御朱印
由 緒
 旧小笠郡唯一の修験道寺院。代々「滝の谷法印」と俗称された檀家をもたない祈祷寺として信仰されている。
 『掛川誌稿』には、「西方村、観音堂、滝の谷にあり。此観音は旧慈眼寺の本尊也。潮海寺道に宝蔵坊と呼ぶ所あり。以前某所に寺ありしと云。寛文八年の鰐口に「川村庄慈酬寺」と刻せり。観音巡礼二十七番の札所也」とある。
 天和3年(1683)春、観音堂移築造営の折にその土中から聖観世音菩薩(金銅製・立像)が出現した。第二代目、久仙法印の時に開扉供養を行い以来両観音を本尊として祀っている。
 裏山には、十二支守り本尊の石仏が8体「南無阿弥陀仏」銘の石塔などがある。また、樹齢200年以上の海棠の古木を始めとした花木がよく手入れされて心なごむ。
しょうく信々亭おかしジャム彦左 5人がいいねと言っています
コメント
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!