メニュー
ゲストさん
topkatさんの投稿

白鳥とキセツブンソウの絨毯

topkatさん
topkat さんのブログ
2022.3.2 1:42
この週末の土曜日、春の陽気に誘われ、町の東の大沼を回ってから、南にあるマイ庵まで、今年初めて、久しぶりのサイクリングしてきました。

私の行動半径5km内のいつものコースだけど、ざっと計算しても16-17kmはあるかな、快適なサイクリングロードを走りながら、咲き始めた花を眺めたり、鳥の声を聞きながら、早くも春の息吹が感じられて、まだ二月だというのに爽快でした。

まずいつもの白鳥の集まる場所で













おやっ
早くも春を告げる頭巾カモメ!
今年も来てくれました



恋の季節も始まりました





羽繕い日和・・



でも、少し離れた所では・・
一人独立させられて寂しそうな若鳥



草原の端
楡の樹の下にキセツブンソウが絨毯を広げていました









赤い実のなる
黄色い山茱萸の花も開き始めました


我が町の沼を半周しただけで南のマイ庵へ向かいます



樹にとまってる鳥を発見!
残念ながら背中だけだけれど、いちおう記念に・・
ブザードという猛禽鳥



此方はカケス


水浴びをしてたらしく
盛んに身を震わせたり
羽繕いに忙しい・・



マイ庵近くの沼
雁達が戻ってきていました


ギョウジャニンニクの芽が出てきたかなと行ってみたけれど
まだ早過ぎました
代わりに此処にもキセツブンソウの絨毯



いよいよマイ庵到着
白いエリカの花が満開!



今は何処でも
春の定番
スノードロップとキセツブンソウ



早咲きのクロッカス



今日から三月、暦では春です。
今月末にはマイ庵の水道の元栓がオープンするから、台所もバスルームも使えるようになります。
いよいよ冬眠から覚めて、新しいシーズンの幕開けです。

でも、残念なことに、今年は、ようやくコロナから解放されて、バンザーイと喜んだのも束の間で、世の中はまたなんと不穏でキナ臭くなってしまったことか・・。
もう、誰しも楽しむどころではないような気にもなりますが、やはり、今は、自分に残された短い時間を精いっぱい楽しむしかないと思います。
此処では意見を言いたくありません。
風薫るホームしょうくラベンダー信々亭ホテイラン天天姨捨山人四つ葉ゆ〜 25人がいいねと言っています
コメント
ふるちゃんさん
ふるちゃん さんのコメント
2022.3.6 10:02
topkatさん おはようございます

お返事が遅くなってしまいました。
春の陽気でハクチョウ達も気持ちよさそうにのんびりと過ごしていますね。
こちらのハクチョウたちは来たのは700羽あまり、例年ですと1000羽以上飛んで
くるのですが、早くも北帰行が始まってしまいました。
ブザードという鳥は名前も初めてですが見たのも初めてですが、カケスはこちらでも
よく見ますね。
キセツブンソウがいよいよ本格的なジュータンになって来ましたね。
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2022.3.7 17:51
ふるちゃんさん、おはようございます。

昨日は昨年秋に生まれた孫の洗礼式でした。
コロナの規制は無くなったけれど、計画を立てた頃はオミクロンが急増中だったので、今回は家族だけ20人のこじんまりしたパーティ、幸いに天気も良かったし、すべて上手くいって一安心してるところです。

ようやく、春になって、彼方此方のあれこれ行事や催し物も、だんだんコロナ前に戻ろうかとしています。

白鳥達も縄張りに戻ってきて、彼方此方でカップルが胸と胸を合わせたハート型になってるのを見かけますよ、厳しい冬を生き延びて、また新しいスタート、健気なものです。

早くも北帰行、シベリアも雪解け始まったのでしょうか、白鳥達には敏感に自然を察知するのでしょうね、短い夏の間に子育てしなくちゃなんないから、急ぎますよね。

ブザード、此方では一般的な鳥でよく見かけますが、ピーロロロロ ピーロロロロと鳴いてるのを聞いたから、もしかしたら日本のトンビかなと思ったのですが、やはりちょっと違うようで残念。
まっ 此処には"油揚げ"がないから魅力もないのかも・・。
1人がいいねと言っています
ホープさん
ホープ さんのコメント
2022.3.2 20:29
topkatさん
再度です。m(_)m

懐かしいです。
>>ギョウジャニンニクの芽が出てきたかなと行ってみたけれど
まだ早過ぎました・・・夫を思い出します。笑い・・・・それから・・・山茱萸の花も開き始めました
農業センターにこの花咲きます。

昨年3月、緑化センターに行った時のYouTubeです。
山茱萸などもでてきます。
よろしければご覧ください。

https://youtu.be/Gd6BaFzlaxA
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2022.3.3 6:56
知子さん、こんばんは。

youtubeも拝見いたしました。
もうすぐこんなにいろいろ花が咲いてくるなんて、楽しみですね。

山茱萸の実は、毎年、ウォッカに浸けて、赤くて綺麗な、甘酸っぱいリキュールを造ってるから、気になるのです。

いつもギョウジャニンニクを摘みに行くとセツブンソウの花が咲いてるので、今年はセツブンソウの花が咲いたからギョウジャニンニクも芽が出たかなと思い、様子を見に行ったのですが、今年はセツブンソウの開花の方が断然早かったようです。

残念ながら、ギョウザニンニクは作れませんでしたよ。アハハ
1人がいいねと言っています
ホープさん
ホープ さんのコメント
2022.3.2 17:36
topkatさん
こんばんは。m(_)m

黄セツブンソウのお写真 ありがとうございました。m(_)m

娘が昨日突然やってきました。m(_)m

エリカの花のお写真も、ありがとうございました。m(_)m
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2022.3.3 6:47
こんばんは。

今日も此方は良い天気、近くのスーパーまで歩いて買い物に行ったら、道の途中にもキセツブンソウがたくさん咲いてて、そこだけポッと明るくなって見えましたよ。
なんせまだ春先、冬景色の殺風景なもんだから、よく目立ちます。

コロナ騒動で自己隔離のような生活に、すっかり慣れちゃって、ますますのんびりの癖がついてしまいました。
どんどん時間が経つのが早くなってる気がします。
1人がいいねと言っています
ヨギーさん
ヨギー さんのコメント
2022.3.2 9:46
こんにちは

今回もたくさんの鳥やお花の写真、楽しめました〜ヽ(´▽`)/
白鳥と水面の光のきらめきが特に素晴らしいですね
気高いイメージの白鳥と水面がとっても似合ってる♪

カケス
初めて聞く名前の鳥さんです
胸のあたりの羽毛がふかふかで温かそう(´∀`)
毛づくろいしている様子が可愛いですね

これだけたくさんの種類の鳥やお花に囲まれてうらやましい環境です
また引き続きコペンハーゲンの四季折々の画像やイベントなど楽しみにしてます
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2022.3.2 17:12
ヨギーさん、おはようございます。

カモや白鳥、雁などは留鳥ですが、餌の少ない冬の間は半分くらい南のドイツ国境辺りへ避寒に行ってるのだけど、最近また戻ってきているので、数が増えています。

久しぶりに穏やかな春の陽ざしの中で、白鳥達ものんびり寛いでました。

これから此処で繁殖するたくさんの渡り鳥がやってくるので、夏場の沼地は押し合いへし合い烏合の衆とか言われるように、ものすごい賑やかさになります。
でも、毎年、孵ったばかりのヒナ達がお目見えするのが楽しみです。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2022.3.2 8:50
ホント野鳥も草木も豊富で、あきることがないですねー、羨ましいです。

こんなところなら、コキリコだったら、天気が良かったら毎日でもサイクリングしてます。
2人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2022.3.2 16:51
コキリコさん、おはようございます。

長い冬の間のモノトーンの世界が、まるで魔法が解けてゆくように、色彩が現れてきましたよ、この落差が激しくて気も狂わんばかりになります・・・?!?

この国の自慢できることと言ったら、素晴らしいサイクリングロード。
街の中はもちろん、湖沼に沿って、森の中も網の目のように完全完備されてます。
だから、私にもマイペースで走れます。

コキリコさんがいらしたら、やっぱり狂喜しちゃうこと請け合いますよ。
1人がいいねと言っています
酔どれアンコウさん
2022.3.2 8:42
こんばんは

⭕️北欧のカラス
⚫︎スエーデン在住の方のブログ
(カケスに付いても記述があります。)
⚫︎https://ameblo.jp/kattsingen/entry-10297540981.html
>>家にあった鳥の本とグーゲルから抜粋しました。
この辺では一般に7つぐらいカラスの種類があるらしいです。
1)コルプ(ワタリガラス raven)
2)クローカ(ハシボソ/ハシブト?カラス crow)
3)ローカ(ミヤマガラス rook)
4)カィヤ(コクマルガラス jackdaw)
5)スカータ(カササギ magpipe)
6)ノートスクリーカ(カケス jay)
7)ノートクローカ(??? nutcracker くるみ割じゃありません)<<

北欧を旅しての鳥観察記
⚫︎http://nature2-birds-world.travel.coocan.jp/kakesu.htm

⚫︎論文の紹介(論文そのものではありませんが、他の生物との
相互関係が面白いです)
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/wada/articles.html
また二分割コメントです(^^)
1人がいいねと言っています
酔どれアンコウさん
酔どれアンコウ さんの返信コメント
2022.3.2 8:47
⚫︎カケスとミヤマカケスの違いアメーバブログ
(ご紹介のカケスは日本で見るカケスの印象と違うので調べています、デンマークのカケスは目の印象が柔和ですね(^^)ミヤマカケスが
デンマークのカケスに該当するのかはまだ分かりません、
日本で見るカケスは顔全体が凶悪な印象なのです(^^))
https://ameblo.jp/kusakian/entry-12653583094.html


>>ミヤマカケスの色はといいますと、尾と羽の一部は黒いものの、頭は茶色、背中はグレー、目は葡萄色、アゴ部分に黒い細い線が有り、羽の一部分に綺麗な青い模様と白い色の部分があり、特徴あるフアフアした飛翔すると、腰の白い部分がとても目立つ鳥で、カラスの様に一面真っ黒では無いのです。
カケスは、英名を ja y といいます。これは ローマの法律学者(ガイウス) の 名にちなむともいわれていますが、彼らは、ジャージャーと良くしゃがれた声で良くなくものですから、この鳴き声によるとの説が有力と言われています。
 また、学名の 属名 ガルルスは〈おしゃべりな〉という 意味 のラテン語で、この鳥の変化に富んだ 鳴き声 に由来しています。
というのも、この鳥はモズのように、他の鳥や動物の声も良くまねるのです。私も森を歩いていて、あらあらどこからか猫の声がするわ、あら今度はトビの声、えっ、今度はクマゲラだわ、ひよえークマゲラ見てみたーい、等と思っていたら、彼らがそれらを真似する声だったなんて、騙される事もしばしば、なかなか物まね上手の子達です。私のお友達の中には、真冬森を歩いていたら、エゾ春ゼミの声が聞こえてきて、ああとうとう俺の頭もおかしくなったか、と思ったら、その声の主はカケスだったとか、他にも彼らが救急車のサイレンの音や、猫の真似するのを聞いた、なんて事も聞いた事があります<<

1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2022.3.2 16:31
酔いどれアンコウさん、おはようございます。

あらっ、カケスにも二種類いましたか?

此方のカケスはジェイ。
山カケスなのですね。

とても綺麗な鳥ですよ。
フワフワッと樹々の間を飛び抜けます。

此方でマグパイと呼ばれてる、カササギと同じく声が良くないので、この国では昔から同類のように見られて、例えば家スズメと森スズメのように、カササギは家カケス、モリカケスは森カケスと、"カケス"という意味のこの国の名で呼ばれてるのもおもしろい。

このジェイも、マグパイと同じくヨーロッパで最も一般的な鳥、北アメリカに移民した人たちには、郷愁からか、色形の美しい個性的な鳥であることから、とても人気があります。
1人がいいねと言っています
風薫るさん
風薫る さんのコメント
2022.3.2 2:45
)今は、自分に残された短い時間を精いっぱい楽しむしかないと思います。

誰しも思っていますね。
腹を立てても時間の無駄かと。
人間の愚かさを痛感する毎日。
でもそんな人ばかりじゃないと
私も思う様にしています。

美しい自然の中で過ごせる幸せ。
生き物達の春の息吹
こんな素敵な平和な日を
1日1日暮せるのだから
人生は素晴らしい。

素敵な画像をありがとうございます♪
1人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんの返信コメント
2022.3.2 5:53
風薫るさん、こんばんは。

しかし、風薫るさんは朝が早いですね!
それとも、もしかしたら、夜が遅いのか・・。

此方は、この頃、良い天気が続いてます。
日もだいぶ伸びてきたし、もうすっかり春の陽ざしです。

最近、たくさんの渡り鳥の群れが、空高く、北へ北北東へと向かって飛んで行くのが見られます。
今年もまた遥々と北極圏にやってきて、短い夏の間に卵を産み、孵ったヒナを育て上げ、夏の終わる頃に共に帰ってゆきます。
北国の美しい夏をゆっくり楽しむ暇もなく、白夜さえ、むしろ寝る時間がないということになり、ただひたすら育児に追われるのです。
命ある限り、毎年の繰り返し。

人間社会では、皆、生きるために働く、忙しいのは当たり前。
でも、もう、年金もらう年になったのだし、先は長くない、ゆっくり自然に暮らしたいです。
鳥達が甲斐甲斐しく子育てしてるのを見ると、癒されるというよりも、いろいろ教えてもらうことが多くて感動します。
今年も、その始まりの始まり、ワクワクします。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!