メニュー
ゲストさん
hinamiyaさんの投稿

ペット癌治療薬市場2023年:トレンド別、最新調査、産業競争力分析、収益、2033年までの予測

hinamiyaさん
hinamiya さんのブログ
2023.1.25 15:23
犬猫における数種類のがんの有病率の上昇や、動物のがん管理に関する研究開発の取り組みが増加していることが、市場の成長に寄与しています。獣医がん協会によると、2017年には犬の47%(特に10歳以上)、猫の32%において、がんが死因のトップとなっています。猫に多いがんは、白血病とリンパ腫です。がんは高齢の動物に多く見られますが、犬種によっては、がんの発生率が高いものもあります。前述の要因に加え、ペットの健康意識の高まりや、ペットのがん管理に関する研究開発イニシアチブの増加が、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。しかし、ペットのがんの治療に使用される薬剤による副作用、ペット動物を投薬下に置くことに対する飼い主の消極性などが、ペットがん治療薬市場の抑制要因になると予想されます。

主な市場動向

犬のがんが市場をリードする見込み

犬は人間とほぼ同じ割合でがんに罹患し、猫は罹患率が低い。犬種や家系によっては、早期のがん発症率が高いものもありますが、ほとんどの場合、高齢の動物に見られる病気です。NPO法人FETCH a Cureの発表によると、2019年の1年間にがんと診断された犬は全世界で600万頭と推定されています。これは、犬の癌治療の必要性が高まっていることを示し、癌治療薬の需要を高める可能性があります。さらに、ペットの健康意識の高まりとペットの癌管理に関する研究開発イニシアティブの上昇は、予測期間にわたって、市場の成長を推進すると予想されます。例えば、2019年4月、Elanco社は、米国食品医薬品局(FDA)が条件付きで承認した最初の犬リンパ腫治療薬であるTanovea®-CA1についてVetDC社と開発および商業化契約を締結しています。

ペット用がん治療薬市場は北米が支配的

北米は、ペットの飼育率の上昇や一人当たりの動物医療費の増加などの要因により、大きな市場シェアを維持すると予想されます。また、様々な動物の疾病や傷害の有病率の増加が、市場成長を促進する主な要因であると認識されています。米国では、米国ペット用品協会(APPA)の報告により、約9,000万匹の犬が飼われています。また、APPAが発表した2019年のデータでは、2018年の支出は755億6000万米ドルであったのに対し、年末までにペット医療費総額は753億8000万米ドルになると推定されると記載されています。また、北米では、獣医開業医の適切なスキルの確立を重視している。したがって、これらすべての要因が、北米のペット癌治療薬市場の成長を促進しています。

競合他社の状況

ペット癌治療薬市場の市場プレイヤーは、市場の存在感を高めるために、提携、パートナーシップ、合意、合併、買収などの様々な成長戦略に関与しています。例えば、2019年4月、Elanco Animal Health社は、犬および猫のための革新的な治療薬の開発および商業化に注力するペット治療薬企業、Aratana Therapeutics社を買収する契約を締結し、2018年1月、Aratana Therapeutics社は、犬骨肉腫ワクチン、生リステリア ベクター(AT-014)に対して米国農務省動物用生物学センターから条件付き承認を得ました。

本レポートを購入する理由

- エクセル形式の市場推定(ME)シート
- アナリストによる3ヶ月間のサポート

詳しくはこちら: https://www.sdki.jp/reports/pet-cancer-therapeutics-market/89044

SDKIについて
現在のグローバル経済におけるビジネス環境のダイナミックな性質は、ビジネスプロフェッショナルの間で市場の現状をアップデートする必要性を高めています。このようなニーズに応えるため、Shibuya Data Count ( SDKI ) は、ヘルスケア&医薬品、IT&テレコム、化学&先端素材、消費財&食品、エネルギー&電力、製造&建設、工業オートメーション&機器、農業&関連産業など、さまざまな業種のビジネスプロフェッショナル向けに市場調査報告書を提供しています。

詳細については、下記までお問い合わせください。
ローレン・ブラウン
渋谷データカウント
電子メール: sales@sdki.jp
電話番号: + 81 3 45720790
0人がいいねと言っています
コメント
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!