メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ
しょうくさんの投稿

重さ・・・重量?質量?

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2016.7.25 6:34
7月25日(月)
 今朝窓際温度計は、24℃、湿度71%、晴れ、雲の量は相当多いが、青空が一部見えているので、晴れとしましょう。
 似ていながら少し違う、重量と質量。どっちでも同じさと軽く流してしまえば、別にそう考え込むこともないでしょうね。
 早い話が、あなたの体重オーバーです、軽くしなさい、そういわれたら、月へ行くことですね、体重は一挙に6分の1になってしまいます。そうですね、地球の引力の6分の1しか月の引力はないといいますからね。まあ簡単に言えば、質量は物質の動かしにくさの度合いを測るもの、重量は重さのこと、普通の動かない状態ならば、質量と重量は、地球上では同じ、まあ早い話が、地球が引っ張っているものの重さとでもいえばよいのでしょうかね。

 セミの抜け殻、すっかり重さの巣K亡くなったやつです、重さの本体は?、どこかでミンミンと泣いてるかもしれません。
 質量は、モノがもともと持っている量で、質量のあるものは、必ず引っ張り合う、そんなところでしょうかね。
 
 再々出場しますが、我が家の庭の夏の定番、ヤナギバルイラソウです、これが咲いている間は我が家の庭は、夏です。
 
 ヤナギバルイラソウを優遇しているので、少し競争心を起こしたのか、ニオイマッツリが、二度目の花をつけ始めました、紫色なら私も仲間に入れて、と言いたいように、紫中心に咲き始めました、白花も準備中のようです。
 さて、今日は少し早起き、歩き仲間と、座間の向日葵を見に行くので、これから出発の準備です、mailをKさんがどれだけの仲間にしてるかわからないのですが、駅へ着いたら、何人仲間が来てるかわかるでしょう。
 どうやら、気温はそれほど上がらない予報なので、ゆっくり繰り歩いてくることにしましょうかね、明日には、ヒマワリがどんな具合か、ご覧いただけるでしょう。

 白花のポーチュラカ、どんどん増えてきそうです、夏の花として楽しめる小さな花で、野草のスベリヒユとマツバボタンの混血ともいわれてます。
 それでは、緩々と、出かけます・・・・・・・、熱中症には気を付けてゆきます。
太十尾張の落武者空山アカシアまるえkatsu625なか呑兵衛かべ鴉 9人がいいねと言っています
コメント
アセビストさん
アセビスト さんのコメント
2016.7.25 11:24
しょうくさん こんにちは。

昨日までは涼しい日が続きましたが、今日からは夏の気温に少し戻り、湿度も共に少し
戻ったようです。一時に比べればまだまだ涼しい夏ですね。気象庁の長期予報は、海洋上
のいろいろな変化要因があるようで、初期は高温少雨の予報から、最近は気温は低め、
雨は大目に変化してます。

重量と質量の話、日々の生活ではまず問題にはならないことかと思いますが、工学上の計算
には必ず出てくる問題で厄介です。重量単位記号、質量単位記号ともに Kg を使うので
混同し易いですね。
0人がいいねと言っています
尾張の落武者さん
2016.7.25 8:20
☆たのしみは 今朝も晴れては いるものの 梅雨明け 真夏と 言いきれないとき☆

 本来は太陽がサンサ~ンと照りつける真夏だというのに、東京は未だ梅雨明け前^^
この涼しさは一体どうしたことか・・・
自然を相手に生計を営んでいない者にとっては、涼しい夏は大歓迎だが、
農作物や夏の暑さを相手に仕事をする人々にはさぞ心配なことであろう(^^)
 冷夏と聞くと思い出す人がいる。宮沢賢治・・・
冷夏の不作にあえぐ東北地方の農民たちの生活向上に命を捧げた人である。
 有名な「雨ニモ負ケズ」は、そんな農民たちと共に生きたいという
彼の究極の願いを詠ったものだと聞く~(^^)
 ・・・・・・    ヒデリノトキハ ナミダヲナガシ  
           サムサノナツハ オロオロアルキ
           ミンナニ デクノボートヨバレ
           ホメラレモセズ クニモサレズ
           サウイウモノニ ワタシハナリタイ ・・・
 成長の遅い農作物のニュースが流れるたびに、今もあの田んぼのどこかに
 一人ため息をつきながら、空を見上げる男がいるような気がしてならない(^^)
2人がいいねと言っています
人気記事