メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
ぬる湯さんの投稿

日本のマチュピチュ

ぬる湯さん
ぬる湯 さんのブログ[カテゴリ:
2016.11.15 15:45
先日
日本のマチュピチュ
竹田城に行ってきた。

竹田城は過去何度も行ったけれど
雲海に浮かぶ竹田城は見たことがなくて
一度は訪れてみたいと思っていた。

今回の車中泊は珍しく家内も行くというので
金曜日の夕方7時前に我が家を出発。
道中、できるだけ交通費も安くと
阪神高速川西から能勢を越えて丹波篠山へ。
丹波篠山から舞鶴道、北近畿道で和田山へ。
このルートで結構早い。立雲峡駐車場には10時過ぎに着いた。

早速車中泊鍋で一杯飲んで明け方まで眠ることに。
ワンボックスの後部を平らな床にしたマイカーは
テーブルを置くと車中泊鍋も可能なので
温かい鍋は寒空にはありがたい。

大人二人の寝床としても
余裕で寝がえりも打てるので
結構ゆっくり眠ることができた。

夜中に
あんまり人の子得や車のエンジン音がうるさいので目が覚めて
トイレに行こうと外に出ると
駐車場は車がいっぱいで
真ん中の通路にも小型のバスやタクシ委が何台も停まっていた。
トイレをすまし、車に戻ってから
まだ時間に余裕があったのでまたねむることにした。


夜が明け始める前に起きて準備。
展望台でカメラをセットしようと登山口に行くと
次々と途切れることがないくらいの人たちが
カメラやスマホを持って登っている。
ぼくもいい場所確保しようと
急いで登る。
第三展望台から少し登ったところで
いい場所を見つけてそこで撮影開始。
憧れの雲海に浮かぶ竹田城だ。
夢中になってシャッターを切る。
雲海をどんどん雲が流れる。
夢にまで見た光景だ。
やがて竹田城の石垣が赤茶色くなってくる。
朝日が当たり始めたのだ。
これもまた夢に見た光景だ。

夜明け前から1
素晴らしい光景に時間の経つのも忘れ
夢中になってシャッターを切った1時間余りだった。

やがて日が昇り
気温の上昇とともに
雲海はなくなっていった。

念願の雲海の竹田城に出会えて
最高の気分だった。
15人がいいねと言っています
コメント
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2016.11.17 1:43
千恵さん

念願の雲海に浮かぶ竹田城でした。
何度も行って
こんかい初めて
雲海と一緒に見ることができました(^^♪
0人がいいねと言っています
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2016.11.17 1:41
知子さん

雲海に浮かぶ竹田城
素晴らしかったですよ~(^^♪
1人がいいねと言っています
千恵さん
千恵 さんのコメント
2016.11.16 15:35
霧の中に浮かぶ城跡に朝日が当たり
赤くなっていく様子は感動だったでしょうね?
一度は私も見てみたい光景です・

城跡の方にも人はたくさんいるのですね?
1人がいいねと言っています
知子さん
知子 さんのコメント
2016.11.16 14:08
ぬる湯さん
こんにちは。m(__)m

デジブック拝見いたしました。
凄いですね。
1人がいいねと言っています
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2016.11.15 22:12
デジブックもできました(^^♪

http://www.digibook.net/d/d855e353b1c9bc9d26aea911beb674f4/?viewerMode=fullWindow&isAlreadyLimitAlert=true
0人がいいねと言っています
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2016.11.15 20:40
カレンさん

ぜひ一度おいでください。
感動しますよ~(^^♪
0人がいいねと言っています
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2016.11.15 20:39
グーニーさん

ぼくも何度か行って
やっと雲海に出会えました。

ここ最近の人気で
竹田城の方には
登りにくくなりましたね~^^

一眼は
車に置いたままで
ぼくもコンデジでした(^^♪
0人がいいねと言っています
    勇星哉☆ユホカさん
2016.11.15 20:25
竹田城には一度行って
みたいと思っています。
それと軍艦島にも・

霧の中の城跡
幻想的ですね。
1人がいいねと言っています
グーニーさん
グーニー さんのコメント
2016.11.15 20:10
ぬる湯 さん

雲海に浮かぶ竹田城跡を見られましたね。
奥様も満足されたでしょう。

運が悪いと雲海が出ず見られない日も多いのですが。

私はまだ今ほど竹田城跡が話題に上がっていない時で、平成23年の11月に
道草のZI-ZIさんに連れて頂き見てきましたよ。

反対の山に登り夜明けを待つことしばし。
薄明りと共に雲海に浮かぶ竹田城跡が見えてきたときには興奮しました。

日が照って周囲を見れば大勢のカメラマンがバースカ砲レンズで狙ってました。
吾輩は情けなや コンテジでんにゃわ。

それでもこのようにとらえました。

            

日が昇り雲海が消えていくとき。

            

周囲を見ればこんな状態でした。
となりで撮影していた方は2日続けてきているが、今日が一番良い感とのことでした。
名古屋から来ていると言ってられました。

            
2人がいいねと言っています

スローネットでできること
地域情報発信コーナーぶらっと!
おすすめサークル
短歌
写真しりとり
道草
しりとり川柳