メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
ペトロくんさんの投稿

私と義父の違いは、

ペトロくんさん
2017.1.12 11:40
今、義父(家内の実父)と3週間一緒に生活です。彼のお歳は96歳で小生は73歳のお年寄りです。
彼の健康状態は抜群で、もう治っている痛風とちっぴりと高めの高血圧、そして入れ歯の調整で歯医者に行くだけです。
 (昨日で、歯医者からは解放です)
…素人目から見ても五体満足で、クスリも栄養剤のようです。もちろん、杖も車椅子も無縁でお外に散歩をします。
 食事は我々夫婦以上に食し、好き嫌いはなしで夕食の時は1合のお酒の要求があるだけです。
テレビ中心の生活ですが、チャンネルを始終いじくり、隣にいるワタシには5秒間隔で話しかけてきます。(さすがにこれには耐えられませんね)
 それは、壊れたレコードのようで、何度も同じ話で聞く方には耐えきれません。
しかし、寝ることは確かに長くなっているようですね。

  今回は義父の面倒を見ていた嫁の重い緊急入院で余儀なく拙宅と義理の姉(家内の実姉)の家に厄介になったと言うことです。
 もう少しばかり義父についていえば、95歳まではカラオケが大好きで、お酒が入ると必ず歌を要求して周りを困らせることがあります。煙草は昨年(95歳)で止めたと言っていますが、止めさせられたのかも知れないですね。
(二年前から嫁の負担を軽くするため、デイ・サービスを受けます)

 …もちろん、戦争体験者で内地から、中国に渡り、満州経由で南方に行きます。今でもマレーシャ語が時々出るほどで、85歳時にマレーシャ旅行した時には、現地の女性と会話を楽しんでいるほどです。
(むろん、青年兵隊さんが覚える言葉は、お分かりですよね。この時その言葉が出たほど彼の元気さが分かると言うものです)
さらに追加して言えば、彼の戦争体験話は秀逸で、戦争のお話しは皆無で、お遊びや捕虜体験、女性関係から、南洋の島に雪が降った劇や、赤城の子守歌、などのお芝居をやったとかで、悲惨な戦争体験は聞けず、むしろ艶聞話で酒の席を楽しませてくれます、これが80歳以上のお年寄りのお話しですから。(捕虜生活の話しは常識では考えつかないほどで、虚言を弄していることはないですね)

  ですから、実家(義父)の嫁がいませんので、今彼の住まいを探しているところです。言い忘れましたが彼の息子はほとんど不在で、単身で大学に勤務です。その二人の息子も地元を離れての生活ですので義父ひとりがいるだけですね。

 さて、これからわたくしのお話しで、彼との違いを語ろうとしましたが、彼の人生(軌跡)を思うとバカらしさが漂います。
 ひとつだけ書けば、彼は96歳で五体満足で内臓疾患ゼロですね。
73才のわたしは、成人病をすべて患い、それ以外も片手ほどの病持ちです。
 この近々では、背中は筋肉痛でパンパンです。朝起きる時の仕草は最低でなかなか起きることすらできないのですから、もうどうしょうもないのです。

 それが目の前にいる義父を見ていると、小生の方が介護をして欲しいので家内には十分言い聞かせてはいるのですが、相手様は実父では叶わないようです。
(疲れましたので続きはまた後ほどで…)
青果 1人がいいねと言っています
コメント


脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室