メニュー
ゲストさん
老木さんの投稿

信仰

老木さん
老木 さんのブログ[カテゴリ:生命
2017.2.19 4:41
『一神教と多神教』
 我らの神は唯一絶対であるとするユダヤ教・キリスト教・イスラム教はユダヤ教から派生した。
近親憎悪というべきか。
骨肉の争いというべきか。
血で血を洗う争いを展開し、イスラエル対パレスチナやシーア派対スンニ派等の終わりのない戦いが続く。
歴史を振り返れば、世界は一神教を崇拝する宗教同士の戦場ではなかったのだろうかと思うこともある。
 何故、共倒れになりかねない終わりのない戦いを続けるのだろうか。
唯一絶体神は自分以外の神の排除を要求するから、熱心な信者は神の意思に従おうとして異教徒の絶滅に熱く燃え上がる。
イスラム過激派によると言われている9.11のテロも、米国のアフガンやイラクへの爆撃も、唯一絶体神の意向に添った異教徒に対する宣戦布告であり、イスラエルとパレスチナの終わりのない応酬も同じである。
唯一絶体神を崇拝する一神教同士の戦いは、石油利権を巡る戦い、基軸通貨ドルの防衛、資本主義対共産主義の冷戦等、宗教戦争とは異なる様相を呈することがあるが、根底に流れるのは独善的な一神教である。
結局は異者を排除する。
米国が唱えるグローバリズムも、実は異者を排除して米国のルールを押しつけようとするものであることがわかってきた。
一神教は一元主義とか普遍主義とか言うべきものだから、自分のルールを押し付け、世界を自分のルールで統一しようとする。
そのために戦争を仕掛けることは神の意思に添うのだと言われれば、多元主義で相対主義の多神教、あるいは無神教の仏教を信仰する日本人としては「そこまでやるのか、付き合っていられない」とウンザリする。
 古代エジプト・メソポタミア・古代ギリシャ・古代ローマ・中南米等は多神教国家だった。
今は神道・ヒンズー教・道教が主な多神教なのだろうか。
仏教に神はいないから、仏教は無神教なのだろう。
多神教は多くの神が存在するから多神教である。
神道なら山川草木すべてに神が宿る。
従って、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教・ヒンズー教・道教・仏教等の存在を肯定し、異文化・異宗教・異文明との共棲も可能となる。
 紀元前1280年頃、ユダヤ民族がシナイ山で神と契約を結んだらしいが、以来、世界は一神教の勢力拡大のための終わりのない戦いの歴史だった。
世界が必要としている宗教は、果たして一神教なのだろうか。
異者を排除する一神教に代わり、異者と共存し異者と共棲することができる多神教や仏教が世界を担う。
そんな時代になるかもしれないと思うのは世迷い事なのだろうか。
それとも異端として糾弾されることになるのだろうか。
しょうくgran-Pacosi cosi猿嘘 4人がいいねと言っています
コメント
一の糸さん
一の糸 さんのコメント
2017.2.19 14:30
旧約聖書、これが3つの宗教の原典ですが。
「神」が天地の始めに存在して、天地を作り、人間を作った。
人間は神が作った愛玩物である、神が気に入らなければ、即座に殺してしまう。
一番有名なのは「ノアの箱舟」ですね。
ノアただ1人を残して他の人間(その当時何人いたのでしょう)をすべて水死させて処刑した
その当時の神はただ神の正義だけで、恐怖の政治を行った。
でもそれでは、治まらぬと神は悟った。
イエス、キリストを遣わし「神は愛なり」と宣伝をした。
お前たちの過ちは、7回を7倍するまで神は許したもう、と
人々は狂喜してメシヤの誕生を祝し、紀元元年とした。
ことぼどさように、この「正義から愛」への変換は大事件であった

処が、「イエス、キリスト」なんて偽物だ、おれは信じないという人たち「ユダヤ教」未だに「メシヤ救世主」は来ると信じている人たち。

イエス、キリストのいう新しい倫理に不満の人たち、男女同権、1夫1婦に反対の人、ある日神の啓示を受けたというムハンマドが「妻は6人まで持っていい」「女の頭はけがれているから隠さねばななない」などを教義として「イスラム教」を押し立てた。

3大宗教にたいする私の認識ですが、おおざっぱですので、間違いはお許しください

仏教、釈迦が唱えるものは、哲学のような気がしますが、今の大乗仏教とは違うように思います
世の中を平和に統一できるのは「仏教」かもしれません。

神道は「無」こそ神である天地万物が神である。
ご神体は形を必要としない(なんでもいい)
仏像はあるが神像はない(例外はあるが)
この点、西洋の宗教と一致する。

邪宗とは
金を儲けるのが目的の宗教はみな邪宗だ。
ほんとに人を救う目的の伝導ならば、金銭を要求すべきではない
御利益を宣伝して金を要求しているのは、みな邪宗だ。
(ただこれには「ウソも方便」として許される場合もある)
客観的にみてご利益はあり得ない。(これは誰かが書いていた)
あるのは「心」の安堵である。
これが最大のものでしょうね。
0人がいいねと言っています
Kenrobさん
Kenrob さんのコメント
2017.2.19 9:43
迷える心を救うために考え出されたはずの宗教が争い合い殺し合う。何世紀を経ても人は己が仕掛けた罠に嵌り、一向にはい出せない愚かな生き物のままだ、ということでしょう。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.2.19 9:10
多様性というのは、どうも、これこそが地球上に必要・真実というような気がし始めています。
動物も植物も、多様性の中でこそ進化がある。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!