メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
keroyonさんの投稿

日本力(2895)復興 小さな輪 から大きな輪へ 春は日が長く

keroyonさん
keroyon さんのブログ[カテゴリ:日記
2017.3.17 4:58
       3月17日 金曜日 彼岸入り 
                
               
               
      秋の日は釣瓶落とし と丁度反対の頃には表現していたが
     春の日は釣瓶の引き上げとでもいうのだろうか



     水の一杯入った重たい桶を持ち上げるがごとく 冷たい空気で
     重たい雲を避けて暖かい日差しが降り注ぐのはもうすぐであろ



     う
     暑さ寒さは彼岸まで の諺通り 昨日は暖かい日差しも戻りつ



     つあり 来週の24日を都内の桜の開花時期と予報した天気予報
     士の方がいるのである 大方がその辺の予報であるが



     それでも 秋の彼岸と違い温度は5℃以上秋の方が高いのであ
     る


     今年の年初は暖かい晴れた日が続いたが ここに来てやや崩れ
     気味となってきている



     かっては 4月にも雪が降っている ということを覚悟して衣服の
     仕舞う時期を考えた方が良かろう



     またこのあたりが 日中の長さと夜間の長さがほぼ同じとなり今度
     は昼間の時間が長くなっていくのである                   
              
                           
                                                   
尾張の落武者ぬる湯 2人がいいねと言っています
コメント
keroyonさん
keroyon さんのコメント
2017.3.17 9:50
いやですね
0人がいいねと言っています
尾張の落武者さん
2017.3.17 9:35
☆たのしみは 春が来 花咲くは 良いのですが  花粉黄砂に PM2.5大変なとき☆

 約10万人が亡くなった1945年3月10日の東京大空襲から、72年が過ぎました。
火の中を逃げ惑い、親兄弟を黒コゲにされた方々から「私たちがいったい何をしたというのか」
「なぜ、こんなひどい目にあわなければいけないの」という話を聞きます。

「戦争はダメ」というのはもちろんですが、私は考えます。戦争は自然と生じたのではありません。
国家の指導者が、いろいろな準備をして戦争になったのです。法律や組織を作ったり、上手に宣伝したり、反対する人たちを取り締まったり、自由に考える人々を殺したりして。

「戦争が悪い」という言葉で終わらせてはなりません。

「政策が悪かったから悲惨な目にあった」「国家指導者たちが悪い」ということを、忘れないようにしましょう。上手に戦争へと導く国家指導者を、私たちは二度と選んではいけないのです。

 安全保障関連法が成立しました。「共謀罪」法案も提出されようとしています。その法律が制定されたらどうなるのか、その法律をなぜ作ろうとしているのか。長時間労働でくたびれていても、深く、粘り強く考えましょう。
1人がいいねと言っています


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円