メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
一平塾塾長さんの投稿

3月17日(金)の日暦は『彼岸入り』

一平塾塾長さん
2017.3.17 5:46
3月17日(金)の日暦は

尾(び)

一白水星の中段吉凶は「たつ」
六曜星は先負で大吉日となります

神仏を祀り又は旅先きより帰宅或は吏人の御用先きより任地に帰るなど大吉日なり
但し家屋の造作又は縁組等には大凶なり 是を犯せば禍ひ来たる
又この日埋葬すれば大難あると云ふ慎むべし

本日は神仏をお祀りするなどに良き吉日となっております
お近くの神社仏閣へお出掛けになられてみては如何でしょうか
又御自宅のご仏壇・神棚、そして心の内にての合掌も充分な信心のうちとなります

但し、縁組・家屋造作・埋葬など悪しきことも御座いますので
お心掛けください

中断吉凶におきましては「此の日大吉にして万事によし。土動しは凶」と
なっておりますので、併せてご参考ください

本日は『彼岸入り』となっております

お彼岸の中日である3月20日を中心とした前後三日の七日間がお彼岸の期間となります
本日はその入りの日です

6年前の春彼岸入りは、あの『東日本津波原発大震災』発生から七日目の事でした

6年が経過した今年、未だ行方のわからない方々も多くいらっしゃるのが現状ですが
この発生日にお亡くなりになった方々もまた大勢いらっしゃいます
阪神淡路大震災や過去に起こった様々な震災もまた然りです
震災の事だけではありません。過去における戦争での多くの戦没者、病気や事故
様々な理由によりお亡くなりになった方々がおられる中で、この彼岸入りというものを
様々な方がそれぞれの想いをもってお迎えになられる事でしょう

「彼岸」とは「彼(か)の岸」つまりこの世の煩悩や迷いから離れた世界を川岸の向こうに例えたものです
一方、煩悩・迷いなどの苦悩に満ちみちたこの世を、此(こ)の岸として「此岸(しがん)」と言います
此の世の岸の私達から彼(か)の世の岸の縁ある方々、御先祖様へ、想いを馳せ手を合わせる
それがお彼岸です
日頃忙しい日々を送る私達でも、この時ばかりは彼の岸におられる御家族や御先祖様と語らい
日頃の感謝を申し上げる、それはとても大切な事かと存じます
このお彼岸中に、ぜひ菩提寺やお墓にお参りくださいませ
遠くにお住まいでそれが難しい方は、心の中にての合掌もまた良きことかと存じます
私達一人一人の祈りが亡き方々に、またご神仏へと届きます事を願ってやみません

人身は受け難し爪の上の土。人身は持ち難し草の上の露。
一日の命は三千界の財にもすぎて候なり。
蔵の財よりも身の財すぐれたり。身の財よりも心の財第一なり

このブログを開設させて頂きまして、6年を越える事ができました

一重に皆様のお支えによる賜物と深く感謝をしております

本日も 『朝に合掌ゆうべに感謝』 の御心を忘れず 和顔穏心 にてお過ごし下さい

                      合掌
みどりの風 1人がいいねと言っています
コメント




脳トレドリル。まずはお試し980円