メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
ペトロくんさんの投稿

墓地の移動、

ペトロくんさん
2017.3.21 6:42
 我がペトロくんの家の課題は、お墓の引っ越しです。
 母が亡くなります。わたしの遠い郷里の香川県坂出市です。お墓は瀬戸内海が一望できる小高い山の中腹にあります。
 檀家のお寺さんは眼下にあって、今では父も同じ墓地に永眠です。

 この墓地は長年父が願っていた場所で大変見晴らしのいい一等地かも知れません。周囲には父のご先祖や親類のお墓があります。
 母が天国に召されたのが30年以上も前です。母は仏教徒兼カトリックの洗礼名マリアでもあります。もちろん、お寺さんから戒名もいただいています。
(もちろん、カトリックでもお通やお祈りは神父さんが行っています)

 なくなって少々時間が経過すると、家内が母の分骨をしたいといいます。
 ペトロくんさんのお家は北関東で、郷里の讃岐坂出は何かと不便といいます。
 家内のお徳の手は”手を抜く”ことです。そこで家内が編み出した秘訣は”母の分骨”だったのです。彼女の説によると、さぬきに帰る費用よりも長い目で見ると安上がりで、手っ取り早いというのです。

 彼女の奥の手はまだありました。彼女の実家の墓地は近くにあります。その墓地のお隣は空墓地です。
 ここに永代供養することだったのです。実行力のある彼女は早速やり遂げました。
 そして、父も亡くなりますが時代が変わります。
  (父は、カトリックだけでお葬式ですが、実家の墓地に埋葬です。ですから戒名はありません)

 母の死後、我々夫婦はカトリック信者に変身ですが、母のお墓はそのままお寺さんにあずけます。
 しかし、わたしの激しいお年寄りの成行を考えると、待ったなしのお墓の移籍が必要になりました。この十年来お寺さんには連絡して了解を取っていますが、
 手抜きの得意な家内はここでも、なかなか最後の詰めをやりません。
そしていよいよ、今年はと思い今まさに、家内がお寺さんと相談したところです。そして近々予定されている墓地に移動を決めるつもりでした。

 その矢先に今日の日経朝刊(くらし27)に<先祖代々のお墓 引っ越し>と結構詳しい内容の記事がありましたが、準備万端彼女の手続きは抜かりがありません。
 仏教徒のお墓の引っ越しですから、参考にはなりますが、我が両親は共に仏教徒&カトリックですから、カトリック式でやるつもりです。
 (そんなやり方、あったかな~)

 お隣にいる家内は早速神父さんに御報せと言っていますが、今は四旬節真っ只中でどうなんですかね…
あっきん鳥のように 2人がいいねと言っています
コメント
あっきんさん
あっきん さんのコメント
2017.3.21 18:22
ペトロくんは楽しく記事を書きますね。(* ´艸`)クスクス
0人がいいねと言っています




脳トレドリル。まずはお試し980円