メニュー
ゲストさん
slownetSP_H01
しょうくさんの投稿

母の37回忌法要終えました

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2015.9.28 7:58
9月28日(月)
 今朝窓際温度計は、23℃、湿度75%、晴、気温は昨日と同じ、昨日は朝ブログを書こうと思っていると、26日の夕方遅く家へ着いた孫が2階へ上がってきて、早速にあれこれ遊ぼうなどなどとなって、ブログはお休み、朝の食事の後は支度を整えて、母の37回忌の法要へ皆で向かい、お経をあげてもらったり、卒塔婆を受け取ったりして墓へ行き無事終了。
 御寺の御住職も奥様も、若い方になっていた。時の流れとともに人も変わってくる。孫もずいぶん進歩してきて、しっかりお参りできるようになっている。

 木犀の香りだけは変わっていない、寺から墓までの車の中で孫が読める看板の数もどんどん増えてきている、ひらがなカタカナとともに、漢字もいくつか増えてきている。
 少し遅い昼は、豆腐料理の店へ、豆乳から自分で作る湯葉は孫はとても気に入ったようで美味しいを連発して食べている。
 いろいろな豆腐を満喫して、すっかりおなかもくちくなったが、運転役の息子は酒を飲めず申し訳ないことだった、私の母親がなくなった時、息子はまだ小学生、ちょうど、私の転勤先の岐阜へ母も一緒に暮らしていて、息子はオバアチャンとの岐阜での話など語っていた。

 栗が実ってきました、家の傍の里山の栗も大分大きくなってきました。

 豆腐料理で満腹になり、3時半ころ、孫たち一行は、家へ帰って行きました、今度は道志で遊ぼうねーなどと孫の大きな声、山梨へワインまつりなどあるので出かけたら帰りに寄ることにしておいた。

 ミズキも、実が黒くなり始めている、このあたり、ミズキが大分多く残っているのは、急斜面で開発を逃れた場所が多くそこにだけ多く残っているからなのだろう。

 土佐ミズキか普通のミズキか、細かく言うとあれこれあるのだが、一括して、ミズキで済ませてしまいます。
信々亭かべ鴉katsu625よろよろセキサン2みすず 6人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2015.9.29 5:05
セキサンさん
 おはようございます
 37回忌法要、大体これが最後のようです、わが家では、父が早くなくなり、母の23回忌の年と父の50回忌の年が重なり、お寺からの助言もあり、父の50回忌法要をいたしました。
0人がいいねと言っています
セキサン2さん
セキサン2 さんのコメント
2015.9.28 17:16
こんにちは

お母さまの37回忌法要でしたか?
我が家は真言宗で29年が母の13回忌に当たるのですが、こうした法要は何時まで続ければいいのでしょうね。
歳を経て200キロ余も離れた徳島と松山じゃ先が思いやられます。
0人がいいねと言っています
よろよろさん
よろよろ さんのコメント
2015.9.28 13:13
しょうく さん こんにちは。

お母様の37回忌の法要、無事に済まされてよかったですね。息子さんご一家もご一緒で。
こうした法要などで皆さんが集まられるのは法縁とか聞きました。ご先祖様のおかげですね。

私の父親は早く亡くなったのでもう70年になります。育ててくれた祖父が一番遅く亡くなりましたが、それでも54年前。もう50回忌も済ませました。父親の100回忌は無理な話です。

写真もきれいな写真でありがとうございました。
0人がいいねと言っています
人気記事