メニュー
ゲストさん
しょうくさんの投稿

群れ雀

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2015.9.29 7:54
9月29日(火)
 今朝窓際温度計は、23℃、湿度52%、曇り、雲は高そうだが、青空は見えない。
 群れるというのは、弱いものにとっては一つの武器だろう。一つの大きな群れは、小さな弱いものを置きなものに見せるのかもしれない。

 稲刈りを待つばかりになった田には、雀が群れてきている、人間の方も対抗上普段は網を張って雀に大切なコメを食われないようにしているが、この時期、稲刈りを始めるに当たっては、網を外す、それも広い田を稲刈り機械を入れる都度網を外すわけではなく、一日の作業の範囲全部を朝から外す、待ってましたとばかり雀の群れがやってくる。

 田の畔などを歩くと一斉に飛び立ってすごいことになる、通り過ぎるとまた一斉に舞い戻ってくる、なるべく近い安全な場所へ一度避難して様子を見てるのだろう。
 群れるというのは、動物の生き抜く知恵の一つなのだろう、人間だって群れることによっていろいろな圧力をかける、デモもその一つの表れでしょう、やはり長い年月を経てもその武器は捨てがたいものなのでしょう。

 これから稲刈り作業を始める前の田圃、休耕しているところには、コスモスなんか植えて私たちを楽しませてくれている場所もあります、まだこれからしばらく後に稲刈りをするところには、びっしりと網が張られています。

 しばらく田んぼに立って監視していると、やはり気づくのでしょうか、一斉にさらに遠い里山の林を目指して飛び立って行きます。
  足元には、沢潟でしょうか、花をつけていました。オモダカの変種が、グワイだそうで、こちらは根っこの芋が正月の煮物などになる、あるいは、私の写したものもそちらの方だろうか、それとも雑草として退治されそこねたものだろうか。

 昨日は、敬老パスの更新ということで、ちょっと出かけただけ、すこしムズムズし始めているので、伊勢原の、比々多神社へでも行ってこようかと思っています。今年の春から始めた、相模の国式内社13社めぐり、調査と称してブラリと出かけて来ます。
六八ねこっち信々亭セキサン2katsu625よろよろかべ鴉 7人がいいねと言っています
コメント
アセビストさん
アセビスト さんのコメント
2015.9.29 21:11
しょうくさん こんばんは。

稲穂も色づき収穫の時期になると、スズメの大集団の活動が始まりますね。
網を外す時期とその瞬間を待ち続けていたんでしょうね。写真で拝見すると半端な
数ではないですね。これで集中攻撃されたらたまらないですね。
0人がいいねと言っています
人気記事