メニュー
ゲストさん
しょうくさんの投稿

優雅に木管三重奏

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2017.5.22 7:53
5月22日(月)
 今朝窓際温度計は、22℃、湿度64%、晴れ、昨日の暑さがまだ残っているのでしょう、朝あまりひんやりした風が来ません。今日も日中30℃を超える暑さになりそうです。
 さて、昨日、木管三重奏、大体木管楽器というもの、あまりなじみが薄い楽器、昨日のさんっ種類の楽器、オーボエ・フアゴット・クラリネット・まあクラリネットは少しなじみがありますが、フアゴット、オーボエ、はあまりなじみのない楽器ですね、実は甥(私の長姉の子供)のところの、娘が、音楽を志し、大学院も終えて、いろいろ演奏活動をやっているのだが、そのお仲間3人の女の子が、先ほどの三種類の楽器で,Trio D‘anchesなるグループを作って、その演奏会という事で、誘われて昨日出かけてきました。

 桜木著の駅から、バスも使わず、野毛通りを歩いて、野毛山の、野毛山荘まで、途中の公園には、水道管が飾られていたりします、野毛山には、横浜の水道の配水池が置かれ今でもある場所です。
 折からだんだん暑くなり、上り坂はひと汗かかされます、休日とあって近くの競馬の場外馬券売り場への人が多く、交通整理などしていました。
[画像は削除されました]
 野毛山の公園の中、緑に囲まれた中を歩く方が、気分だけでも涼しいので、そちらの道を上り、中村汀女の句碑などにご挨拶。
[画像は削除されました]
 緑の中の自然のクーラー、風を懐に入れて、ちょっと一息、この木の向こう側、道路を隔てたあたりに確か、野毛山荘がある。
 汗をふきふき、野毛山荘に到着、一息入れて水など補給した後は、2階の会場へ、甥のYちゃん久しぶり、彼は今でも,Hお兄ちゃんと私を呼ぶ、それが普通になっている、一番上の姉と私は一回り違いなので、姉の子供Yちゃんをよく山などに誘ったので、呼び方は昔通り。姉が亡くなった後も、あれこれよく連絡し合う中なのです、とはいうものの彼も、60の坂を越えたはず。

 野毛山公園の中には、句碑などのほかに、珍しいものとして、ラジオ塔がある、ラジオがまだ普及していなかった時代、主要な公園に、このラジオ塔を設け、ラジオ放送を共有したという歴史があり、それが保存されています。
 さて、演奏会が始まり、木管楽器特有の柔らかい音、フアゴット、結構大きな楽器甥の娘のメイちゃんの担当、低い柔らかな音が特徴ですね。
画面左側が、オーボエ、飛び跳ねるような音、クラリネットは、画面右側、一番おなじみの音。

 演奏風景です、真ん中がフアゴットですね、それぞれの楽器の紹介などもあり、バラバラに外して見せてくれたり、私たちがあまり見られないことも、教えてくれたりの楽しい会でした。
 リードだけの音を聞かせてくれたり、リードに一番短い部分をつけたときの音、順に楽器をつなげてゆきながらの音が聞かせてくれたり、普通の音楽会では見られない、そして聞きなれない、楽しい時間が過ごせました。
 音楽会のあとは、一寸野毛の私の知り合いのコーヒー屋さんで、おいしいサイホンでのコーヒーなど楽しんで、今度はYちゃんの車で家まで送ってもらったり、ゆっくりと楽しめた日曜日でした。
信々亭なかセキサン2ふぐのひれ酒空山ほなっ日記一の糸topkat涼音エーデルワイス 12人がいいねと言っています
コメント
アセビストさん
アセビスト さんのコメント
2017.5.22 13:48
しょうくさん こんにちは。

木管三重奏 と聞いただけで柔らかな優しい音色を想像します。暑い所をご苦労様でした。
ご紹介の楽器の3種類のうち、ファゴットなる楽器は見たことがありませんでした。強烈な
大きさですね。クラリネット、オーボエ は何となく身近に感じます。
特にクラリネットは、私の孫娘が中学校に入ってから2年少々部活で担当して、頑張って
いるため、興味深い楽器です。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.22 11:44
たぬきさん
 いつも書き込みありがとうございます。
 木管楽器は、たしかになじみが薄いですね、木管の木は何を使ってるか、フアゴットのメイちゃんに聞いたら、カエデ、それも、サトウカエデ(メープルシロップを取る木)だそうで、新しいのは甘い香りがするそうです。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.22 11:40
空山さん
 わたくし兄弟5人なのですが、私より上はみんな向こうの世界へ行き、今は妹だけですが、一番上の姉の息子たちとは、割合によく連絡し合います。
 甥たちも、そろそろお爺ちゃんなる時期が来てます。
1人がいいねと言っています
ほなっ日記さん
ほなっ日記 さんのコメント
2017.5.22 11:00
木簡の音色・・・
優しい柔らかいのが 俺も好みっ
なんやぁー
包まれ癒され・・・でんなぁ

  うんうんっ
1人がいいねと言っています
空山さん
空山 さんのコメント
2017.5.22 10:51
兄弟、姉妹の子供も、暫く会わずに、何かの都合で、
急に会った時に、大きな初老の男性から、叔父さんなんて、云われると、
何処の人なんかと、一瞬戸惑います。
家族主義が崩壊して、普段余り交際も無くなり、今昔物語みたいです。

少し、脱線しましたが、暑い日に、大変だったでしょうと、羨みながら、
拝読致しました。野毛山公園も、一度しか、通ってませんが、凄く変わった
趣きに、驚きました。 有難う御座います。
2人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!