メニュー
ゲストさん
しょうくさんの投稿

焼きあがりました

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2017.5.27 7:43
5月27日(土)
 今朝窓際温度計は、21℃、湿度68%、晴れ、昨日の雨はきれいに上がり、5月らしい朝になった。
昨日は、陶芸工房へ行ったら、ずいぶん時間がかかった、火たすき、焼きあがりました。還元焼成とともに、2回焼いたりして、時間がかかった。

 一輪挿し、備前の土を使ったもの、少し赤がっ強すぎたというか、稲藁を少し巻き付けすぎたかもしれない。

 もう一つ、水差し、こちらも、やや藁の巻きすぎかもしれないが、色合いはまあまあ、釉薬は一切かけず、藁を巻き付けただけで焼しめていますが、水は漏りません。
 写したときは、窯から出してやっと冷えたところ、未だ藁の灰がくっついて、よく見ると白っぽいところがあります。
 
 もう一つ、こちらも一輪挿し、こちらは藁がちょうどよかったのか、地色と藁バイの解けた色合いとがうまくばっらんすがとれていました。
 ずいぶん時間がかかるものですが、窯が故障したりしたそうで、ニクロム線を変えたりだいぶ苦労したよと、工房の主がぼやいていた、先週、此処の帰りに私がベルギービールフエアで、いい気持になっているころ、ニクロム線が切れて、修理などしていたという。

 最後の一つは、備前の土は使わず、伊賀土で、少しだけ土灰の釉薬を内側にかけ、外は焼き締めをしたものです。土が変わると、色合いもだいぶ変わります。
 まあ今日は、いつもの花の写真はお休み、焼き物の写真だけです。今朝新聞を開いたら、新聞投句の地方版ですが、俳句が選ばれていました、だいぶ前に投句したもので、忘れていました。
 里山の女神木五倍子の髪飾り   しょうく でした。木五倍子(キブシ)の花が簪の様に下がるころですから、3月末か4月初めでしょう。俳句手帳を見たら、3月29日のところに載っていました。
 さて、今日の土曜日、そろそろ、紫陽花が色づくころです、どこか、紫陽花のきれいなところでも探して、皆で歩くところの候補探しでもしましょうか・・・。
信々亭アカシアねこっち桃花呑兵衛空山ほなっ日記なか たぬきふぐのひれ酒 13人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.27 15:13
知子さん
 何とか窯から出てきました、焼け具合は、火の神様のお心と受け取ってます。
 早く自分の骨壷を焼き上げようと、努力です。
 俳句遊びも、新聞投句で、近所の高齢者会がなくなった代わりにしてます。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.27 13:53
なかさん
 ありがとうございます。
 近所で集まってやっていた、高齢者俳句会が、解散してしまったので、そこへ出すつもりの句を投稿してます。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.27 13:51
たぬき二世さん
 いつもありがとうございます
 なかなか思い通りに行かないところに惹かれて陶芸から足があらえません。
 電気代高いようですよ、実は私毎月8000円(月4回で)払ってるだけで、釉薬使いたい放題、焼くのもお願いしてしまって、あとは土代だけ、安上がりにさせてもらってます。高齢者割引だと、工房の主は云ってます。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.27 13:46
空山さん
 伊賀と信楽、割合に近いですが、ちょっと違ってます。
 焼き方は同じようですが、伊賀は焼き締めが多いようです。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.27 13:45
アセビストさん
 ありがとうございます
 火たすきという技法、何が出るかわからないところが魅力で、いろいろ試みてしまいます。
 それに備前の土は高価だし扱いがとても難しい土なんです。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.5.27 13:42
チグリスさん
 ご覧いただき有難うございます
 大体作品は、知り合いに差し上げてます。
 貰い手がないとき、申し訳ないながら、町内の福祉市に無償で提供しています。
 やはり、花瓶の貰い手は多いようで、もっぱら花瓶つくりが多いです。
 もちろん我が家で使う急須などは、差し上げてはいませんが。
0人がいいねと言っています
なかさん
なか さんのコメント
2017.5.27 11:11
しょうくさん
 俳句の入選、おめでとう御座います。
キブシの花、私は知らなかったので、検索して
好く分かり、勉強になりました。
1人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2017.5.27 11:05
こんにちは

釉薬を使わずに 色が出たり 土によって仕上がりが違ったり 陶芸も 奥の深いものですね 

電気の窯でしたか 電気料が かかりそう
下世話な話で申し訳ありません   
1人がいいねと言っています
空山さん
空山 さんのコメント
2017.5.27 10:44
 伊賀も信楽に属するのでしょうか?。
0人がいいねと言っています
アセビストさん
アセビスト さんのコメント
2017.5.27 10:40
しょうくさん こんにちは。

火襷 完成ですね。すごい行程と窯のトラブルで完成までは大変だったようですね。
見事な作品です。
3枚目の一輪挿し 見事な模様に仕上がって、火襷の釉薬効果が素晴らしいです。
4枚目(最後)の花瓶でしょうか。味のある良い仕上がりですね。これで釉薬は内側だけで、
外側は焼き締めですか。土によってこんな紋様が現れるとはすごいですね。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!